市民運動

2012年7月31日 (火)

放射能汚染、安中市の現状と私たちにできること

20120729016 安中市の放射能汚染の実態は、科学的に見てどうなのだろう。わたしたちができることはなにかあるのだろうか。と、3月から月20120729020 一回、続けてきた学習会(放射能から子どもを守ろう安中の会)が今回、松井田文化会館小ホールで開かれ、市教育長をはじめ部長などを含め約70名が参加しました。講師20120729013 は、県立健康科学大学准教授の倉石政彦氏、倉石さんは、すでに市内(松井田町)の保育園を室内室外、園庭、20120729017 遊具などを細かく測定調査した経験などを含めて、解り易く説明しました。また、下仁田町で国の指導をうけて「国基準では広さの指定はない」との判断から、住民が住む20120729001 細かな字単位で放射線を測定し、国の補助を受けられる「除染」を実施しています。松井田町の小中学校も狭い地域ながら「高い20120729002 地域が存在する」のだから検討すべきではないか。とも提言しました。

20120729004 そして特に子どもに対する危険度は大人よりもはるかに高い、WHOでは子どもは年間200グラムも土を食べている。事などから子どもの生活範囲での除染は不可欠だ。すべて行政任せにするのではなく、例えば「通学路の草刈りを保護者に呼びかけてこまめに実施すること。行政は「刈った草を処分する場所を確保する。といった具合に市民ができることを正しい知識、正しい情報を得て実施することが大切だ、と話しました。なお、別のコーナーで「放射能測定器で土壌分析」をしていたので、私の畑の土、親戚の畑の土を測定してもらいました。私の畑は「セシウム137が259.5±63.9,セシウム134は29.9±14.3」となりました。細野地区から持ち込まれたジャガイモは「セシウム濃度は7」程度でまったく問題はなかったようです。これからの課題は、町内に存在するミニ・ホットスポットをどのように除染するのか、まだ高い小中学校、保育園などの除染をどう進めるのか。まだまだ難しいものが残されています。写真2講師の倉石准教授、3、主催者の岡崎るみさん、4、会場から質問も相次ぎました。5.6.7が土の放射線濃度の測定風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

子連れママさん6名が市長に要望書

20120710_004 放射能から子どもを守ろう安中の会(岡崎るみ代表)が開いた「放射能対策実施に関する要望」で、7月10日、市役所の会議室20120710_003 で岡田義弘市長ほか、真下市民部長、佐俣教育部長など6名ほどが列席し、子どもを連れた6名のママさんたちの要望に耳を傾けていました。岡崎代表は20120710_005 「私の5歳の子どもに個人放射線量計をつけて一日様子を見たところ、なんと4マイクロシーベルトもあり、一年に換算すると1・4ミリシーベルト/年となり、文科省の基準を超えてしまいました。子どもの生活の場で放射線レベルが0・23μsv/時以下でも、できるかぎり除染して欲しい」と要望しました。また今村さん(4歳の子どもあり)は、自宅の野菜畑の土を分析に出したら1,205ベクレルもあった。今年は野菜が作れない。こどもにも申し訳ない。子どもが通う、保育園庭の土などもなんとかして除染して欲しい」と強く要望しました。 岡田義弘市長は「他市に先駆けて公共施設の放射線量を測ったり、除染コンクリート枡を各学校に設置してきた」と述べながら「考え方は理解するが、税金を投入することは簡単にできない。国県の方向を見ながら協議したい」などと答、「市の汚染状況がわからない。被曝するということと、危険性の関係を講師に聞いてみたい。」などという岡田義弘市長の言葉を聞いていて、放射性物質(セシウム137)が存在している限り『被曝』という事が日常的におきているということを、認識されていないのか?無視しているのか?どうにも不可解に感じてしまいました。側近職員は常識のことすら伝えていないのかしら? この要望に、佐藤貴雄市議、桜井ひろ江市議が同席しました。 次の「学習会」は7月29日、健康科学大学の倉石政彦准教授をお招きして、文化会館小ホールでで開きます。午前、午後、通じてありますので是非お出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月31日 (月)

