« 人形浄瑠璃「城若座」公演、もっと観客が欲しいです。 | トップページ | TTPに反対しましょう。日本がアメリカ資本に壊されます。 »

2011年10月30日 (日)

2011行政視察、北海道北斗市は高校生まで医療費0でした。

2011102628_008 26~28日、総務文教常任委員会(上原和明委員長)が、北海道小樽市ならびに北斗市へ視察を行いました。小樽市へは2年ほど前に議会運営委員会でお邪魔していましたが、今回は「地域振興」が中心、雨が降る寒い中を2011102628_014 古い庁舎を拝見してきました。翌日は、3時間半、函館本線に乗り、北斗市、5年前に上磯町2011102628_040 と大野町が合併した人口は5万人ほどの町でした。しかし、子どもの医療費は高校生(18歳)まで無料を全国に先駆けて実施、私が「群馬県でも一昨年10月からようやく中学3年生2011102628_046 (15歳)まで無料化したところ、思い切った行政を実現したのはどんな概念からですか?」と質問、すかさず北斗市議会議長から「今年就任した議長が選挙で公約していたもので、かつて財政課の職員だった人物で、これぐらいの金額でやれる。と言った観念から、思い切って2011102628_049 実施に踏み切ったもの。議会側も、もちろん賛成しました。北斗市ではかねてから、公共施設はなるべく減らしてきた。保育園、病院などを持っていたら、財政的にいきづまると見通してきたから、そういったものはほとんど函館市に依拠してきたからできたことです。」と得意そうに話しました。確かに、当市では経常収支比率が、89%足らずで、公共施設費が使われていないことが伺えました。そうは言っても、市民の感情はどうなのでしょうか?聞いてみたくなります。それでも、市債残高は200億円ほどあるのは、何に使ったのでしょうか? 聞き漏らしてしまいました。写真1,2小樽市で、3,4北斗市役所で、5、函館から木古内駅までのローカル線「江別線」に乗りましたが、28日の新聞では「北海道新幹線が北斗市、大野駅に平成27年、『新函館駅』ができるのを待って、廃線ーバス運行に替わる』との記事が出ていました。ここでも住民の足が奪われる、悲劇が起きていました。政治がここでも企業利益優先でした。

|

« 人形浄瑠璃「城若座」公演、もっと観客が欲しいです。 | トップページ | TTPに反対しましょう。日本がアメリカ資本に壊されます。 »

市議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/53122791

この記事へのトラックバック一覧です: 2011行政視察、北海道北斗市は高校生まで医療費0でした。:

« 人形浄瑠璃「城若座」公演、もっと観客が欲しいです。 | トップページ | TTPに反対しましょう。日本がアメリカ資本に壊されます。 »