« 戦後66年「原爆忌」、新たな真実が明るみに | トップページ | 気になる2匹のこれから、ジルダとチビ »

2011年8月16日 (火)

ふるさと祭り(九十九地区)納涼祭

Dscn6914 九十九地区納涼祭、ふるさと祭り(体育協会・区長会など共催)がにぎやかに行われましDscn6892 た。14日は、10時ごろからそれぞれの団体で準備が始まり、(焼きそば、フランクフルト、カキ氷、金魚すくい、輪投げなど)、櫓の組み立Dscn6909 て、ちょうちんの飾りつけなど体育協会役員、実行委員などが汗を流しました。私も今年からDscn6901 体協副会長になったために時間を割いてお手伝いしました。(夜の司会などが中心)、午後4時ごろ飾り付けが終わりいったん帰宅して5時に集合しましたが妙義山が隠れ始めたとたん30分頃から激しい風雨とかみなりで大騒ぎ、テントが飛ばされそうでみんなでずぶぬれになりながらテントの足を支えました。1時間して雨も風もやみ、30分遅れでお祭がスタート、盆踊り、ビンゴゲームなどがあり、子どもたちには楽しい一夜になったでしょう。閉会は午後9時半、後片付けが終わって慰Dscn6902 労会をしたら10時30を過ぎていました。翌日はまた朝9:00から片付け、15人ほどで全てが終わりました。40年ほDscn6903 ど前、九十九青年団を組織して3日間くらい「盆踊り大会」をやったことがありましたが(当時は模擬店などなし)よく動Dscn6904 けたものだと懐かしむ一方、裏方は大変だとあらためて感じました。

Dscn6910

|

« 戦後66年「原爆忌」、新たな真実が明るみに | トップページ | 気になる2匹のこれから、ジルダとチビ »

地域イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/52488335

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと祭り(九十九地区)納涼祭:

« 戦後66年「原爆忌」、新たな真実が明るみに | トップページ | 気になる2匹のこれから、ジルダとチビ »