« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月21日 (日)

気になる2匹のこれから、ジルダとチビ

Dscn6869 妻が道端に捨てられていたチビを家に連れてきたからやがて2ヶ月になろうとしています。丁度ジルダが初めてうちに来た頃と同じ大きDscn6882_2 さになりました。よく見るとなんともよく似た2匹です。知らない人が見ればきっと親子に見えることでしょう。でも2匹仲良く・・・・ということがなかなかありません。というのはジルダの生態(???)がいまだよくわからないのです。実はジルダがうちに来てひと月後の12月30日、朝出たきり夕方になってやっと帰宅するということがあっDscn6886 て以来、外出好きの猫なのです。2月には初めてネズミを捕ってくるなど活躍しましたが6月頃からは朝出たきり、翌朝に帰ってくる、最近Dscn6922 では丸2日間帰ってこない、といった風来坊で困っているのです。仕方ないので2階の窓を少し開けておくのですが、外で一体何をしているのか、どこで寝ているのかまったくなぞなのでDscn6923 す。帰ってくるとチビとじゃれあって遊んでいるのですが飽きてくると、窓側にいて家人が少しでもサッシ戸を開けるとヒョイと飛び出してしまいます。こんな猫初めてです。帰宅するとしきりにえさを食べているのでどこかの家で飼われている風には見えませんが不思議な猫なのです。心配なのはチビがジルダにしたがって同じように外出をするようになっては困るな、って思っているのです。猫の世界?ほんとにわかりません。写真1、チビ、2ジルダ、3、じゃれあい、4、チビのお気に入りの場所、5、お気に入りの豚の着ぐるみ、せっせと咥えて移動します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

ふるさと祭り(九十九地区)納涼祭

Dscn6914 九十九地区納涼祭、ふるさと祭り(体育協会・区長会など共催)がにぎやかに行われましDscn6892 た。14日は、10時ごろからそれぞれの団体で準備が始まり、(焼きそば、フランクフルト、カキ氷、金魚すくい、輪投げなど)、櫓の組み立Dscn6909 て、ちょうちんの飾りつけなど体育協会役員、実行委員などが汗を流しました。私も今年からDscn6901 体協副会長になったために時間を割いてお手伝いしました。(夜の司会などが中心)、午後4時ごろ飾り付けが終わりいったん帰宅して5時に集合しましたが妙義山が隠れ始めたとたん30分頃から激しい風雨とかみなりで大騒ぎ、テントが飛ばされそうでみんなでずぶぬれになりながらテントの足を支えました。1時間して雨も風もやみ、30分遅れでお祭がスタート、盆踊り、ビンゴゲームなどがあり、子どもたちには楽しい一夜になったでしょう。閉会は午後9時半、後片付けが終わって慰Dscn6902 労会をしたら10時30を過ぎていました。翌日はまた朝9:00から片付け、15人ほどで全てが終わりました。40年ほDscn6903 ど前、九十九青年団を組織して3日間くらい「盆踊り大会」をやったことがありましたが(当時は模擬店などなし)よく動Dscn6904 けたものだと懐かしむ一方、裏方は大変だとあらためて感じました。

Dscn6910

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

戦後66年「原爆忌」、新たな真実が明るみに

2011807_013 今年の原爆忌も自宅でテレビ参加でした。原水爆禁止世界大会は7~9日、長崎で開かれます。日本共産党安中市議団から桜2011807_005 井ひろ江議員が安中市議会代表として参加しています。さて、6日夜にNHKで放送された「原爆2011807_011 投下・活かされなかった極秘情報」の真実を見て、あらためて戦争を引き起こし、無謀な敗戦に導いた当時の軍事政府のでたらめさがわかり、腹が立ちました。それは、敗戦間際、日本軍も原爆の開発を指示していた事。2011807_010 ヒロシマに原爆が落とされる以前から軍、特殊情報部隊があり、米軍が秘密指令を受けて訓練しやがてヒロシマに向けて原子爆弾を積んだ「エノラゲイ号」が近づいていることを無線傍受してお2011807_009 り、参謀本部に警告していたというのだ。しかし、本部はこれを無視、「空襲警報」さえ発しなかった。もし、警報が出されていた2011807_001 ら、10万人相当数の住民が殺されずにすんだのだ。さらにその3日後にも長崎へ向かう秘密指令を受けたB29が九州接近しているのを5時間前に確認し、警告を上申していたという。それも参謀本部ではなにもせず、11時02分長崎でも一瞬にして7万人もの人間が殺された。ことの深刻さを軽視し、国民にも本当のことを知らせなかった軍隊、参謀、天皇制国家、さまざまな過ちが人間を不幸に陥れてきたのだ。最後に、当時の戦闘機のパイロットだったという、本田稔さん、これらのことを66年にして初めて知らされて、「原爆投下のB29が近づけば当然撃墜することはできた。なぜ、こんなことが許されたのか、こんなことを許したら、また同じことが繰返されますよ」の言葉が印象的だった。それはいま福島第一原発でおきている放射能漏れ事故にも通じ、政府や東電がいかに、この事故を小さく、小さく見せようかと国民に説明していることに通じるのではないか。私たちは66年前のことも考えながら、政府や東電関係者、御用学者の言うことにはまず、疑ってかからないといけないのではないか。それにしてもこの国の指導者たちのやることは100年たっても変わらないのだろうか?再放送は必見です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

