« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月23日 (水)

3月定例議会が閉会。一般質問が中止に、自粛?おかしいよね!

08213_019 2月28日から開かれてきた安中市議会が22日、閉会となりました。23年度一般会計予算案などに対する討論があり、日本共産党安中市議団では、一般会計、国民健康08213_023 保険特別会計、後期高齢者医療事業特別会計、上水道事業会計などで反対討論を行いました。「2011.3.22.doc」をダウンロード ところで、今回の一般質問が16,17日に予定されていましたが、16日の朝になって田中伸一議長から「東北関東大震災の影響が燃料不足、計画停電などで現れているということで、他の会派から一般質問を自粛したらどうかとの意見が出ている、日本共産党さんも考えてほしい」との申出がありました。この日は午前中計画停電があり、開会は午後1時となっていました。質問通告者は11名で、一人40分の持ち時間で2日間あれば停電があっても予定通り実施できる余裕がありました。 安中市議団では「たしかに東北関東大震災で、被災された皆さんにはお気の毒だが、幸い市内には大きな被害もなかった、市民の意見や要望をたくさん承っているし、一般質問は議員の義務でもあると考えているので自粛するわけには行かない。他の会派が自粛するというのは、とやかく言わないが安中市議団としては予定通り質問させていただきたい」と回答しました、午前中から議会運営委員会が断続的に開かれ、他会派からは「こんな事態なのだから、足並みをそろえてやめたらどうか」などと日本共産党安中市議団に対して言って来る会派もあり、どこの会派も予定通り行いたいとする会派はありませんでした。さらに「日本共産党安中市議団は、残り時間で割ると一人20分しかないが、それでも質問する気なのか?」などと議長からも問い合わせがあり、私たちは「たとえ20分でも可能な限り行います」と答えましたが、そのうち、午後になって震度3ほどの余震が起きたのを幸いに「本日の会議は延会したい」などと議長からの提案で、会議ができなくなってしまいました。最後の議会運営委員会では「17日の残りの時間を、11名で割ると、12,3分でしかなくなる。それでも充分な回答を得られる質問になるのかどうか、会派で明日までに再度協議していただきたい、などと安政の会などから提案されました。翌日になり、安中市議団としても検討した結果、13分くらいではまともな質問も回答も得られない。と判断し、やむを得ず取り下げを行いました。中止を決めた本会議ではある議員から「こんなときに禍根を残さなくて、よかった!」などと呟きが聞こえました。この東北関東大震災がおきて以来、区長会や民生委員協議会など各非常勤特別職などは連日にわたり、被害の調査取りまとめや一人暮らし高齢者などの安否確認などに奔走されていました。それぞれに職務に専念されていたのに、議会議員の職務を放棄し、遠い街の災害を理由に、一般質問を放棄させたことはまさに、「議員の職務を放棄した」という禍根を残したのではないかと悔しい思いが残った議会でした。市民のみなさんはどうお考えでしょうか。写真、五料茶屋本陣の雛人形展27日まで開かれています。(写真は08年のもの・下の古い享保雛は、金井久男が寄付したもの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

海外からお見舞いメールも がんばろう東北、関東 

2011315_004今回の地震による東北関東大震災のニュースは、直ちに世界中を駆け巡っています。私のところにもニュージーランドのネル1 ソン夫妻、かつて安中ユネスコで英会話講師をしたことがあるナオミさん、私の家でホームステイをしたことがあるインドネシアの013 アニさんらからお見舞いのメールが届きました。「2011.3.11.doc」をダウンロード  世界中の皆さんが、日本の災害を心配し、見守ってくれています。必ず復興させ、元のような町や村を築きなおしましょう。がんばろう東北・関東!! 日本共産党安中市委員会も「東北関東大震災救援対策本部」を立ち上げました。私も 2004年の新潟中部地震災害のときは、カンパや救援物資を持って2度長岡市、川口町に行ってきました。

写真2、長岡市の救援本部、3、川口町中学校前の仮設住宅で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

卒業式と閉校式、二つの学校行事

2011313_025 3月は別れの季節です。第49回安中市立松井田東中学校の卒業式が、11日に行われ参2011311_011 加しました。男子25名、女子20名の卒業式でした。私のときは、まだ統合する前でしたが東中学校九十九教場という分校場でも、2011311_019 78名が卒業しました。全体ではその3倍くらいいたのでしょうか。少子化が確実に進行しています。 議長の代わりに祝辞を述べ2011311_021 ました。そ2011313_021 の後13日は、安中市立上後閑小学校の閉校式でした。明治6年、満行寺ではじめられた「後閑西小学校」が創立で、その後いく度2011313_014 かの変遷を経て、現在の上後閑小学校となったのが昭和33年だそうです。思いで深いのは昨年の2月、同校を訪ねた折に、たまたまお会いしたのが故高橋栄一先生でした。92歳でしたでしょうか、英語の先生で地域はおろか市内でも有名な、気骨がありそしてユーモアを兼ね備えた、親しみのある方でしたが私がお会いした1週間後に、入浴中に心臓発作を起こしてお亡くなりになってしまいました。松井田町国際交流協会の会員でもあり、戦争体験談にもお世話になった方でした。そんな思い出を紐解きながら在校生7名の歌やハンドベルの演奏を聞かせていただきました。地域から学校が無くなることはさびしいことです。写真2,3,4は東中卒業式、1,5,6が上後閑小学校の閉校式です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

東北関東大震災で東北、関東地区で未曾有の被害

2011315_003 3月11日、午後2時46分に発生した東北関東大震災は、今日現在で死者2600人、行方不明15,000人を超すと見られる大災害になりました。被災された方々に対して心からお見舞い申し上げます。マグニチュード9.0という世界の震災の中でも4番目に大きいとか。特に災害を大きくしたのは、津波、それに今現在、どうなるのかはっきりわからない「原子力発電所」の影響など、大変な災害になってしまいました。今は、不明者の救出と被災者への支援が急がれています。安中市でも、14,15日と議会全員協議会が開かれ、市内の被害状況が報告されました。それによると屋根瓦の破損が旧安中で69件、旧松井田町で24件確認され(被災者には条例を敵用し一件当たり、5,000円の見舞金を支給する)、けが人は高齢の女性が2人骨折と頭部の打撲などで搬送されたようです。その他停電による、病2011315_005 人の転院や、もう少しで断水にいたる危機になった上水道管理などが報告されました。 今日の報告はほとんど東京電力による「計画停電」措置にかかわる対応などが報告され、燃料などの供給不足が生じた場合、碓氷病院、すみれが丘聖苑、クリーンセンターなどの生活に直結した事業継続を優先するために、恵みの湯、老人福祉センターなどを一時閉鎖することを予定していることも報告されました。日本共産党安中市議団と市委員会は、「東北関東大震災に関する要望について」として、岡田義弘市長に対して2項目で要望書を提出しました。中味は、一人暮らし高齢者約1,900世帯のうちで被災者には、ブルーシートの購入や被覆作業などにも配慮すること、暖房設備のない方には石油ストーブや湯たんぽの手配、優先的な灯油の確保などをするように求めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

3月議会が始まっています。予算審査、一般質問など。今期最後の議会です。

2011303_001 2月28日から「定例議会」が始まっています。平成23年度予算をはじめ30件ほど議案が提出されています。詳しい日程、信越本線年度事業の主なものはニュース資料でご覧ください。「17311.2.27.doc」をダウンロード 2011303_018  写真、3日に「原市保育園」の落成式がありました。床面積829.27平方メートル、総工費3億7000万円(信越アステック)、屋根には安中市では公共施設で初めて「太陽光発電用パネル」が取り付けられました。(40Wの蛍光灯が45本分まかなえるということです)(定員150名)、2011303_013 厨房には「IHの調理器」、病後児保育室なども完備しています。

2011303_015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた松井田町で火災、2棟が焼失。気をつけたいものです。

2011305_001 5日、7:00ちょっと前に、防災無線が鳴り出しました。またまた松井田町内に火災発2011305_006 生です。無線は郵便局東と伝えていましたが実際は、松井田小学校南、歩道橋のす2011305_010 ぐ下の「お菓子屋さん」から火が出て、隣の民家に燃え広がったようです。二階の寝室は火の気が無いので、原因は漏電ではな2011305_011 いかといわれています。おりしも「春の火災予防運動」期間中でした。それにしても松井田町商店街ばかり、なぜ火災が起きるのでしょうか。「火の元」をしっかり確認したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »