« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

放射能汚染、安中市の現状と私たちにできること

20120729016 安中市の放射能汚染の実態は、科学的に見てどうなのだろう。わたしたちができることはなにかあるのだろうか。と、3月から月20120729020 一回、続けてきた学習会(放射能から子どもを守ろう安中の会)が今回、松井田文化会館小ホールで開かれ、市教育長をはじめ部長などを含め約70名が参加しました。講師20120729013 は、県立健康科学大学准教授の倉石政彦氏、倉石さんは、すでに市内(松井田町)の保育園を室内室外、園庭、20120729017 遊具などを細かく測定調査した経験などを含めて、解り易く説明しました。また、下仁田町で国の指導をうけて「国基準では広さの指定はない」との判断から、住民が住む20120729001 細かな字単位で放射線を測定し、国の補助を受けられる「除染」を実施しています。松井田町の小中学校も狭い地域ながら「高い20120729002 地域が存在する」のだから検討すべきではないか。とも提言しました。

20120729004 そして特に子どもに対する危険度は大人よりもはるかに高い、WHOでは子どもは年間200グラムも土を食べている。事などから子どもの生活範囲での除染は不可欠だ。すべて行政任せにするのではなく、例えば「通学路の草刈りを保護者に呼びかけてこまめに実施すること。行政は「刈った草を処分する場所を確保する。といった具合に市民ができることを正しい知識、正しい情報を得て実施することが大切だ、と話しました。なお、別のコーナーで「放射能測定器で土壌分析」をしていたので、私の畑の土、親戚の畑の土を測定してもらいました。私の畑は「セシウム137が259.5±63.9,セシウム134は29.9±14.3」となりました。細野地区から持ち込まれたジャガイモは「セシウム濃度は7」程度でまったく問題はなかったようです。これからの課題は、町内に存在するミニ・ホットスポットをどのように除染するのか、まだ高い小中学校、保育園などの除染をどう進めるのか。まだまだ難しいものが残されています。写真2講師の倉石准教授、3、主催者の岡崎るみさん、4、会場から質問も相次ぎました。5.6.7が土の放射線濃度の測定風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

Usui Silk Mill ,MIA members visited

20120714_002 Some MIA'S members wanted to look at SILK MILL. Usui silk mill is the last remaining farmers -operated in Japan. Some 20120714_009 friends from USA are delighted looking at 20120714_011 reeling the silk machines and rasing silk worm on the Mr.TAKAGI'S farm . They are the school teachers ,said want to tell to 20120714_012 students what Japanese taking care of silk worm and cocoons. The are from pennsylvania USA.(2012.Jul.14th.)

20120714_016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

MIAのBBQ,ALTのお別れ会

20120721_017 毎年恒例の安中国際交流協会松井田支部(中島徳造支部長)のバーベキューパーティーが21日、細野ツリーハウス(黛丞さん20120721_010 所有)で今年も開かれました。梅雨明けの猛暑がうそのよう、小雨混じりの肌寒い天気にみんな「サムーい」を連発。今回は、ALTとして20120721_009 2年間安中市の小中学校で英語教育に携わってきた3人の女性、Claire(ニ中),Colleen(一20120721_011 中),Jennifer(松井田町の4校)が、任期を終えて帰国するので20120721_019 「お別れパーティともなりました。参加してくれたのは延べ38名、焼肉、野菜、焼きそば、おにぎり、そうめん流しなどにみんな歓20120721_020 声を上げながら交流していました。外国人の参加は11名、一番遠くの人はアメリカミシガン州、リヤァドさんの家族、奥さんが松井田町高梨子出身でイチロウ君(4歳)と8ヶ月の女の子を連れての里帰りでした。Jenniferは体得した日本舞踊(歌謡舞踊)、「赤とんぼ」「人生劇場」の2曲を特設の野外ステージで披露、喝采を浴びていました。三人は、お別れのあいさつ、それぞれ帰国後の計画を話し、楽しかった安中の2年間、MIAのサポートに感謝していました。写真1、みんなで記念写真、2、焼肉の舌鼓、3、そうめん流しは初めてよと、ジョディさん、4、ジェニファーの舞踊、5、クレアーと、6、ジェニファーとツーショット。 コリーンは、怪我をして22日には香港へ帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

飼い主の敵討ち? クーがマムシを捕獲!

