« 海外からお見舞いメールも がんばろう東北、関東  | トップページ | 体力のあるものが立って、震災復興に力を出して! »

2011年3月23日 (水)

3月定例議会が閉会。一般質問が中止に、自粛?おかしいよね!

08213_019 2月28日から開かれてきた安中市議会が22日、閉会となりました。23年度一般会計予算案などに対する討論があり、日本共産党安中市議団では、一般会計、国民健康08213_023 保険特別会計、後期高齢者医療事業特別会計、上水道事業会計などで反対討論を行いました。「2011.3.22.doc」をダウンロード ところで、今回の一般質問が16,17日に予定されていましたが、16日の朝になって田中伸一議長から「東北関東大震災の影響が燃料不足、計画停電などで現れているということで、他の会派から一般質問を自粛したらどうかとの意見が出ている、日本共産党さんも考えてほしい」との申出がありました。この日は午前中計画停電があり、開会は午後1時となっていました。質問通告者は11名で、一人40分の持ち時間で2日間あれば停電があっても予定通り実施できる余裕がありました。 安中市議団では「たしかに東北関東大震災で、被災された皆さんにはお気の毒だが、幸い市内には大きな被害もなかった、市民の意見や要望をたくさん承っているし、一般質問は議員の義務でもあると考えているので自粛するわけには行かない。他の会派が自粛するというのは、とやかく言わないが安中市議団としては予定通り質問させていただきたい」と回答しました、午前中から議会運営委員会が断続的に開かれ、他会派からは「こんな事態なのだから、足並みをそろえてやめたらどうか」などと日本共産党安中市議団に対して言って来る会派もあり、どこの会派も予定通り行いたいとする会派はありませんでした。さらに「日本共産党安中市議団は、残り時間で割ると一人20分しかないが、それでも質問する気なのか?」などと議長からも問い合わせがあり、私たちは「たとえ20分でも可能な限り行います」と答えましたが、そのうち、午後になって震度3ほどの余震が起きたのを幸いに「本日の会議は延会したい」などと議長からの提案で、会議ができなくなってしまいました。最後の議会運営委員会では「17日の残りの時間を、11名で割ると、12,3分でしかなくなる。それでも充分な回答を得られる質問になるのかどうか、会派で明日までに再度協議していただきたい、などと安政の会などから提案されました。翌日になり、安中市議団としても検討した結果、13分くらいではまともな質問も回答も得られない。と判断し、やむを得ず取り下げを行いました。中止を決めた本会議ではある議員から「こんなときに禍根を残さなくて、よかった!」などと呟きが聞こえました。この東北関東大震災がおきて以来、区長会や民生委員協議会など各非常勤特別職などは連日にわたり、被害の調査取りまとめや一人暮らし高齢者などの安否確認などに奔走されていました。それぞれに職務に専念されていたのに、議会議員の職務を放棄し、遠い街の災害を理由に、一般質問を放棄させたことはまさに、「議員の職務を放棄した」という禍根を残したのではないかと悔しい思いが残った議会でした。市民のみなさんはどうお考えでしょうか。写真、五料茶屋本陣の雛人形展27日まで開かれています。(写真は08年のもの・下の古い享保雛は、金井久男が寄付したもの)

|

« 海外からお見舞いメールも がんばろう東北、関東  | トップページ | 体力のあるものが立って、震災復興に力を出して! »

市議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/51199721

この記事へのトラックバック一覧です: 3月定例議会が閉会。一般質問が中止に、自粛?おかしいよね!:

« 海外からお見舞いメールも がんばろう東北、関東  | トップページ | 体力のあるものが立って、震災復興に力を出して! »