« 箱根・小田原を訪問しました。歴史と文化をまちづくりにどう活かすか? | トップページ | MIA(安中市国際交流協会松井田支部)の新春のつどい(峠の湯) »

2012年2月12日 (日)

鬼はそと、福はうち! 景気を上げよう!

20120203_005 2月3日は節分、あいつぐ火災で、元気をなくしつつある商店街でみんなに元気を出してもらおうと、恒例の節分豆まきまつりが、松井田町商店連盟で開かれ、私も参加しました。3日の20120203_007 夕方、そろいのハッピに身を固めた連盟の役員、商工会青年部の面々が、商店を個々に回り、「福を呼び込む、豆まきはいかがですか?」と声をかけていきます。「景気よくやってくださ20120203_015 い!」と店の主人たちが歓迎します。二手に分かれた豆まき隊の一方は、役場支所や警察署なども訪問し豆まきを行いました。支所では、全職員に広報で知らせ、手の空いている20120203_019 職員が玄関まで出迎えて歓迎したとのことです。また、もう一方は赤鬼、青鬼に扮した青年部員が保育園を訪問し、子どもたちに鬼退治の豆まきをさせて廻ってきました。午後5時近くになって町営駐車場では、豚汁のサービスや、豆や袋入りの小銭、ピーナッツなどがトラックの荷台から振りまかれました。金井久男議員も、一緒に豆まきに参加し青年部の方々と夜まで歓談させていただきました。

|

« 箱根・小田原を訪問しました。歴史と文化をまちづくりにどう活かすか? | トップページ | MIA(安中市国際交流協会松井田支部)の新春のつどい(峠の湯) »

地域イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/53967128

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼はそと、福はうち! 景気を上げよう!:

« 箱根・小田原を訪問しました。歴史と文化をまちづくりにどう活かすか? | トップページ | MIA(安中市国際交流協会松井田支部)の新春のつどい(峠の湯) »