« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月16日 (月)

田植えをしています。去年より1週間早いです。雨が降り続いて谷津の堀にも水が出たので、一気に代掻きをしました。I am enjoying rice planting now.Does anybody come to help me, you can eat delicius rice.

S4


谷津の田んぼは、大雨の後か、しばらく長雨が続かないと代掻きに十分な水が足りません。S1


そこで先々週の長雨のおかげで出てきた水S5


をためておいて、一気に代掻きをしました。 去年より1週間早くなりましたが苗は雨のおS7


かげで伸びてしまいました。もう一か所の田んぼは、いつでも水が入る「基盤整備」を施S8


した田んぼなのでこれから、代掻きの用意です。田植え機はもう10年も前の歩行式でS9


すが、健康のため、運動のためと割り切って「とことこ」とのんびりやっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

委員会視察で福島県二本松市、岩手県久慈市を訪問してきました。二本松市では「学校の統廃合」でしたがあまりにも大規模な統合なのでびっくりしました。

S4


総務文教常任委員会(吉岡完司委員長)では、5月13~15日で福島県の二本松市と岩手県久慈市を訪問しました。まず二本松市では、「学校の統廃合について」、二本松市は平成17S5


年、安達町、岩代町、東和町の1市3町と合併しています。平成22年、それまで「東和町」にあった7小学校(児童数19名~105名)を、1校に統合し山の上に大きな小学校を建築して運S6


営しています。それでも全校生徒は272名(H26,5)と減っています。この学校の特徴は文科省がモデルにしたくなるのもわかるような、超デラックス校舎となっていること。教室も廊下も広く明るくできていて、小規模ですが太S3


陽光や小水力、風力発電などが実際に使用されていること。ランチルームはホテルのような高い天井と日本間の併設。体育館の空調は「空気集熱式パッシブソーラー」つS1


き、ステージ奥には小型ながら「パイプオルガン」が。児童一人当たり480万円をかけたデラックス版でした。 しかし、児童の85%は広い区域から通うため13台のスクールバS2


ス、登下校時には親の車で渋滞するほどだそうですが、学校周辺には人家が見当たりません。隣には昭和53年に4校を一つにした中学校の校舎が建てられており、裏には市立の「とうわこども園」が、並んでいました。ということは旧東和町の子どもたちは、すべてこの周辺で生活しながら15歳まで過ごすことになっているようです。確かに管理をするには好都合でしょうが…。はてさて、このような学校の統廃合が今後、全国で普及していくのでしょうか? 10年後のこの学校をもう一度見てみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »