« 体力のあるものが立って、震災復興に力を出して! | トップページ | 東邦亜鉛工場内視察、震災の被害を受けて3割の操業だとか。 »

2011年4月 9日 (土)

志位委員長、原発を語る。前橋で。

Dscn5744 群馬県の地方選挙の応援に、志位和夫日本共産党委員長が前橋にやってきました。東北関東大震災の中で、複雑な情勢の下での政治のあるべき姿を縦横に語ってくれました。特に原発に関して、福島第一原発の事故は人災です。とはっきり述べました。なぜなら昨年も日本共産党衆議院議員の吉井英勝さんが「地震、津波が来て、停電、自家発Dscn5722 電、予備電源の破壊、さらに他地区からの送電が止まったら、きわめて深刻な事故になる。」と国会で追及してきたのですが、「そういう論理は成り立つが、事故はありえません」と答えていたとのことです。その追求Dscn5723 が現実のものとなり、いつ収束するのかさえわかりません。原発は根源的に未完成で危険を伴うもの、という理念を忘れていた人災です。これからの社会のあり方も、原発とあわせて考え直すときです。政治でも環境でも科学的なものの見方ができる日本共産党の躍進が期待されてます。

|

« 体力のあるものが立って、震災復興に力を出して! | トップページ | 東邦亜鉛工場内視察、震災の被害を受けて3割の操業だとか。 »

選挙・政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/51339406

この記事へのトラックバック一覧です: 志位委員長、原発を語る。前橋で。:

« 体力のあるものが立って、震災復興に力を出して! | トップページ | 東邦亜鉛工場内視察、震災の被害を受けて3割の操業だとか。 »