« 2015年12月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月 6日 (水)

碓氷製糸農業協同組合を久々に見学しました。国際交流協会で。

Img_0080


Img_0104


Img_0101


富岡製糸場が昨年ユネスコの世界遺産に登録されたり、日本の国宝(県内では初)に認定されたりして、にわかに養蚕、製糸をめぐる注目がかつてなかったほど高まっています。MIA(安中国際交流協会松井田支部)で製糸場内を見学させていただきました。全国の養蚕農家は、約400戸、県内でも170戸、安中市内で25戸と、減少の一途ですが、伝統文化の灯を消さない、との信念で頑張っている日本最大の製糸場です。今は、一年間毎日操業するほどの繭が集まらず、規模は縮小していますが多品種、多用途に機会を動かして運営を続けています。 Usui silk Mill is the largest & only one Mill running by farmers coop in Japan now. 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

妙義米軍基地反対闘争記念碑で久保田貢愛知大准教授と懇談しました。

 Img_9193右端から、久保田貢愛知大准教授、伊藤国夫安中平和委員会代表、小田尭夫群馬県平和委員会事務局長、藤巻芳雄安中平和委員会と私  後ろの高い山が「高岩」です。


2年前に書いた私のブログを見て、愛知大学で平和教育、教員教育などを研究されている久保田貢准教授が<妙義米軍基地闘争記念碑>が見たいと問い合わせがあり、県、市の平和委員会とともに現地を案内してきました。松井田町役場(現安中市役所松井田支所)から車で約30分。恩賀部落は、梅の香りに包まれていました。記念碑が立つ土地は、当時の期成同盟会会長だった、佐藤政義さん(故人)の土地、快く貸してくださいましたが、ご子息の林輔(しげすけ)さんが昨年他界されて今は、林輔さんの息子さんが後を継いでおられます。 久保田貢さんは「米軍基地闘争で勝利したのは非常に貴重な歴史、こんな立派な碑があるとは知りませんでした。もっと全国に知らせたらどうですか。」とアドバイスをくれました。この碑が建立されて来年が30年になります。平和委員会として、何か記念行事をしたいと相談していきます。興味のある方は、是非ご連絡ください。①雑誌は、菊池定則さんが書いた「基地はイラナイ」(30冊ほどあります、187ページ)ほしい人にはお分けします)、②ブックレットは高校教師、中束作蔵さんの編集になる「妙義基地のたたかい」(30ページ、パワースポット用に作成、貴重な写真満載です)

Img_0067


Img_0059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年5月 »