« 第38回安政とおあしマラソンひらかる! | トップページ | 華、花、flowers 百花繚乱の季節  »

2012年5月22日 (火)

放射線の影響と健康、学習会に130名

Dscn0245 5月19日、松井田文化会館で上記の学習会が開かれ、市内外から130名の皆さんが参加され講師の「瀬川嘉之さん(高木学Dscn0239 校)」の話に耳を傾けました。また質問時間を30分ほどもうけましたが、たくさんの方がご自分の意見や不安などを発言してくれました。瀬川さんは、質問者にも丁寧にDscn0248 説明しながら、放射線の影響をできるだけ低く抑えるためにみんなで何が必要か考えていくことが大事です。と語りました。会Dscn0231 場ロビーには、子どもを守る会が作成した写真、図表などを展示しましたが熱心に見つめる人、Dscn0202 スタッフに質問する人など好評でした。次回の学習会は「放射線の内部被曝を防ぐ食品の料理法」を学ぶ予定です。

高木学校とは……

原子力資料情報室前代表・故高木仁三郎(1938年群馬県生まれ)は199712月、プルトニウム利用の危険性を世界に広く知らせた化学的・社会的貢献によりライト・ライブリフッド賞(もう一つのノーベル賞とも言われている)を受賞し、その賞金を原資に高木学校を創設しました。 2000年の彼の死後も活動を続け、福島原発事故以降はメンバーの一人である崎山比早子のテレビ出演や国会での参考人招致などに留まらず、不安を抱く市民からの要請にこたえて、全国各地に出前講演を行っています。

私が感じたことの第一は「山林は除染ができないから、何年にもわたって影響を与える」と聞いたことです。松井田町は周囲が全て山林であり、木々の葉が放射線を帯びて落ち、腐り、また栄養分となって吸収され、毎年循環を繰返しながら下流にセシウムを流し続けるのではないか。ということです。その影響は計り知れないものだということですが。いったいいつまで続くのでしょうか?考えると恐ろしくなります。原発は安心だといって拡大してきた政治家、企業、ご用学者などに責任を取ってほしいものですが。写真1、会場、2、講師の瀬川さん、3、展示に見入る参加者、4、会場外の「いこいの広場」ここもセシウム濃度が高いのですが・・・5、松井田町の西からもう田植えが始まっています。◎当日の資料がまだ残っています、ご希望の方はご連絡ください。(300円)

|

« 第38回安政とおあしマラソンひらかる! | トップページ | 華、花、flowers 百花繚乱の季節  »

地域イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/54772086

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線の影響と健康、学習会に130名:

« 第38回安政とおあしマラソンひらかる! | トップページ | 華、花、flowers 百花繚乱の季節  »