TTPに反対しましょう。日本がアメリカ資本に壊されます。

Dscn7801 その1、30日に、藤岡市で「第50回群馬県母親大会」が開かれ約800名がみかぼみらい館へ集まりました。記念講演の講師はジャーナリストの『堤未果』さん、「貧困大国アメリカ」の著者で、薬害エイズ訴訟で勝利した原告「川田龍平氏」(現在は参議院議員)、の奥様です。堤さんは、アメリカで10年以上滞在した経験を基にして「世界の真実を知ろう」と題して行った講演の中で、TTPに参加すれば、日本はアメリカの大企業によって、産業、医療、雇用、食品の安全など等を通してめちゃくちゃにされるでしょう。と参加者に警告しました。堤さんの話では、アメリカの社会では、全てが資本家の金儲けの材料にされている、子どもたちの教育、学校給Dscn7807 食にハンバーガー企業、ファーストフードの会社が参入し、安価だが、不健康な人間がどんどん作り出され、毎年7,500万人が食中毒を引き起こし、5,000人が志望している。満腹でも食べたDscn7813 くなるような薬(添加物)がこっそり入れられ子どもの3人に一人が肥満になる。50年前のブロイラーの約5倍も大きくなる現在の鶏が開発され、安いチキンが出回っている。なぜなら「成長ホルモン」を注射された動物たちが早く大きくなるために収益率が良くなるため、大量に流通しているから。日本がDscn7812 もし、TPPに参加すれば、今まで厚労省が歯止めをかけてきた「食品安全規正法」など、全てが「自由貿易の支障になる」と言う理由から、廃止されて、安くて、太りやすいDscn7817 食品添加物入りのアメリカンフードが町のスーパーマーケットに並ぶことになる。例外は認められないこのTPPは、オバマが来年の選挙に勝利するためのアメリカ大企業への約束だと言う。日本人は、どこまでアメリカDscn7825 に追随しなければ目が覚めないのだろうか。とりわけ日本の保守政治家は、アメリカと日本財界の使い走りなのだから、仕方ないが国民としてはもっと怒らなければならないでしょう。 その2、31日は、群馬県農協団体が主催して「TPPに反対する食と農・暮らしを守る県民集会」が前橋で開かれました。参加者は約2,300人、碓氷安中地区から約60名が参加、集会の前に、県庁周辺を軽トラックデモ行進が行われました。

写真1、母親大会で太ったチキンの写真、2,3県民会館は満席でした。4、このJA主催の大会を開くように勧めた「群馬県農民連」の皆さん、5、主催団体左、衆議院議員、県会議員、など来賓が右、6、ガンバロー三唱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

談合事件について住民監査請求しました。ごみ処理施設入札談合です。

20101004_006 平成7年6月に「安中・松井田衛生施設組合」(当時)が発注したごみ処理施設建設に関して、平成6年から平成10年までの約5年間に全国で大手5社が「ごみ処理施設建設」87件20101004_003 入札に参加し、そのうち60件受注をしていたことで、焼却炉プラントメーカー大手5社(日立造船、JFEエンジニアリング、㈱タクマ、三菱重工、川崎重工)が独占禁止法第3条(事業者は私的独占または不当な取引20101004_002 制限をしてはならない)に触れるとして公正取引委員会によって平成11年8月13日、排除勧告を受けました。大手5社はこの処分に不服を申し立て、最高裁判所などで審査が行われていましたが平成21年10月6日、最高裁が上告を棄却したためこの判決が確定しました。安中の施設はこの期間に該当していたため「入札談合」が行われていたと疑われるとの公正取引委員会の審決書にしたがって、「安中市長は受注者である㈱タクマに対して損害賠償を求めること」を求めて監査委員会に請求したものです。この日参加したのは委任を受けた弁護士松葉謙三氏のほか、安中市民、請求人11人のうち金井久男、長沢尚、原田求、佐藤允治さんの4氏でした。一行は午後3時、監査委員会事務局を訪れ「監査請求書」を提出しました。監査委員会は請求から2ヶ月(60日)以内に回答することになっています。監査委員会がこの請求を棄却すれば、住民訴訟の手続きに入ることになります。この事業は落札金額64億8591万円という莫大な金額です。これが談合によって不当に決められたとしたら、市民の税金が無駄に使われたことになり、当然市民に返却させなければなりません。10%にしても6億4千万円にもなりますから、大きな金額になります。談合の事実が確認されて勝利判決が出ればよいのですが。 金井久男議員は、この件に関して先の9月議会で市の考え方を質問しましたが岡田義弘市長は「答弁は差し控えさせていただきます」に終始しました。「109.doc」をダウンロード 写真1、碓氷川方面から見た「ごみ処理施設」(現碓氷川クリーンセンター)、2、搬入路側から見た施設、手前は事務所、3、焼却の余熱を利用した「熱帯植物園」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

