« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

「旧碓氷線」(国指定重要文化財・鉄道近代化遺産)をあるく

Dscn3267s Dscn3271s_2 ハイキングクラブの皆さんを案内して「横川駅」から「旧熊ノ平駅」まで要所で説明をしながら歩きました。(約6.3キロメートル)「碓氷Dscn3273s の関所」では、保存会の皆さんが清掃をしていたので、ついでに説明をお願いしました。江戸後期の4大関所、箱根、新居、木曽福島、碓氷。他の3箇所は国の補助事業で立派に復元、資料館もできていますが碓氷だけ、取り残されています。早急な整備を望んでいます。つぎに1997年9月30日に「長野新幹線」開業を前にして廃線となった「旧碓氷線」を歩きました。元は信越本線でしたが、群馬県側では横川止まりとなり、軽井沢までDscn3275s の11.2キロメートルが廃止されバスに転換されてしまいました。その後、レンガつくりの鉄Dscn3282s Dscn3286s 道施設が「国指定重要文化財・鉄道文化遺産第1号」に指定さDscn3291s れ、下り線を遊歩道に改修され人が歩けるようになりました。めがね橋の手前のトンネル出口は、女優吉永小百合さんがJRのポスターに起用して有名になりました。写真、野生のサルの親子が歓迎してくれました。2、上信越道路の真下を歩きます。3、丸山変電所あと、4,1号トンネルの出口、5、3,4、5号トンネルが見えます。6、碓氷第3橋梁、通称めがね橋、7、6号トンネル、もっとも長い(546m),S字カーブしていて、中ほどに明り取りの窓と煙出しの窓が開いているめずらしいトンネル。蒸気機関車がトンネルに入ると同時に大きな幕を引いて煙と風を遮断、煙がトンネル内を充満しないように、幕引き番の小屋がありました。そのためにこの区間が日本で初めて電気機関車の運行となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

加藤楸邨の句を掛け軸に

20130521_004s 小学校の恩師、高木昭子さんの家で、加藤楸邨の句が2種、飾ってあるのを見て、是非にとお願いしました。一つが代表作の「木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ」でした。冬枯れに向かって、木の葉が落ちるさまを歌ったものですが、私には「戦争に駆り立てられて次々に若者が出征してゆく、そんなに死に急いでどうするの、もっと命を大事にして」といった思いが浮かんできてしまいます。もう一つが「幾人をこの火鉢より送りけむ」、楸邨が教授をしていた頃第二次世界大戦に、学生の招集がかかって、次々に別れの挨拶に来る、火鉢を間にして何を語るでもなく、淡々と学生は挨拶をして去っていった」という句です。高木さんは当時、東京の女学校で教えていた楸邨から、この歌の意味を直接聞いたのだそうです。楸邨はこの歌を詠んで聞かせたあと、絶句してうつむいたまましばらく言葉が出なかったそうです。するとあちこちから「ぐすん、ぐすん」と啜り泣きが始まって、しまいには学級全体が声を出して泣き出してしまったのだそうです。昭和18,19年頃、終戦まぎわのことだそうです。この句は書の出来がいまいちとのことで、最初の一句を表具してくれました。床の間に飾って楽しんでいます。 こんな悲しい歌が二度と詠まれる事のないような国にしていかねばと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の庭、花がいっぱい

Dscn3230s Dscn3188s ホトトギスがガビ鳥と競い合って鳴いています。それに遅れじとコジュケイ、キジが「チDscn3185s ョットコイ」「ケーン、ケン」とにぎやかな里の初夏です。里山にはフジ、アカシア、桐の花Dscn3205s が咲き誇っています。私の庭は、妻が植えた芍薬、バラなどが盛りです。エゴノキは植13051508dscn3166s 木屋が勝手に植えていったものですが満開の花に、スズメバチがブンブン飛びながら蜜を吸っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

