« 春爛漫、ジルダも庭で存分に満喫しているようです。 | トップページ | 非戦の会で信州の旅へ、ちひろ美術館と田淵行男記念館など »

2011年5月 8日 (日)

憲法がめざす幸せの条件 憲法集会がありました。

2011502_012 第27回憲法記念日集会が群馬県民会館(ベイシア文化ホール)で5月3日開かれ、1600名の人が参加しました。第一部ではア2011502_014 トラクションで「友龍太鼓」(育英短期大学あばれんぼう太鼓OG)の皆さんの太鼓4曲、群馬保育合研合唱団の皆さんによる合唱2011502_020 「プロメテウスの火」の合唱などがあり、第二部では、「憲法がめざす幸せの条件-9条、25条、13条」、と題して東北大学名誉2011502_021 教授・医学博士・経済学博士、日野秀逸さんが約1時間30分にわたり講演してくれました。日野さんの話の中心は、軍事経済へ2011502_022 の傾きを許さず政府に日本国憲法9条と25条を守らせ、平和的に生存することを権利として叫んでいこう。財界や金持ちに取り2011502_023 込まれた自民党や民主党の政治から抜け出して、国民の立場に立った政治を選ぼう。日本は赤字だ、赤字だと政府、マスコミまで宣伝しているが実は「日本は今でも世界一の金貸し大国、黒字大国なんです。財政赤字を宣伝して『だから消費税の値上げは仕方ないのだ』と国民をだますための宣伝です。要は、お金の使い道を軍事や大型公共事業などに使わないで社会保障に使わせれば、平和の国が続けていけるんです」といった内容でした。集会では東日本大震災への救援カンパも訴えられましたが、32万円ほど集まったということです。

|

« 春爛漫、ジルダも庭で存分に満喫しているようです。 | トップページ | 非戦の会で信州の旅へ、ちひろ美術館と田淵行男記念館など »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/51613163

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法がめざす幸せの条件 憲法集会がありました。:

« 春爛漫、ジルダも庭で存分に満喫しているようです。 | トップページ | 非戦の会で信州の旅へ、ちひろ美術館と田淵行男記念館など »