« りんご狩りで安曇野「貞享義民記念館」と松本城を見てきました。 | トップページ | 恒例のそば打ちボランティア »

2012年11月30日 (金)

いよいよ総選挙です。政党らしい政党、日本共産党の躍進を。

Dscn1797 野田総理が「近いうちに解散」といって延ばしてきた解散が、11月16日行われ、12月4日から衆議院選挙が行われることになりました。これまでの民主・自民・公明などに加えて、今回は日替わりで「党名が出ては消え、消えては現れる」という、新党が雨後の筍のように名乗りを上げています。「反原発・反消費税」を掲げれば、国民受けするとの思惑からか、どの党も同じようなことを言い出しました。でも、当選すれば「自民」などに吸収されるか、どことくっつくか、先のことは予測がつかないでしょう。「国防軍」「強い国」などを公約にあげた安倍自民を始め、おしなべて「憲法改革」などを言い出したことに、国民は気づくべきでしょう。維新の会も急進派です。「核兵器さえも準備せよ」などと言い出しました。いったいこれまでの戦後の日本の平和運動をどのように見ているのでしょうか。「保守派が言っている事を聞くと背筋が寒くなって、寝付けない・・・」といった女性がいました。いづれにしても、どの党にしても「自分の党財政もすべて、政党助成金と企業献金に頼る政党」「アメリカの言うことに何でも従う党」「財界の横暴にもいっさい意見がいえない党」ばかりでは、これからの日本を任せるわけにはいきません。  国民の中で草の根から「提案もし行動する党」、決してぶれない政党日本共産党の躍進こそ、新しい日本の未来を宅せると思うのですが。ご支援をよろしくお願いします。

|

« りんご狩りで安曇野「貞享義民記念館」と松本城を見てきました。 | トップページ | 恒例のそば打ちボランティア »

選挙・政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/56221404

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ総選挙です。政党らしい政党、日本共産党の躍進を。:

« りんご狩りで安曇野「貞享義民記念館」と松本城を見てきました。 | トップページ | 恒例のそば打ちボランティア »