« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

九十九小学校で卒業式、今年は「二十四の瞳」が卒業しました

Dscn9486 今年の卒業生は12名、男子5名女子7名でした。議長の祝辞を代読し、自分の感想も述べました。今年の卒業生は、綱引きでは5名の6Dscn9493 年生と、3名の5年生、1名の4年生のチームで「安中市綱引き大会」に出場、見事小学生の部で優勝しました。同じく「上毛カルタ大会」でも団体、個人でそれぞれ優勝を果たして県大Dscn9490 会へ出場しました。寒い体育館で夜遅くまで練習したこと、みんなが8人一丸となって力をひとつにしたことなどが要因です。中学生になっても忘れずに頑張ってほしいものです。佐藤秀Dscn9497 彦校長が、12名全員の名前を呼びながら、「エブリチャイルド ハズ ビューティフルネーム」と一人ひとりの子どもたちの名前にそれぞれ深い思いを語りかけていたのが印象的でした。

Dscn9488 写真1、卒業証書授与、2、卒業生12名、3、言葉を掛け合う在校生と卒業生、4、卒業生退場、5、まだあどけない在校生たち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

茶屋本陣のひな人形展、あと2日

Dscn9478_3  今年で28回目になるという松井田町五料「茶屋本陣」の「ひな人形展」、市民から寄贈された1,000体を超す古くて素朴な人形が迎えてくれます。昨年は、3・11の東日本大震災以後停電やガソリン不足などでそれどころでなくなったために、途中でDscn9482 打ち切りになりました。今年の目玉は、安中市上後閑の浅川さんという方から寄贈された古い人形ですが、安中藩の殿様からの頂き物だDscn9472 ったとか、格式の高い顔の表情が、原久月の作らしいといわれているそうです。内裏雛の後の金屏風もみごとなものです。その他、裃雛などもほとんどが当時埼玉県鴻巣などで作られていたようですが、3体だけ、富岡市曽木、新高尾などの作者名があることがわかったDscn9481 ようです。さて、金井家の先祖の享保雛の内裏様、紺のビロードをまとった小さな裃雛などに挨拶をしてきました。毎年飾ってもらえてよかったね。今年の展示も26日まで、あと2日のみとなりました。是非お出かけください。Dscn9469 写真1、すわり雛、別名裃雛、一般の家庭で飾られていた素朴な人形ですが、全ての表情が違っています。2、浅川さん寄贈の人形、3,4金井家に伝わっていた古い人形です。5、全体で1千体以上あるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

子どもを守りたい。放射能について学習会に88人。

Dscn9448Dscn9455Dscn9458_2Dscn9446     冷たい雨が降り続く18日。安中市中央公民館3階には、「放射能から子どもを守ろう安中の会」主催の学習会「食品からの内部被爆を防ぐ調理法」と題して、高崎中央病院管理栄養士、湯本祐子さんの話があり、子どもをつれたママさんたち、88名、子どもたち約20名が集まり、「どうやったら内部被爆を避けられるか?」と、湯本さんの話に熱心に聞き入っていました。予定していた資料が足りなくなって、急遽増し刷りするなどして参加者に配っていました。湯本さんの話では「子どもたちには1kg当たり、37ベクレルを超えないようにすることが、チェルノブィリ原発事故から、ベラルーシの人々が得た教訓だそうです」  残念ながら、県内で行った土壌分析の結果は、1kg中のセシウムが最高で2832ベクレル(川場村)、を筆頭に1000ベクレルをこえているのが12箇所、西毛地域では松井田町五料の畑が1030ベクレルと、唯一、1000を上回っているのを見ると、松井田町が平均以上に汚染されていることがわかります。今後の除染、セシウム吸収回避対策が求められています。放射能から子どもを守ろう安中の会では、毎月一度、学習会を開いていこうと計画していますが、4月は21日(土)同じ会場で情報交換会を開く予定だということです。写真1、開会司会する、岡崎るみさん、2児の母です。2、ビデオでは肥田舜太郎さんも発言、3、湯本さんの講演、4、後では子どもたちの遊ぶ声が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

東中の卒業式、2011年度は文化会館で

Dscn9418 第50回、松井田東中学校の卒業式が、今建築中の体育館でなくて「文化会館大ホール」で開かれました。ことしの卒業生は37名、一クラスでした。文科省の基準は今でも41名以上いDscn9419 ないと2クラスに分けられません。いまどき、こんな大規模学級をやっている国は、2,3カ国いくらもありません。日本という国がいかに教育に力を入れない国だかよくわかります。さて、式Dscn9422 はいつものような、在校生のブラスバンドもなく、全て録音しておいたテープを流すだけでしたので、ちょっとさびしいものでした。でも卒業生の歌は、ピアノ生演奏で、大きな声で響いてDscn9427 いたのでほっとしました。体育館よりも寒さは感じませんでしたが、それでも2時間据わったままで居ると少し冷えました。 50回目ということは、初年度の卒業生が今65歳。私たちは、第5回目の卒業生ということになりますか? 今年の卒業生の誕生は平成8,9年だそうです。私たちは当時九十九の分教場でたけれど。78名でしDscn9429 た。(通算で6031号に達しました)

写真1,2会館玄関に建てられた看板、浅間山も真っ白。3、皆敷前の卒業生、4、在校生の送辞、5卒業生の歌「旅立ちの日に」前列左端の女子生徒の声が大きく響いていて好感が持てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

3・11さよなら原発集会・高崎に2500人

20120311_041 あれから丁度一年。200万県民の力を合わせて原発をなくしましょう。と開かれた脱原発集会に、全県から2500人が集まって決意を固めあいました。全員で1分間の黙祷をして始まっ20120311_022 た集会は高崎市城址公園で芝生に座ってコンサートを聴いたり、福島県から前橋に避難している丹治杉江さんという主婦の訴え、川場村の人の訴え、子どもたちを放射線を守ろうと活20120311_036 動している高崎の会、自民党の中村県議(前橋)と日本共産党の伊藤ゆうじ県議のあいさつ、協力している日本共産党の市町村議の紹介などがあり、医師の立場から高崎中央病院の鈴木院長、20年も前から「大地震があり、電源や冷却水が失われたら福島第一原発は取り返し20120311_047_2 のつかない事故になる。」と日本の原子力発電所の危険性を予見し忠告していた前橋出身の20120311_043 物理学者『高木仁三郎博士』の未亡人、高木久仁子さんなどが訴えをされました。13:00には集会を終えて、一同は街頭に出てデモ行進、16:00頃まで「原発をなくしましょう!」との声が響きました。安中からは約20名が参加、私が作った「なくそう原発、守ろう子どもたち」の横断幕が目立っていました。その他イベントの合間には制服向上委員会と言う、女子グループの「脱原発」の歌、「サークルかざぐるま」というバンドなど多数が演奏を聞かせてくれました。

写真1、安中からの参加者、私が作った横断幕を持って、3、伊藤ゆうじ県議があいさつ、4、駅前を行進する参加者、5、高木久仁子さんの挨拶もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

決着つくか?議員年金掛け金騒動、議会が修正案可決

Photo 三月議会も半ばを過ぎました。ブログもしばらくご無沙汰してしまいました。風邪を引き返したり、平成24年度予算案審議の準備などで忙殺されていました。それに加えて「議員年金掛け金(納付金)不払い市長」として全国唯一の市として有名になってしまい、それの決着問題にも時間がかかりました。昨年5月、国会で全会一致で、地方議員共済年金法」が廃止され、これまでかけてきた12年間の期間を有する「受給権者」を除いて、これからの議員は年金もなくなりました。しかし、退職者には支給をしていく約束があり(憲法で保障された財産権)その大部分を公費で面倒を見ることになりました。(もちろんこれまでの積立金も含まれます)そして地方へは、地方交付税として国がその全額を負担する。ということになったのです。これを不満だとして全国で唯一、議員共済会へ掛け金を納付しなかったために「全国市議会議員年金共済会」から訴えを起こされていたために、議会では紛糾が続きました。議会の前に、市区長会の代表や議員OB会の役員も、「裁判を避けて法で決まったものは納付するように」と再三要請が行われましたが、岡田義弘市長はなんとしても了解せず、予算審査特別委員会でも、議員との間でやり取りが行われましたが結局、最後まで譲りませんでした。そして12日の総務常任委員会で平成23年度補正予算審議の途中で、議会側から「議員年金納付金を支払うための修正案」が提出され、全会一致で可決されました。今年度最後の補正予算で、この機会を逃すと裁判が始まってしまい、負けることが明白なために「2月までの延滞利息、約250万円」を支払うことが明らかだったのです。岡田義弘市長は納付金を納めても裁判は継続したい。などと述べているようですが納付金が納まれば、共済会側から裁判の取り下げが行われることははっきりしています。なぜなら、法に基づいて行政は行われることが明確な原則であり、それが法治国家だからです。もし、国のやり方に不満があるならば、国会に出て自らの理論を主張すればよいことです。でも、地方自治体の長としては、市民に余分な負担を強いるような行動は避けなければなりません。だから全国の市町村長は、全て共済掛け金を納付してきたのですから。ちなみに、市内で議員年金を受給している退職者は70人、そのうち退職年金受給者の平均は、年約82万円ほどで国民年金よりもわずかに多いくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »