« 恵みの雨、今度はイノシシとの戦い | トップページ | 川越からのお客様を碓氷峠鉄道文化財へ案内しました »

2012年9月21日 (金)

第三回安中市定例議会(2012)が閉会しました

Dscn1050 暑い、熱いと言いながらもうお彼岸です。3日から開かれて来た定例会(決算議会)が19日に閉会しました。平成23年度決算が主な議題でしたが、特別委員会で1・5日、一般会計ほか特別会計決算など9件が審議され、19日採決が行われ、全て承認されました。日本共産党安中市議団では、決算書をくまなくチェックし、積極的に質疑、議論しました。最終日には一般会計、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療事業、水道事業会計決算などに対して理由を挙げて反対討論を行いました。一般会計では「昨年度に続いて歳入244億1684万円から歳出225億1859万円を引いた残額が、17億4159万円(実質収支比率が12・1%)ともなり、充分な市民要望に応え切れなかった、Dscn1062 その証拠に投資的経費(建設事業費など)が、26・02%も下がっていること。要するに、収入に見合った仕事ができなかった、ということ。その他大事な問題として、地域作り団体とDscn1065 の裁判の結果が出て「市が賠償金5万円とそれに対する利息を払いなさい」ということで、支出がありました。この裁判は、岡田義弘市長が団体のことを市の広報誌を使って、誹謗中傷した」ということが論争になったもので、安中市議団は『高裁で敗訴したものが最高裁では覆らない、上告しないで和解せよ』と批判してきたもの、結果はそのとおりとなりましたが市長も市も、団体に謝罪もしていません。もう一つは、議員年金共済掛け金問題、国会で全会一致で決まった法律を「私は納得できないから。」と「議員の問題だからやりたければ議会で提案すればよい」との理屈で年度末まで掛け金を予算計上しないでいました。このために議会も事務局も混乱させたことも大きな出来事でした。これらを問題点を指摘して、反対しましたが、賛成討論は保守系の平成の会、民主・社民クラブの2会派が行い、賛成多数で可決承認されました。一般質問は、13日、11人が行いましたが、詳細はあとで紹介します。写真・1土地買収が決まって保存整備が行われる簗瀬二子塚古墳(原市)、2、総務文教常任委員会の学校訪問(南中)、3、南中の英語のクラス

|

« 恵みの雨、今度はイノシシとの戦い | トップページ | 川越からのお客様を碓氷峠鉄道文化財へ案内しました »

市議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/55708684

この記事へのトラックバック一覧です: 第三回安中市定例議会(2012)が閉会しました:

« 恵みの雨、今度はイノシシとの戦い | トップページ | 川越からのお客様を碓氷峠鉄道文化財へ案内しました »