« ジルダに妹?ジルダは警戒して威嚇 | トップページ | 23年度水防訓練、暑い中お疲れ様でした。 »

2011年7月 3日 (日)

88歳、竹内三郎さんの生涯、年金者組合でお話がありました。

Dscn6357 群馬県年金者組合安中支部(萩原博支部長)の誕生会があり、参加しました。選挙でのお礼のあいさつを行いました。参加された中でお元気で88歳の米寿を迎えられた竹内三郎さん(安中市磯部)が「私の生涯」としてお話をさDscn6349 れ、初めて竹内さんの歴史を知りました。竹内さんは1923年磯部に生まれ、太平洋戦争では「通信兵」として出征しましたが敗Dscn6362 戦で命を永らえ、その後信越化学工業に就職、労働組合活動のさなか、運悪く社内での事故で、顔半分を破損しましたが、手術が成功しかろうじて命を取り留めました。その後レッドパージを経て、磯部せんべい屋の弟子入り、しかし高度経済成長時代機械化の進展に伴って「手焼き職人」は要らなくなるところ、仲間を募って「磯部せんべい製造協業組合」を立ち上げ、苦難の末現在も組合長をしておられます。第一線は退いたものの、責任感は旺盛です。その他、趣味の書道も師範級。野菜作りも楽しみながら、日々元気にがんばっているということに会場参加者から、大きな拍手が送られました。会員から手作りの赤いちゃんちゃんこを贈られて、うれしそうに語る竹内さん、「磯部せんべい」の登録商標の件で裁判を勝ち取って今があると話す竹内さん。

|

« ジルダに妹?ジルダは警戒して威嚇 | トップページ | 23年度水防訓練、暑い中お疲れ様でした。 »

地域イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/52109198

この記事へのトラックバック一覧です: 88歳、竹内三郎さんの生涯、年金者組合でお話がありました。:

« ジルダに妹?ジルダは警戒して威嚇 | トップページ | 23年度水防訓練、暑い中お疲れ様でした。 »