« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

森の家を訪ねました。福寿草が咲き始めました。

Dscn2489s 立春はとうの昔、でも毎日寒さがきびしいです。日本列島上空に厳しい寒気団が降りてきてDscn2479s いるそうな。先週の土曜日、あちこちの訪問で体が冷え込んだせいか、5年ぶりくらいに”ぎっくり腰”になってしまい、はり治療を続けています。一週間してようやくコルセDscn2481s ットをして自由に歩けるようになりました。22日は、松井田町上増田にある「森の家」を訪問、毎年開いている「工房あかね展」を見ながら昼食を頂いてきました。久々にお会Dscn2485s いしたのは、内田康子さん(松井田町下増田166・ナマケモノのブログをもっています。)、自分でも絵を描いているようですが、今回は出店はなかったようです。バリア、フリーの障害者が安心して宿泊できる、おもてなし抜群のペンションです。(黒羽知代さん理事長、経営)どなたでも利用できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

MIAで安中教会など見学

20130216_007s 安中は今NHK大河ドラマ「八重の桜」に、のりのりです。MIA(松井田町国際交流協会)では、外国人に説明できるように、さっそく「襄・八重20130216_015s 展」を開いている安中市文化財「碓氷郡役所」を先ず訪問、新島襄がどのように「平和の使い」といわれるようになったのか、どうして山本八重と結婚をして、安中市に日本人の手で初20130216_025s めての教会を建立したのかなどの展示をみて廻りました。その後すぐ西にある「日本基督教団・安中教会」を見学、江守牧師さんが、丁寧20130216_036s に説明してくださいました。この教会は新島襄が没してから30年を記念して、およそ100年前日本人の信者のみ(初)で湯浅次郎氏(個人的に新島襄や教会をさせてくれた篤志家)などの力で建立されたもの。中にある肖像画などはすべてオリジナル、100年変わらないでいるとのこと。地下の基礎工事には松の丸太が30本ほど打ち込まれており、非常に湿気に強いとのことでした。調度品なども、オルガンやステンドグラス、祭壇の下の畳など当時のままだといいます。信者が座る長椅子だけは、入れ替えたようです。外壁の素材は大谷石、で設計者が次にした仕事があの帝国ホテルだったそうです。 さて、その次は新島襄の「生家」、ほんとうは襄の生家ではなく、両親が江戸屋敷から戻って暮らした家ですが。かやぶきの小さな長屋です。一応これで見学がすみ、昼食を食べて解散となりましたが、高木昭子さんとサマンサ、リャム、トレィの三人のお客さんを、五料の茶屋本陣「ひな人形展」へ案内しました。最高の寒さだったためか、帰ってからぎっくり腰を起こして2日ほど、不自由な生活です。

写真1、郡役所内の展示室で、2、安中教会「新島襄」肖像を前に、3、生家、4、ひな人形展の前で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

綱引き大会、九十九小チームが2連覇

20130210_045 平成24年度安中市綱引き大会小学生の部(参加8チーム)で、九十九小学校チーム(田沼隆志、小板橋優果、五十嵐仁哉、神戸慧、小板橋佳佑、代田大樹、武田涼寿、前村まなと、山崎岳、小板橋遥香、五十嵐梨花)20130210_029 が昨年に続いて優勝、しました。監督は萩原明弘さん、マネージャー(金井久男)がお手伝いしました。2月10日、松井田体育館で開かれた大会では、成人の部では、坂本A,坂本Bチームが1位、2位、女子は坂本チームがそ20130210_033 れぞれ優勝を独占しました。坂本地区は10数年前から綱引きには力を入れていて、連覇が続いています。ただし子どもたちが減ってきて小学生の部では、4位でした。しかし、全校生徒が9名でしかも2年生まで選手となって、交代なしで最後まで健気に闘っての結果は立派というしかありません。(ゲームは8名で試合)、そして来年度からは臼井小学校に統合という情勢の中で有終の美を飾るべく、頑張っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休暇で暖かい島ハワイへ行ってきました

Dscn2125 寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか。しばらくぶりで休暇を頂いて、南の島へ行ってきました。でもこの時期は「雨季」のためか、夕立に何度か見舞われ雨具を持たなかった日はびしょぬれ、持っていっDscn2123 た「使い捨てカイロ」の世話になりました。パールハーバーの第二次世界大戦記念館では何と、日本の「人間魚雷・回天」が展示してありました。日本軍の奇Dscn2148 襲によって、1941年12月7日、沈められた戦艦アリゾナ号がそのまま浅い海に置かれ、観光客がそれを見られるようDscn2160 になっていました。攻撃のあとでは日本人(日系人)は、「ハワイで生まれたにもかかわらず、お前たちはアメリカ市民ではない!ジャップめ!」といっDscn2181 た差別がひどかったといいます。しかし、アメリカ本土のように「収容所」に送られたのは一部の日本人だけで、多くはボランティアとして病院建設などに協力して市民権を守ったということです。ちなみに当時、日系人を全部収容できる場所がなかったほどハワイの人口の半分ほどを日系人が占めていたということです。現在は42%が日系人。中でもダニエル・イノウエ氏は長く上院議員をつとめ有名でした。日本人の移住は1868年に始まり、サトウキビ畑やパイナップル園で苦労して働いて今日の基礎を築いたということを「Japanese cultural center  of Hawaii」でみてきました。26℃の国から帰ってきたら、5~6℃、また雪が降って風邪がぶり返してしまいました。写真1,2 ワイキキビーチで 3、記念館入り口、4、日本海軍が開発した「一人乗りの自殺兵器」人間魚雷「回天」(内部まで見せている) 5,1,177名の水兵が殺されたというアメリカ海軍、軍艦「アリゾナ号」記念館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »