災害

2014年2月20日 (木)

豪雪の被害が次々と明らかになっています。今日、議会運営委員会、会派会議が開かれ被害の実態が一部報告されました。

S2 今回の豪雪はいたるところで大きな災害となりました。まず、大雪警報が「経験したことのないような大雪…」などと流していたらこんな大きなS6 被害はなかったかもしれません。それから碓氷バイパスの交通止めがもっと早く決断、実行されていたら…。などなど教訓がたくさんあります。今日議会運営委員会があり、3月定例議S9S8 会が2月27日から3月18日まで開かれることが決まりました。またJA碓氷安中から、管内農家、特に野菜園芸農家の施設の損壊が激しいので、激甚災害法化災害援助法などの適応で、農家の経営再建に支援をする対策の要望書が提出されていました。 その後会派連絡会議があり(桜井ひろ江議員出席)、被害の実態の一部と雪害の経過と対策が報告されました。市職員も日曜日の早朝から徒歩で出勤したり、国道18号に立往生したトラックなどに非常食や水を届けるのに夜中の2時ころまで奮闘してくれたことなどが報告にあったようです。まだ被害のすべてを把握していませんので今後明らかになってきた時点で、支援策を決めるようです。前橋、高崎他の市ではすでに対策を発表していますが、安中市は何せ、18号の交通止めと除雪に大きな手間がかかったことから被害の把握が遅れているのはやむを得ないことかと思います。しかし、支援は待ったなし。明日にもJAや市の対応を確認したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

原発子ども・被災者支援法が成立していました

Dscn0978 一日置いて23日、メールで突然「放射能汚染地図から見る汚染ルートと汚染の状況」と言うタイトルで、「東京連合子どもを守る会」主催で、早川由紀夫群馬大学教授の講演があるということを知り、参議院議員会館の会議室にDscn0982 出かけました。はじめに、早川教授から火山学教授の立場から、いち早く「福島第一原発事故」を受けて、放射能の汚染状況を初めて図解(汚染ルート地図、7訂版)された内容についDscn0993 て解説され、次に葛飾区で「路傍の土」の放射能測定を続けている、石川あや子さんから「どうしたら子どもたちを被曝から守れるのか」といった問いかけがありました。私はこれまでの経験を話し「外部被曝よりも、今、大変なのは口から吸収する、土や誇りからの内部被曝が問題、路傍の土や、草なども撤去することを求めていくことが大事ではないか。」と発言してきました。 帰宅してからPCを開いたら「自宅で中継を見ていましたよ!」とのメールと動画が添付されているのを見てびっくりしました。一番前で、大きなあくびをしているところまで写されていたからです。怖いですね。私の前に座っていたのが参議院議員の川田龍平さん(みんなの党)でして、先の消費税増税法が成立した同じ日に、「原発事故子ども・被災者支援法」が超党派で成立したのだそうです。しかし内容の基準などは未定だそうで、問題は、どれだけの子どもたち、被災者の保障・支援ができるのかが問われます。対策のアリバイ作りにさせてはいけないし、実のあるものにさせることが大切です。それにしても除染など放射能対策は遅れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

3度目の放射線測定調査を行いました。ホットスポットもたくさん!

20111110_009 日本共産党安中市議団では、9月、11月と2度にわたって市内の放射線量を測定してきましたが、10日、3度目の測定を実施しました。20111110_010 この日は、伊藤ゆうじ県会議員の協力を得て、前々回、測定した際に高い値が出ていた、松20111110_012 井田町西部と、他の小中校を訪ねました。9月10日に測った時、東中、坂本小などが高かったのですが、今回もやはり同じような結果が出20111110_018 ました。早くに、部分的にでも除染が必要です。また、民家でも「家の周りで栽培している野菜などは大丈夫でしょうか。孫に食べさせて良い20111110_024 のでしょうか?」と言った声にこたえて、測定してみましたが、低い値だったので安心されてい20111110_043 ました。旧安中市内の小中学校は安全だろうか、と訪問しましたが、今年3月に新築された、安中ニ中体育館の裏にあった部室の雨どいの20111110_057 下で、最高2・50(マイクロシーベルト/時間)の非常に高い放射線が測定され、同席した校長先生も驚いておられました。丁度この日、市内の学校の校長会が開かれ、学校20111110_061 に「高いところは除染するように」との指示があったということでした。ただ、計器がなくては、どうにも対応できないと各校長先生方が口にし、市で購入して貸与して欲しい、と要望したということです。原発は、これから30年かかって廃炉になると言うことですから、それまで何が起こるかわかりません。直ちに全校に計器を支給すべきと、日本共産党安中市議団では要求しています。写真1、東中、2、枯葉のなかは0・2、3、文化会館芝生の上でも0・23、4、坂本浄水場は低かった、5、坂本小学校、6、原市小学校側溝の汚泥は高い、7、部室の雨どい下が最高値、8、少し離れた屋根の下でも1・87と高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