日本国憲法(Japanese constitution)は大切、音楽センターで憲法集会《1200人》

2010503_002 5月3日は、憲法記念日(anniversary of constitution)です。この日は各地で「護憲」「改憲」それぞれの立場で集会が開かれます。もちろんこの集会は「9条、25条を生か2010503_008 す時代へ」と言う「日本国憲法」を守る立場の集会です。今年で26回というから、伝統があるのです。今回は東京慈恵会医科大学教授・9条の会事務局の「小沢隆一さ2010503_012 ん」、憲法9条《戦争の放棄》と25条《社会保障の充実の義務》が生まれた経過から始まって、それぞれが改憲勢力や時の政治権力によって、攻撃されてきた50~00年代にわたって解説、現代の世界、アジアにおいて今こそ「日本国憲法」9条、25条の値打ちが光っており、なんとしても改憲を許さないことが平和や経済格差のない世界実現に役に立つこと。をわかりやすく話されました。印象的な話は「民主党の子ども手当てが始まったが、フランスではすでに戦前から、企業負担が70~80%の社会保険料を財源とする日本の約5倍ほどの手当てが行われており、少子化に歯止めがかかっている」ということ、日本の政治は「大企業の儲けを守る政治、政党」が多いから、それができない。ということでしょう。 前段には「大胡・ぞう列車合唱団」による合唱構成「ぞうれっしゃがやってきた」のアトラクションがあり、大きな拍手に包まれていました。入場者は1200人と発表がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

東邦亜鉛㈱安中精錬所(Toho Zinc Company Annaka Refinery)第19回視察会

20104010_004_2 安中公害の当事者だった東邦亜鉛精錬所(昭和12年創業)で、裁判が和解になって以来19回目の工場内視察会が10日行われ、原告団家族10名、議員などオブザーバー5名、弁護士3名などが参加しました。視察会はまず、会議室で「緑の大地を守る会(原告団)」と会社側で紹介とあいさつがあり、その後マイクロバスで工場内が案内されました。安中駅から高低差で80mほどの最高部にある焙焼炉から一段下の①ロータリーキルンへ鉱石が落とされ、硫酸で溶かして酸化亜鉛にする。(1200度~1300度)②ガスクーラーで冷却20104010_014 し③電解室へ送られた硫酸亜鉛がプラス電極に鉄板、マイナス電極にアルミ板が置かれ、アルミ板に99.9%の亜鉛が吸着される。572枚の板が置かれ一日約30トンの亜20104010_018 鉛が製造されている。④500度で溶かした亜鉛を20kgごとの型に入れ製品になる。大きい方は1トン、現在の価格は25万円/トン、⑤浄水場、施設、工場内の水も全て20104010_022 浄水して川に放流している。⑥濃硫酸の製造販売、鉱石に含まれる30%の硫黄から濃硫酸が副産物として生産され月3万トンほど販売している。⑦廃乾電池の処理、再20104010_040 利用、全国から廃乾電池が運び込まれ、処理されマンガンなどを取り出し再利用している。 新電解工場が建築中で来年から操業になると説明がされました。最後に会議室で意見交換が行われ、藤巻千浪緑の大地を守る会会長から「汚染土壌のために汚染米、汚染野菜。食っちゃいけない、売っちゃいけない。では俺たち農民は生きていけない。会社は新工場を建てられる力があるのに、もっと早く汚染土の改良を進めてほしい。国や県を動かして俺が生きているうちに実現してくれ」と悲痛な訴えがありました。会社側からは「いままでの基準が変わり、昨年からカドミの含有率が玄米は0・4PPM以下でないと流通させない。ということになった、国で現在土壌改良計画を検討中だというので、結果を待って県と協議していきたい。」などと答えました。 亜鉛はさび止めやガードレール、車のメッキに使われるのがほとんどで世界の生産量が約4000万トン、そのうち中国で11,700万トン、35%のシェアがある。次がカナダ、韓国、インドなどとなっており電気が安い国が多い。日本では62万トンほどで、そのうち12万トンを東邦亜鉛安中精錬所で生産している。昭和20年~40年代にかけて工場から出されたカドミウムを含む煤煙が工場周辺の農地を汚染、農業を壊滅的な被害をもたらした安中公害も、現在は安全な管理の下に運営されているようです。しかし長年かけて汚染された土の改良が進まないためにいまだに周辺の農家は、思うように作物を作れないで苦しんでいます。早く解決させたいものです。写真4:建築中の新電解工場長さ148メートル、高さ31メートルの大きな工場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

大手さん(平和行進・県内通し行進者)がNHKのインタビューを受けました。

9705_023 昨日の朝、6:45分ごろから約5分間、県内通し行進をしている、磯部の大手八重子さん(写真左)は、NHKラジオ第一放送のインタビューに答え、『ボランティアで県内10 日間、核兵器廃絶のメッセージを伝えるために歩いています。行く先々で歓迎を受け、首長や議長さんの挨拶を聞き、おいしいお茶やお菓子などをいただいて、やせるつもりが太ってしまうほどです』などと、ユーモアを交えて受け答えしていました。大手さんは昨年に続いて2度目、碓氷峠から埼玉087_025 県境の上武大橋まで元気に歩き続けられました。(拍手!!) 大変お疲れ様でした。087_023_2 08_002 写真:松井田町から安中へ、琵琶の久保付近、右は伊藤国夫さん。中は富岡市長以下部課長さんの出迎えと歓迎の挨拶を受ける行進団(08)、下は今年も計画している『原爆写真展』の飾り付けの様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

