« 議会報編集委員会で亀山市、蒲郡市を訪問しました | トップページ | 草刈り奉仕(うすいの里・老人ホーム) »

2011年7月31日 (日)

市民団体との裁判、上告の提起がありました

201171316_013 27日、第4回臨時議会が開かれ「上告の提起」が提案され「賛成多数」で可決成立し、裁判は最高裁判所で審査されることになりました。この裁判は、市内の地域づくり団体「未来塾(松本立家代表)」がフリーマーケットの開催をめぐって岡田義弘市長、ほか市の幹部と懇談したさい未来塾の一人が「眼を見て話をしろ!」などと、怒鳴ったことなどを、市長が市の広報に「談話」として載せたことが、団体の名誉が毀損されたと、市と市長を相手に平成19年12月、提訴したことが始まりです。一審では、棄却になり、団体が控訴していましたが平成23年7月13日、東京高等裁判所の判決は「本件談話を掲載した広報を市内全戸に配布した行為は未来塾の社会的評価を低下させるものと認める」と述べ、団体の主張を一部認め国家賠償法にもとずいて損害賠償請求額400万円のところ、80分の一、5万円を支払え、というものでした。 市側はこれを不服として最高裁へ上告したい、と訴えの提起を提案しましたが、もともと、この広報に談話を記載するということ事態、市長の独断だったことがあきらかで、団体側から市議会へ「談話を取り消し、反論させるようにという趣旨の請願」が出されたことがありましたが審議未了で結果が出されませんでした。 当日の本会議では日本共産党安中市議団から「最高裁は事実確認はせず、法的に妥当かどうかしか審査されない、結果はどうあれ発端は、談話で団体の評価を低下させたことは事実で裁判を早期にやめることを市民は望んでいるのでは、名誉毀損とは、事実はどうあれ行為によって相手の評価を落とすことが対象になるという、高裁判決を受け止める気は無いのか。」と質問し、「この問題は市民との協働を柱にしている「市の総合計画」にも逆行している。早期に和解することを市民は望んでいる。」として反対の意見を述べました。採決は、反対が日本共産党安中市議団2名、民主社民クラブ2名、民声クラブ2名の6名で、賛成多数(17名)で可決成立しました。 さて、市民の皆さんはどうお考えでしょうか。

写真は、7月13日羽田から福岡へ向かう途中上空から捉えた富士山

|

« 議会報編集委員会で亀山市、蒲郡市を訪問しました | トップページ | 草刈り奉仕(うすいの里・老人ホーム) »

市議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/52353630

この記事へのトラックバック一覧です: 市民団体との裁判、上告の提起がありました:

« 議会報編集委員会で亀山市、蒲郡市を訪問しました | トップページ | 草刈り奉仕(うすいの里・老人ホーム) »