20120630_005 4年ほど前の8月、家内が庭の草取りをしていてマムシに咬まれて入院、治療しました。 あれから4年、昨日、ク20120630_010 ーが夕方、急いで家に駆け込んできました。テーブルの下で何かをじゃらしています。明るいDscn0713 ところでみると、なんとマムシの子。驚いて取り上げ、ペットボトルに封印、朝には死んでいましたが、飼い主に敵討ちしてくれたDscn0710 のでしょうか?それにしても、どの辺で捕獲したのか? おちおち草取りもできませPhoto んね。写真1,2うちにはジルダ(母2歳)、チーコ(メス1歳・捨て猫)、クー、レイ(ジルダの子)4匹が同居しています。ジルダは、2週間に一度はネズミを捕ってきて子猫に見せています。3、クーが捕ってきた蛇はまぎれもなくマムシでした。(30cmくらい、子蛇)、4、勇敢なオス猫クー。5、咬まれて血清を注射して2日間入院した妻(2008年8月)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

さようなら原発10万人集会、17万人が代々木公園に!

Dscn0682_2Dscn0693Dscn0692Dscn0703Dscn0705      Dscn0707 今年一番の暑さを記録した16日、代々木公園に17万人が集まり「原発なくせ! 再稼働反対! 子どもの未来を守ろう!」と大きな声で叫びました。 安中からも大型バスで37名が参加、朝7:00に出発し、会場には10:30には到着、幸い木陰の一角にブルーシートを敷き、全員が座って会場を真横から見るという設定で最後まで参加できました。会場内はサッカー場にシートを張ってあり何も陽をさえぎるものがなくて、まさに炎天、開会する頃にはいつの間にか周辺にはとにかく、人、人、人、人の波でうまってしまい身動き取れなくなってしまいました。ステージでは、鎌田慧、坂本龍一、内橋克人、永六輔、大江健三郎、落合恵子、澤地久枝、瀬戸内寂聴さんたち「呼びかけ人」が次々に発言、午後1時頃に「会場には約17万人が集結しています!」とのアナウンス。会場から「ウワーッ!!」と大きな叫び声。頭上には報道のヘリコプターが3機、4機。13:30からは3コースに分かれてデモ行進、残念ながら私たちは行進には加わりませんでしたが、行進を脇に眺めながらバスで都心を抜けるまで約2時間かかりました。18:30には帰宅できNHKのテレビでも、めずらしく集会の様子を放映していました。「コンクリートから人へ・・・といって政権交代した民主党が、命よりも原発」を選んでしまった、こんなでたらめ政権はごめんです!」落合恵子さんの弁。とにかくこれからが大事です。一歩一歩政府を追い詰めていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

子連れママさん6名が市長に要望書

20120710_004 放射能から子どもを守ろう安中の会(岡崎るみ代表)が開いた「放射能対策実施に関する要望」で、7月10日、市役所の会議室20120710_003 で岡田義弘市長ほか、真下市民部長、佐俣教育部長など6名ほどが列席し、子どもを連れた6名のママさんたちの要望に耳を傾けていました。岡崎代表は20120710_005 「私の5歳の子どもに個人放射線量計をつけて一日様子を見たところ、なんと4マイクロシーベルトもあり、一年に換算すると1・4ミリシーベルト/年となり、文科省の基準を超えてしまいました。子どもの生活の場で放射線レベルが0・23μsv/時以下でも、できるかぎり除染して欲しい」と要望しました。また今村さん(4歳の子どもあり)は、自宅の野菜畑の土を分析に出したら1,205ベクレルもあった。今年は野菜が作れない。こどもにも申し訳ない。子どもが通う、保育園庭の土などもなんとかして除染して欲しい」と強く要望しました。 岡田義弘市長は「他市に先駆けて公共施設の放射線量を測ったり、除染コンクリート枡を各学校に設置してきた」と述べながら「考え方は理解するが、税金を投入することは簡単にできない。国県の方向を見ながら協議したい」などと答、「市の汚染状況がわからない。被曝するということと、危険性の関係を講師に聞いてみたい。」などという岡田義弘市長の言葉を聞いていて、放射性物質(セシウム137)が存在している限り『被曝』という事が日常的におきているということを、認識されていないのか?無視しているのか?どうにも不可解に感じてしまいました。側近職員は常識のことすら伝えていないのかしら? この要望に、佐藤貴雄市議、桜井ひろ江市議が同席しました。 次の「学習会」は7月29日、健康科学大学の倉石政彦准教授をお招きして、文化会館小ホールでで開きます。午前、午後、通じてありますので是非お出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