09平和行進が始まりました。県内通し行進者は3人。

9705_012_2 原水爆禁止平和大行進がことしもやってきました。5月に北海道礼文島を出発し、リレーしながら広島長崎へとつなげていきます。この地区の行進は、北海道ー東京の日本海コースです。今年9705_015 は北海道からの行進者はいませんでしたが群馬県内10日間、約220キロを歩く人が3人、伊藤国夫さん(5回目)、大手八重子さ9705_019_2 ん(2回目)、岡田昭子さん、(旧境町から2回目)というメンバーで7月4日碓氷峠をスタートしました。このコースは、景色もよいし、9705_026 緑の中を歩く心地よさもあって、渋川から2人、前橋から一人、高崎からも20名ほど参加して、にぎやかな行進団となりました。最高齢者は91歳の永井さん、今年も昨年同様、沿道のごみを拾いながら、昼まで歩きました。5日の日は、松井田支所長(松本次男さん)の見送りを受けて、9:15ころ出発し、途中2箇所で2時間ほど募金活動をして、15:30に安中市役所に無事到着しました。気温が高くて汗をいっぱいかきました。 6日は、市役所で9:00に市長、議長らの見送りを得て富岡市役所へ向かって歩きます。『核兵器廃絶に向けて』皆さんもご一緒に歩きましょう!写真:碓氷峠を出発。2:五料付近。3:松井田支所で記念写真。4:安中杉並木付近。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

在来線は地域の宝! 信越本線を守る住民決起集会に行ってきました。

9607_001 北陸新幹線の建設の条件に「並行在来線」(けして並行してはいないのにJRと政府はこう決め付けている)を廃止するというこ9607_002_2 とが、信越本線・北陸線・大糸線・ほくほく線などその地域に住む住民にとっては、耐え難い危機となっている新潟県、富山県の市9607_006_2 民団体などが中心となって6月6日、直江津駅を出発点として「信越本線沿線行進」を行い、7日の9:30から集結点の妙高高原町9607_013_2 で決起集会を開きました。参加住民は約200人、それぞれに地元商工事業者、住民から在来線の大切さが訴えられました。第9607_020_2 2部ではアトラクションとして、地元の太鼓奏者、ピアニスト(望月早智子さん)の演奏、それにトランペッターの松平晃さん(川崎在住)の演奏などで大いに盛り上がりました。政府とJRの責任で並行在来線の存続を求めて、運動を広げていきましょう。と宣言がされました。 写真:上3枚は会場風景(妙高高原メッセ)、下はピアニストの望月さん、背の高い美人さん。下が松平晃さん「夜空のトランペット、千の風になって」などを吹きました。(帰りにお昼を一緒に食べました)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

2009年西毛メーデー第80回が高崎でひらかる。

951_007_6 「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう!」というスローガン、最近あまり聞かれなくなった言葉のひとつ、大きな労働団体がメーデーをやめて「お祭り」にしてしまってから労働者の元気と誇りがなくなって「経営側・経団連など」の言うがままの運動に成り下がってしまったから。それでも小さくとも誇りを捨てずがんばっている団体もあるんです。西毛地区内の労働組合、その他の運動団体が集まった実行委員会のメーデーです。今年のスローガンは「雇用を守れ、貧困・生活危機突破!変えるぞ大企業中951_013_2 心社会○なくせ失業と貧困、大企業jは内部留保を使って雇用を守れ。すべての労働者の賃上げを。派遣法の抜本的改正など働くルールの確立を。○消費税引き上げ反対。社会保障制度の充実。大企業中心政治から国民本位の政治・経済に転換を。○ストップ!海外で戦争する国づくり。許すな憲法改悪。米軍基地の再編・強化反対。○食の安全・安心と食料自給率の向上を。ストップ!地球温暖化。」となっています。実行委員長の挨拶は「今、日本も世界も大きく変わり始めています。世界に目を向ければ、アメリカでは史上初の黒人大統領が誕951_016_2 生しました。ラテンアメリカの自主独立の動きも大きく広がっています。国内でも大企業の横暴に対して非正規労働者が労働組合を作ってたたかいを始めました。・・・・・」という労働者を励ますものでした。大会は、民族歌舞団「荒馬座」の公演と地元3人のラテンバンド「トライ」の演奏があり、自転車が当たる抽選会の後、プラカードコンテスト、そして最後に市内を回るデモ行進で終了しました。写真:上、全体会場(もてなし広場)中、右が折りたたみ自転車が当たった人、下:プラカードで飾った親子連れ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)