高いところは直ちに除染をして! 岡田義弘市長に申し入れしました

Dscn7847 日本共産党安中市議団では、9月10日に続いて11月2日、伊藤ゆうじ群馬県議会議員の協力を得て、再度、放射線(ガンマ線)の測定Dscn7848 を行いました。(ウクライナ製、簡易測定器)前回も松井田町区域が高かったので、この日はDscn7856 碓氷川の右岸を中心に測定しましたが、保育園、小中学校で、植え込みの下、雨どいの下、雨水が流れ込む地面が低い箇所などから、比較的高い放射線が確認されました。 そDscn7858 の結果をまとめ、7日、岡田義弘市長をたずね「放射能汚染地区の除染」を直ちにするように要請しました。「2011.11.7.doc」をダウンロード 最も高い放射線が確認されたのは、西横野小学校の体育館の雨水を集めて排水する樋の下で地表5センチメートルで、2・39と、環境省の示している基準の10倍もあったことから、子どもたちが影響を受けないように直ちに除染すべきだと要請しました。市長は、「すでに学校にはそれぞれのところで、対処するように指示しています」と答えましたが、すでに原発事故から8ヶ月が経過しながら、まだまだ放射性物質が除去されないまま放置されているようです。日本共産党安中市議団では、市民の安全と安心のために引き続きこの調査を行って行くことを確認しています。原発事故はいまだに収束していませんし、炉心の内部がどうなっているのかさえ、わからない状態で廃炉まで30年もかかるというのでは、原発を安全だ、と宣伝してきた「原発利益共同体」の無責任を厳しく追求した思いです。 ※群馬県西毛地域の放射線量が高い理由について、先日見たビデオでは「3月12日に起きた水素爆発で飛び散った放射性物質が大気に放出されて上空を漂い、気流に乗って20日ごろになって丁度群馬県地域に到達、そのとき3日間続いた雨によって相当量が地表に降り注いだ。」というのがこの地域が汚染されている原因だということのようです。汚染マップなどを見る限り、西毛地域が福島県の地域より濃くなっている箇所もあるようで、今後健康被害が出ないか心配です。 写真1,2市立第2保育園の遊具の下を測定、3、南中学校の校庭で、雨水が集まる箇所、4、西横野小学校、体育館雨どいの下

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

日本共産党の救援本部に寄せられた、救援物資を福島へ送りました。

2011412_012 戦後最大の大地震、東日本大震災による避難者は、18の受け入れ都道府県で、2,274カ所の避難所に142,800名もおられるということです。群馬県では57箇所、2,810人となっています。安中市には、今のところ41名ほどが松井田町にある「いこいの家」、安中市秋間、遠丸の市営住宅などに住まわれています。その他㈱東邦亜鉛では、小名浜工場から80名ほどの家族が避難されているようです。  日本共産党安中市議団では、救援本部に寄せられた物資を12日朝、富岡インターで、他の団体からの物資と積みあわせで福島市の避難所に向けて送りました。トラック一台とワゴン車一台、富岡からの3人と、山口さとる議員が応援に出向きました。磯部温泉煎餅組合(竹内三郎代表)から提供された大箱20個の磯部煎餅も積み合わせました。避難所の皆さんにおいしく食べていただけるでしょう。写真、左が救援に出かけた山口覚議員、右は議員団長の桜井ひろ江議員

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

体力のあるものが立って、震災復興に力を出して!

Dscn5633 東北関東大震災による被害は、最大38メートルにも達していたといわれるほど大きな津波などで、死者、行方不明者合わせて27,639名に及んでいると今朝のニュースが伝えています。地域ごと流されてしまっているために今なお、正確な数がつかめないといいますから、おそらくもっと増えるのでしょう。まさに国難です。この被災地を復興させるためには、お金と時間が必要です。阪神淡路大震災から16年、復興にかかったお金が10兆円だそうですから、その2倍、3倍はかかるのでしょう。民主、自民、公明などの各党は、一部の公共事業を中止して復興財源に充て、後は所得税増税や、「特別消費税」「特別法人税」などといった負担増を提案しています。その陰で、日本が負担する義務のない「アメリカ軍への思いやり予算(5年間で1兆円)」などは強行可決、政党助成金(320億円)という自分たちだけで山分けする、政治活動費、民主党168億円、自民党101億円を4月1日、すでに配分を決めています。ばらまき予算は削るべきですが、国民生活に直結するものは削ってはいけません。日本共産党の復興財源案は、2兆円にもなる「法人税減税の中止」、不要不急の大型公共事業の中止、政党助成金廃止、そして64兆円も「使いみちがなくて困っている(経団連)」という大企業の溜め込み資金を、「震災復興債」の名目で引き受けさせる。などの提案をしています。この12年間で平均60万円勤労者の給与収入が減っています(国税庁調査)  満員電車に乗り合わせたら、当然、弱者には座ってもらい、体力のあるものには立って我慢してもらって、一緒に目的地までいくことが一般常識です。お金持ちにはそういった常識は通じないのでしょうか?これから先、長い復興活動が続きます。がんばろう日本。安中市に、福島県から避難されてきた方たち、8世帯34名(3月25日現在)が、いこいの家、秋間市営住宅などで避難生活をされています。(企業の関係者も80名ほど来ています)写真、計画停電でろうそくの灯りで夕飯を食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

