« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年4月

2015年4月14日 (火)

東邦亜鉛安中精練所の工場視察会があり、安中公害元原告団と会社との3年ごとの協定書が更新されました。

Img_4789


Img_4795


Img_4802


Img_4799


第24回目の工場視察会が、東邦亜鉛安中精練所で開かれ、金井久男、桜井ひろ江安中市議会議員が元原告の代表と参加しました。この視察会の原点は昭和30年代から「精錬所」から出されたカドミウムのために、農作物が全滅したり、桑を食べた蚕が死ぬなど、工場周辺から緑が消えた安中公害。 当時周辺農家の方々が団結して会社側と裁判で長い間争った結果、50年代になってようやく和解勝利になったのがついこの間のことのようです。この間、農民を代表して闘ってきた多くの活動家とはいえない普通の人々が、血のにじむような努力の結果がこの『工場視察会』だったのです。工場側も「汚染された土地改良が終わらない限り、安中公害は終わらないと考えている」と述べるなど、会社も周辺農家の土地改良には真摯に取り組んでいます。ただ、国や県の汚染物質の基準値などを巡って事業が遅れていたのが、昨年度から新たな動きが出てきたようです。元原告団の代表藤巻千浪さん(安中緑の大地を守る会・90歳)も元気に参加して会社側との協定書に署名していました。

1、緑の大地を守る会の皆さんを代表してあいさつする藤巻会長。2、窓の向こうに工場の風景が映る。3、会社の秋山工場長、と藤巻会長が協定書に調印。立会人は高坂弁護士。4、この日参加された4名の原告側顧問弁護士の皆さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »