« 2018年10月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年3月

2019年3月30日 (土)

原野の大木群を処分

Img_4716 背戸平と言う地名の畑に金井家の墓地がありますが、この畑の端にわずかな原野があります。この原野に、30~40年の間に大木が乱立し、西側のお宅の日当たりを悪くしていました。そこで、造園屋さんを頼んで伐採してもらいました。日当たりが抜群になり、感謝されました。樹木というのはあっという間に大きくなるもので、父親が管理していた当時に伐採していたら、大ごとにならずに済んだのでしたが、費用がかかりました。

Img_4715

Img_4714_1

 

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

安中市議会3月定例会が閉会

平成31年安中市第一回定例議会が3月19日、閉会しました。この任期中では最後のImg_4718_1
一般質問でしたが、9名の議員だけが登壇しました。私は、1月に視察した福島県二

本松市東和の里で学んだ「NPO法人、東和まちづくり協議会」の活動を通して松井

田町で「細野が原でワイナリー構想を」と「国保事業の抜本的改革」で「国が1兆円

繰り出しすれば、国保税は協会けんぽ並みに下げられる」と2件を質問しました。

二本松市東和の里では、NPO法人が協議会を作り、道の駅の設置から農家民宿、8人で50万円づつ出資してワイナリーを設置まで、60代の「じいちゃん」が中心でむらづくりに頑張っていました。松井田町でも標高の比較的高く、傾斜地で水はけが良い。かつてはほとんどが桑園地だった地域に「ブドウ畑」を開発し、「構造改革特区」認定でワイナリーを増設して、特産物にする構想はいかがでしょうか。私も原に15アールほどの畑がありますので、ブドウを植えてみようかと思います。すでに松井田町でも2,3の団体がワインを作って楽しんでいるようです。

Img_4431

 

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

松井田城址保存会の活動記録

 一昨年6月に発足した「松井田城址保存会」は、小板橋治徳会長の下で「元城主大道寺政繁公」の供養祭(7月19日)を始め、2か月に一度の下草刈り、倒木処理を行いながら、秋の「歴史講演会」、1月13日の「虚空蔵菩薩祭典」の協力、3月の「現地説明会」を行ってきました。始めは、下草が生い茂っていて、遺構の様子が良く確認できない城址でしたが、最近では、見違えるようにきれいに整備されて、一か月で30人ほどの来訪者も「感動しました」といって帰られるようにまでになっています。今後も、地道に松井田城址の整備を進めながら、多くのみなさんに「是非、国の史跡にして」と声が上がるように、広めていきたいと思っています。Img_0698Img_8263


Img_7668


Dsc00767


Img_4616





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2019年5月 »