海外からお見舞いメールも がんばろう東北、関東 

2011315_004今回の地震による東北関東大震災のニュースは、直ちに世界中を駆け巡っています。私のところにもニュージーランドのネル1 ソン夫妻、かつて安中ユネスコで英会話講師をしたことがあるナオミさん、私の家でホームステイをしたことがあるインドネシアの013 アニさんらからお見舞いのメールが届きました。「2011.3.11.doc」をダウンロード  世界中の皆さんが、日本の災害を心配し、見守ってくれています。必ず復興させ、元のような町や村を築きなおしましょう。がんばろう東北・関東!! 日本共産党安中市委員会も「東北関東大震災救援対策本部」を立ち上げました。私も 2004年の新潟中部地震災害のときは、カンパや救援物資を持って2度長岡市、川口町に行ってきました。

写真2、長岡市の救援本部、3、川口町中学校前の仮設住宅で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

東北関東大震災で東北、関東地区で未曾有の被害

2011315_003 3月11日、午後2時46分に発生した東北関東大震災は、今日現在で死者2600人、行方不明15,000人を超すと見られる大災害になりました。被災された方々に対して心からお見舞い申し上げます。マグニチュード9.0という世界の震災の中でも4番目に大きいとか。特に災害を大きくしたのは、津波、それに今現在、どうなるのかはっきりわからない「原子力発電所」の影響など、大変な災害になってしまいました。今は、不明者の救出と被災者への支援が急がれています。安中市でも、14,15日と議会全員協議会が開かれ、市内の被害状況が報告されました。それによると屋根瓦の破損が旧安中で69件、旧松井田町で24件確認され(被災者には条例を敵用し一件当たり、5,000円の見舞金を支給する)、けが人は高齢の女性が2人骨折と頭部の打撲などで搬送されたようです。その他停電による、病2011315_005 人の転院や、もう少しで断水にいたる危機になった上水道管理などが報告されました。 今日の報告はほとんど東京電力による「計画停電」措置にかかわる対応などが報告され、燃料などの供給不足が生じた場合、碓氷病院、すみれが丘聖苑、クリーンセンターなどの生活に直結した事業継続を優先するために、恵みの湯、老人福祉センターなどを一時閉鎖することを予定していることも報告されました。日本共産党安中市議団と市委員会は、「東北関東大震災に関する要望について」として、岡田義弘市長に対して2項目で要望書を提出しました。中味は、一人暮らし高齢者約1,900世帯のうちで被災者には、ブルーシートの購入や被覆作業などにも配慮すること、暖房設備のない方には石油ストーブや湯たんぽの手配、優先的な灯油の確保などをするように求めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

またまた松井田町で火災、2棟が焼失。気をつけたいものです。

2011305_001 5日、7:00ちょっと前に、防災無線が鳴り出しました。またまた松井田町内に火災発2011305_006 生です。無線は郵便局東と伝えていましたが実際は、松井田小学校南、歩道橋のす2011305_010 ぐ下の「お菓子屋さん」から火が出て、隣の民家に燃え広がったようです。二階の寝室は火の気が無いので、原因は漏電ではな2011305_011 いかといわれています。おりしも「春の火災予防運動」期間中でした。それにしても松井田町商店街ばかり、なぜ火災が起きるのでしょうか。「火の元」をしっかり確認したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

松井田町、早朝の火災5棟が焼けました。

20101115_001 15日の朝4:10頃「防災無線」が火災を知らせました。今年の1月31日夜の火災で20101115_002 洋服店など3軒が焼けた商店街からわずかに50メートル南、交差点から松井田駅20101115_003 へつづく道通り、火元の一軒を除いてあとは全て空き家でした。ここ2週間ほど雨が20101115_006 降らず、空気が乾燥しており消防車がよる「警戒警報」を流していましたが、火災が起20101115_005 きてしまいました。幸い今回はけが人もなくすみましたが、寒さと乾燥に向かう季節ですからお互いに「火の始末」には気をつけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)