« 第40回サムライマラソンが5月11日に開かれました。記念大会とあって、エントリーは3日間で1850人もの人が応募、即締切でした。 | トップページ | 委員会視察で福島県二本松市、岩手県久慈市を訪問してきました。二本松市では「学校の統廃合」でしたがあまりにも大規模な統合なのでびっくりしました。 »

2014年5月29日 (木)

小さな村に「高齢者共同生活事業」を視察してきました。人口1,335人の上野村。s63年から元気な年寄りが一か所に集まって生活できないか。から出発しました。

Photo


高齢化率、42・9%の過疎の村上野村で26年も前から、一人暮らしになった元気なお年寄り同士が一か所に集まって生活できないかと、前の村長黒沢丈夫さんが呼びかけで始まった「高齢者共同住宅」今は、新しい建物が再建中で25人の人(夫婦もあり)が生活されるようです。入所の条件は認知症でないこと、ほぼ健康状態のことだけで、利用料金は、所得に応じPhoto_2


て月5,000円~7,000円、食費が一日1,000円です。それぞれ個室(約8~10畳)で生活しますが、昼間は「自宅へ帰って野良仕事したり、カラオケに出かけてもよし、何をしても自由ですが、管理者に報告しているとのことでした。上Photo_3


野村社会福祉協議会はここを「いこいの里」として、デイサービス、グループホーム、子育て支援センター、診療所などを同じ敷地内に設置し、中は廊下とエレベーターで自S1


由に行き来できるようになっています。なお「挑戦と自立の村」と称して村外から若者をIターンさせることにも力を入れています。事実「村営シイタケセンター」では60人の青年が働いており、ほかにも木材を加工したり、燃料用の「ペレット製造工場」などがあり、10年で200人の若者が帰ってきていると福祉Photo_4


課長さんは言っていました。小さな村でもがんばればできることがあるんだということを学ばせていただきました。

|

« 第40回サムライマラソンが5月11日に開かれました。記念大会とあって、エントリーは3日間で1850人もの人が応募、即締切でした。 | トップページ | 委員会視察で福島県二本松市、岩手県久慈市を訪問してきました。二本松市では「学校の統廃合」でしたがあまりにも大規模な統合なのでびっくりしました。 »

福祉活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/59723389

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな村に「高齢者共同生活事業」を視察してきました。人口1,335人の上野村。s63年から元気な年寄りが一か所に集まって生活できないか。から出発しました。:

« 第40回サムライマラソンが5月11日に開かれました。記念大会とあって、エントリーは3日間で1850人もの人が応募、即締切でした。 | トップページ | 委員会視察で福島県二本松市、岩手県久慈市を訪問してきました。二本松市では「学校の統廃合」でしたがあまりにも大規模な統合なのでびっくりしました。 »