第39回サムライマラソンに1,700名

Dscn3112s 前日の天気がうそのように青空が広がって、39回目の(37回目は中止)安政とおあしサムDscn3101s ライマラソンが全国から1700名のランナーが集合して、盛大に開かれました。主催者、警備、ボランティアを含めれば5,Dscn3123s 000人くらいのスタッフ。そして沿道の市民は0万人?、最近の仮装はめっきりサムライ姿が減って、アニメやテレビなどのキャラクDscn3148s ターが多くなりました。例年NHKの大河ドラマからの仮装が多いのですが、今年も「八重の桜」の八重や新島襄の仮装が目立ちました。仮装特別賞には「安中藩」が選ばDscn3162s れました。もっとも遠くから来た人は、何と香港からはるばるやってきたフランス人の三人組、元は東京のフランス銀行勤務のデニスさん、香港へ転勤になったのですが、このマラソンが気に入っているのでやってきました、とのことでした。囚人の仮装で完走したようです。(足元には鎖が) 1、デニスさんたちと、2、特別賞の「安中藩」、3、スタート風景、4、ガンダムものどが渇いたようです、5、横川関所まつりも開かれました(峠太鼓の皆さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みちのくの桜を見てきました

Dscn2987s みちのくの三大桜、世界遺産を訪ねて、といったツアーに妻が申し込み、連休最後に行ってきました。先ずは新青森から参加者は3家族8名といった小さなチームで「弘前城の桜」、この日、5日の気温は10℃前後で寒いくらい、連休以前も寒くて開花が大幅に遅れている様子。それでもこの日が最高の人出とか、31万人だったそうです。泊まりは、田んぼの中の南田温泉「アップルランド」、いい湯でした。次ぐ日は、鯵ヶ沢から五能線に乗っDscn3034s て十二湖まで、またバスで白神山地、雨の中を「青池」などを散策、元「サンタランド(青森県深浦町の第三セクター)」で昼食、そして「陸奥京都」角館の桧内川の堤のさくらは、6~7分咲き。おいしいお酒と「いぶりDscn3051s がっこ」で一杯。武家屋敷を見学して宿は、繋(つなぎ)温泉紫苑ホテル。最終日は、小岩井農場の一本桜に立ち寄りましたが、花は見えず、北上市立公園「展勝地」の堤防のさくら、ここは平年並みなのかすでに葉Dscn3071s 桜、さくらまつりが昨日まで。しかたないので「サトー八チロー記念館」で時間つぶし。最後の見学地は世界遺産「平泉・中尊寺、毛越寺」、雨が降ったりやんだりのなか金色堂、大庭園などを見て仙台駅まで。地元の人たちも異常気象で人でも少ない。と言っていました。夏が寒くなければよいですが・・・。1、弘前城天守閣、2、桧内川堤のさくら、3、金色堂、4、毛越寺の「曲水の流れ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

憲法集会、松平さんと再会。

Dscn2964s 5月3日、憲法記念日でした。堤未香(ジャーナリスト、夫はみんなの党国会議員の川田龍平氏)さんの記念講演と松平晃(社会派トランDscn2969s ペッター)さんのトランペットと昔の軍隊ラッパの演奏、軽快なトークに満員に近い会場は、大いに盛り上がっていました。終演後に、松平さんと久々の酒宴、駅前の居酒屋で前橋の飯田Dscn2973s さん、県会議員のいとう祐司さんらとしばし、懇談しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

花散里(はなちるさと)は黄金のかがやき

20130501_004s 若葉の季節になると気になる木がありました。松井田町新井、ろうばい園の北側、中島さん宅の庭に立つ30年くらいの木です。初めは白、やがて輝くような黄色に染まり、遠くからでも目だっています。最近になってやっと名前がわかりました。ハナチルサト「花散里」といって別名「唐カエデ」というのだそうです。そして、この名前が何と「源氏物語」に出てくる女性の名前になっているそうで、なんともロマンチック。1000年も前から都にあったということは、関西に多いのでしょうか。鮮やかな黄色はやがて緑に変わってしまいこの木も目立たなくなります。自然の不思議です。

20130501_002s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »