« 薩摩琵琶を聴きました。忙中閑あり、雲門寺が会場。 | トップページ | 9回目の当選!公約実現でがんばります! »

2011年4月13日 (水)

日本共産党の救援本部に寄せられた、救援物資を福島へ送りました。

2011412_012 戦後最大の大地震、東日本大震災による避難者は、18の受け入れ都道府県で、2,274カ所の避難所に142,800名もおられるということです。群馬県では57箇所、2,810人となっています。安中市には、今のところ41名ほどが松井田町にある「いこいの家」、安中市秋間、遠丸の市営住宅などに住まわれています。その他㈱東邦亜鉛では、小名浜工場から80名ほどの家族が避難されているようです。  日本共産党安中市議団では、救援本部に寄せられた物資を12日朝、富岡インターで、他の団体からの物資と積みあわせで福島市の避難所に向けて送りました。トラック一台とワゴン車一台、富岡からの3人と、山口さとる議員が応援に出向きました。磯部温泉煎餅組合(竹内三郎代表)から提供された大箱20個の磯部煎餅も積み合わせました。避難所の皆さんにおいしく食べていただけるでしょう。写真、左が救援に出かけた山口覚議員、右は議員団長の桜井ひろ江議員

|

« 薩摩琵琶を聴きました。忙中閑あり、雲門寺が会場。 | トップページ | 9回目の当選!公約実現でがんばります! »

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/51377427

この記事へのトラックバック一覧です: 日本共産党の救援本部に寄せられた、救援物資を福島へ送りました。:

« 薩摩琵琶を聴きました。忙中閑あり、雲門寺が会場。 | トップページ | 9回目の当選!公約実現でがんばります! »