« 九十九小学校で卒業式、今年は「二十四の瞳」が卒業しました | トップページ | 障がい児者に朗報、24時間サポートセンター完成 »

2012年4月 1日 (日)

松井田西中学校、50年の歴史に幕

Dscn9503 昭和37年に始まって以来、50年間続いて2216名の卒業生を送り出してきた、松井田西中学校(三浦一彦校長、生徒18名)で3月26Dscn9514 日、閉校式が行われ関係者約200名が最後の行事に拍手を送りました。もともとは昭和22年、坂本中学校というのが始まりでしたが、37年松井田町の「中学校の統廃合」が行われ、6つの中学校が4校になりました。その際「臼井中学校」が統合で東中学校になったために、Dscn9516 臼井小学校へ通学していた生徒は中学生になると東と西へ分かれることになったようです。少子化の影響で以前から「平成の統廃合」が検討されていましたが平成23年度の入Dscn9512 学者が0になり(他の中学校へ6年生が入学した)、全校で2,3年生のみで18名の中学校として最後の日を迎えました。4月からは9名の在校生と坂本小卒業生9名が東中学校へバスで通学することになります。環境がまったく変わる中学生が、元気で通学して欲しいDscn9522 ものです。写真2、三浦校長式辞、3、関芳男PTA会長、5、卒業生、在校生によるハンドベルおよび合唱披露

|

« 九十九小学校で卒業式、今年は「二十四の瞳」が卒業しました | トップページ | 障がい児者に朗報、24時間サポートセンター完成 »

学校教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松井田西中学校、50年の歴史に幕:

« 九十九小学校で卒業式、今年は「二十四の瞳」が卒業しました | トップページ | 障がい児者に朗報、24時間サポートセンター完成 »