« 旧松井田町立坂本小学校で閉校式がありました。 | トップページ | 春 さくら、庭の花々、春の市 »

2013年3月29日 (金)

自民党憲法改正草案、何を国民に求めるのでしょうか?

Dscn2730s_2

Dscn2736s  第二章 安全保障 〈平和主義〉第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇および武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。 2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。 〈国防軍〉 第9条の2 わが国の平和と独立ならびに国および国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。2、国防軍は前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。3、国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動および公の秩序を維持し、または国民の生命もしくは自由を守るための活動を行うことができる。〈平成24年4月27日〉  

3月23日、安中公民館で行われた、非戦の会〈中嶋昇太郎会長〉が主催した『あなたの未来が危ない、世界に誇れる平和憲法を守ろう』と講演会が開かれ、弁護士の赤石あゆ子さんが、自民党の憲法改正草案(前掲)を参考に、わかりやすく話しました。約60名の市民が参加しました。 自民党は結党以来『自主憲法改定』が党是でしたが、今この時代に「国防軍」をことさらに持ち出してきて、現実に軍隊があるのだから憲法を現実にあわせるのだ、としています。これまでは、自衛隊は軍隊でない、などと解釈改憲を主張してきたのに。戦争を知らない世代がほとんどの日本になってきたことから、思うようにことが運べると見ているのでしょうか。さっそく、96条を変えて、国会の改正発議の手続きを簡単にし、国民投票も「投票総数の過半数」とハードルを引き下げようとしています。私たちも真剣に監視していかなければなりません。 赤石弁護士の話を聞いた、若いお母さんからは「とんでもない時代に子どもを生んでしまった・・・という感じです。」などと感想がありました。

|

« 旧松井田町立坂本小学校で閉校式がありました。 | トップページ | 春 さくら、庭の花々、春の市 »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/57057493

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党憲法改正草案、何を国民に求めるのでしょうか?:

« 旧松井田町立坂本小学校で閉校式がありました。 | トップページ | 春 さくら、庭の花々、春の市 »