2012年平和行進、富岡市へ引き継ぎました。

20120709_004 7月8日は、松井田支所から出発して、商店街を行進の後「募金活動」、毎年松井田町の人20120709_007 たちは快く協力してくれています。4組の一時間ほどの行動で、約45000円、頂きました。その20120709_012 後行進団は、郷原から原市、そして安中市街に入り、午後2時30分に市役所に到着、参加20120709_019 者は延べ18人ほどでした。生協組合員の中からも数名行進だけ参加した人もいました。  20120709_025 翌9日は市役所で、岡田義弘市長、中島徳造副議長らに激20120709_028 励の言葉で送られて出発、市街地を行進の後、やはり募金行動、私は宣伝カーの運転20120709_032 に徹しましたが、この日は、市内のお寺、教会を回り募金を頂きました。総額では6組ほ20120709_034 ど出て50000円ほど頂きました。その後は国道18号を中宿、板鼻と下り公民館で昼食、昼食後は県道、岩野谷から富岡に向かって歩きました。途中で3箇所で休憩して午後4時20分に富岡市役所へ到着し、副市長をはじめ職員、富岡原水協の皆さんの歓迎を受けて宣伝カー、リレー横断幕、旗などを引き継ぎました。 この日の参加はのべ20名。無事に終了したので何よりです。参加された皆さん、大変、お疲れ様でした。 8月4,5,6日の「世界大会ヒロシマ」へ、安中原水協から4名の代表を送ることが決まっています。

最後の写真は、8日の松井田支所の出発式です。左端がこの日行進団長の私です。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

2012年核兵器なくせ、さよなら原発、国民平和大行進はじまる。

Dscn0584 5月に北海道礼文島を出発した「2012国民平和大行進」が、東北の日本海側を通るコースから長野県へ引き継がれ、群馬県には7月6日碓氷峠で関東へ引き継がれました。明けて今日から群馬県内全市町村を歩Dscn0583 いて「核兵器なくせ、原発なくせ」の行進が始まりました。碓氷峠では午前9:00から出発式が行われ、今年89歳になる菊地定則さん(平Dscn0582 和行進県実行委員長・前橋市)を先頭に地元碓氷安中はもとより伊勢崎、前橋、高崎、大泉などから総勢50名になる大行進団が183のカーブがある「旧18号碓氷峠」を下り、午後4時にDscn0580 は安中市役所松井田支所へ到着しました。あいにくの雨天の連続でしたが、皆さん元気に歩かれました。明日からは、地元松井田町、安中市の行進になります。風邪が治りますように、祈って早く休みます。写真:碓氷峠カーブ150付近を下る平和行進団の一行、先頭を行く、青い袢纏姿が89歳の菊地定則さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

夏風邪でダウン、平和行進も始まる!というのに。

Dscn0569 7月1日に、雨の中で宣伝行動、歩き回って「ちょっと背筋が・・・・」と思ったら夜になって熱発Dscn0571 、のど痛、蒸し暑くてゆっくり休んでもいらDscn0572 れなくて田畑、を見たり「平和行進」の手続きで警察へ行ったり、放射能汚染対策で「土壌Dscn0574 の入れ替えによる除染実験」予定地の探索などと動き回っていたら風邪が悪化、昨日は点Dscn0575 滴注射をして寝ていました。今日もまだ頭痛にめまいで動けません。庭にはきれいな花が咲Dscn0576 き乱れているのに・・・。明日から「碓氷安中2012国民平和Dscn0577 大行進」が始まるというのに、困ったなあ。ゆううつです。Dscn0578 写真、ユリ、クレマチス、ギボウシ、ヒナギク、クチナシとアジサイ 2,3の名前は知りません。家内がやたらと植え込んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »