« ALTの三人が太鼓ドラマーでデビュー | トップページ | 芸術の秋、音楽の秋 »

2012年10月31日 (水)

第20回夢伝大会ひらかる

Dscn1407 10・21快晴の空の下で「第20回まついだ夢伝」が開かれ、約400名の参加者でにぎやかに行われました。私も今年は他の行事に重なDscn1419 らなかったので「ウォーキング」の選手として参加し、約4キロメートルの松井田町の商店街を矢島ひとみさん(38)と手を組んで歩きました。この夢伝は、障がい者の参加できるマラソンDscn1424 大会として多くの健常者がボランティアで介助することで成り立っています。20年前には、オリンピック選手の増田明美さんが大会委員長Dscn1427 として参加してくれました。もともとは東京で福祉施設を運営している「ゆきわり草」という法人が始めたイベントで皇居前夢伝やほかの地区でも実行されているようです。しばらくぶりに歩Dscn1430 いて、心地よい汗を流しました。写真1、たくさんの交通ボランティアの皆さん。2、伊藤さん、薮塚さんの選手宣誓。3、隣を歩くのは大田依美さん、4,5車いす、ランニングなどといろんな形でスタートです。

|

« ALTの三人が太鼓ドラマーでデビュー | トップページ | 芸術の秋、音楽の秋 »

地域イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/56010218

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回夢伝大会ひらかる:

« ALTの三人が太鼓ドラマーでデビュー | トップページ | 芸術の秋、音楽の秋 »