« 加藤楸邨の句を掛け軸に | トップページ | 今年の田植えは水で苦労 »

2013年5月27日 (月)

「旧碓氷線」(国指定重要文化財・鉄道近代化遺産)をあるく

Dscn3267s Dscn3271s_2 ハイキングクラブの皆さんを案内して「横川駅」から「旧熊ノ平駅」まで要所で説明をしながら歩きました。(約6.3キロメートル)「碓氷Dscn3273s の関所」では、保存会の皆さんが清掃をしていたので、ついでに説明をお願いしました。江戸後期の4大関所、箱根、新居、木曽福島、碓氷。他の3箇所は国の補助事業で立派に復元、資料館もできていますが碓氷だけ、取り残されています。早急な整備を望んでいます。つぎに1997年9月30日に「長野新幹線」開業を前にして廃線となった「旧碓氷線」を歩きました。元は信越本線でしたが、群馬県側では横川止まりとなり、軽井沢までDscn3275s の11.2キロメートルが廃止されバスに転換されてしまいました。その後、レンガつくりの鉄Dscn3282s Dscn3286s 道施設が「国指定重要文化財・鉄道文化遺産第1号」に指定さDscn3291s れ、下り線を遊歩道に改修され人が歩けるようになりました。めがね橋の手前のトンネル出口は、女優吉永小百合さんがJRのポスターに起用して有名になりました。写真、野生のサルの親子が歓迎してくれました。2、上信越道路の真下を歩きます。3、丸山変電所あと、4,1号トンネルの出口、5、3,4、5号トンネルが見えます。6、碓氷第3橋梁、通称めがね橋、7、6号トンネル、もっとも長い(546m),S字カーブしていて、中ほどに明り取りの窓と煙出しの窓が開いているめずらしいトンネル。蒸気機関車がトンネルに入ると同時に大きな幕を引いて煙と風を遮断、煙がトンネル内を充満しないように、幕引き番の小屋がありました。そのためにこの区間が日本で初めて電気機関車の運行となりました。

|

« 加藤楸邨の句を掛け軸に | トップページ | 今年の田植えは水で苦労 »

地域の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/57471151

この記事へのトラックバック一覧です: 「旧碓氷線」(国指定重要文化財・鉄道近代化遺産)をあるく:

« 加藤楸邨の句を掛け軸に | トップページ | 今年の田植えは水で苦労 »