教科書問題を考える集いがありました

Dscn6828 今年の6~7月にかけて、2012年から4年間、中学校で使われる教科書の「採択」が全国で行われました。4年ごとに行われているのですが、最近「新しい歴史教科書を作る会(1997年設立・藤岡信勝会長)」という日本の侵略戦争を正当化する人たちによって、「現Dscn6853_2 行の歴史教科書は旧敵国のプロパガンダをそのまま事実として記述している」として戦前の修身(道徳)教育や教育勅語などを美化する内容を盛り込んだ歴史教科書(自由社と育鵬社)を編修し、全国で採択させようと活動していることが問題となっています。すでに横浜市や東京都立養護学校など一部の地域で採択されています。  7月30日、この育鵬社の教科書を編集する代表「八木秀次高崎経済大学教授」が講師で、安中市で「日本の徳の心を学ぼう」というセミナーがあり、参加した萩原慧さんらから報告がありました。 それによると八木氏は「今の日本は自由で豊か、平和だが生きにくい。子どもたちは自由に生きよといわれ苦しんでいる、学校で価値が提示されず、人生で大切なものは何かを教えていない。人間として美しく生きる型=徳目を教えるべきだ。」として戦前戦中の『修身教育』の素晴らしさを説いていたということです。 その後高崎健康福祉大学講師の針谷正紀さんから「八木秀次執筆・監修 中学社会科教科書「新しいみんなの公民」を読んでと題して話がありました。・改正教育基本法の「公共の精神」「伝統の継承」「豊かな情操と道徳心を培う」「わが国と郷土を愛する」という観点に立つと自負・「国家に守られて生活する私」を強調し「個人」を軽視・国策に従うことの意義を強調・原発推進の立場・「神話の世界の天皇」から象徴天皇までの歴史を強調するなど日本を稀有な「独自の文明を持Dscn6850 つ国」として賞賛・大日本帝国憲法(明治憲法)を高く評価・日本国憲法の三大原理(主権在民、基本的人権の尊重、平和主義)を軽視・憲法制定過程をアメリカによる押し付けと一面化・憲法改正への誘導、などなどの点からこの教科書のねらいは「公に尽くす」スタンスから国策に対して従順に従う国民の育成をめざすものという説明が行われました。 さらに針谷氏は「国策にただ従順に従うことを求め、批判力を育てない教育では未来の主権者は育成できない」と述べ、・「個人を尊重する」ことを基点に基本的人権を尊重しながら平和主義を貫く未来の主権者を育てること・民主的に意見を交換できる能力を育てる・過去から謙虚に学び、より良い未来をめざす子どもたちを育成する・何が真実で何が大切かを考えることができDscn6851 る力を育てることこそ「公民教育」の目標です。と結論付けました。会では、教育勅語を暗唱させられ第二次世界大戦中、海軍に志願し九死に一生を得て生き延びた世代から、戦後生まれで「新しい道徳」などという教科書が初めて登場した経験を持つ世代まで幅広い参加者から活発な意見交換が行われました。針谷氏の余談から「東日本大震災で略奪も大きな混乱も起きなかったことに海外から日本人の規律正しい態度に賞賛の声が上がったことを八木氏が評価した発言に、八木さんは戦後の道徳教育はでたらめと評してきたが、今回の東日本大震災で示された日本人の行動は戦後の教育が正しかったことの証明、あなたの論理は矛盾しているではないか?」と質問したが八木氏は「立場が違うから」といって逃げていた。とセミナーでのやり取りも紹介されました。最後にこの会を「教科書問題を考える安中の会」として発足することを参加者全員で確認して閉会しました。なお高崎安中での教育委員会ではこれらの教科書を採択することはなかったようです。写真2,3,4は育鵬社の歴史教科書

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

草刈り奉仕(うすいの里・老人ホーム)

Dscn6809 特別養護老人ホームうすいの里(碓氷福祉会・猿谷佑康理事長)、小板橋俊一施設長(11年度から)で、恒例の草刈り奉仕があDscn6814 りました。毎年催される「納涼祭」の前に、地元九十九の社会福祉協議会支部(小林勇支部長(11年度から)が、2度にわたって施設内の花Dscn6818 壇や中庭、土手などの、草取り、草刈りを行っています。今年は、福島第一原発事故による東京電力の計画停電に当たってしまったたDscn6822 めに、納涼祭は中止になりましたが草刈りだけは実施しました。小雨の中朝8:00から10:00まで約20人ほどできれいにしました。中庭の草刈りをしていたらヒキガエルが出てきました。(5枚目)

Dscn6821 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »