« レイテ沖海戦を語る、内田宇吉さんの話を聴きました。 | トップページ | 九十九小学校運動会、18日は暑かったよね。 »

2010年9月30日 (木)

夢二記念館を訪ねました。60歳の誕生日

201092526_001 昨年が竹久夢二の生誕125周年でした。伊香保温泉に夢二記念館があるのは知ってい201092526_007 ましたがまだ行ったことがありませんでした。誕生日のお祝いに伊香保を訪ね、「大正ロマンの森」「竹久夢二記念館」をじっくりとみてきました。夢二は、明治17年、岡山県で生まれ、ここ群馬の榛名山一帯が気に201092526_036 入っていて、榛名湖畔にはアトリエも作っていました。伊香保にも、数多く滞在して絵や詩を作りました。記念館には夢二が残した膨大な作品のごく一部が展示されていましたが代表作で恋人の「彦乃」を描いた「黒船201092526_054 屋」は、年に2週間だけの公開でしかも予約制だというので見逃してしまいました。またの機会にします。夢二は大正期の小説、絵本、雑誌などあらゆる本の挿絵も描いたり、封筒、便箋、広告、着物の図案など広くその才能を発揮した画家であり、詩人でもありました。「宵待ち草」(まてどくらせどこぬひとを宵待ち草のやるせなさ、今宵は月も出ぬそうな)が有名ですが、一説には「当時無実でありながら権力の弾圧に倒れた、幸徳秋水事件を嘆き、この歌を作ったともいわれているようです」記念館では狭いホールで前橋のピアニスト安達淳一さんがピアノを弾いて生徒の内田栄子さんがこの歌を歌っていましたが、最後に20人ほど、みんなで一緒に歌いました。夢二は最初の奥さんに先立たれたあと、一回りも違う彦乃と愛し合うようになりましたが、周囲から反対され、榛名山を後景に彦乃をモデルに多く描いています。病弱だった彦乃(管内に写真も展示されている)の、繊細な美しさが多くの絵に永遠にのこされました。緑陰の中の静かな記念館です。写真1、記念館の前庭コケが美しかった。2、記念館入り口、3、夢二のアトリエから見た榛名富士、4、パンフレット

|

« レイテ沖海戦を語る、内田宇吉さんの話を聴きました。 | トップページ | 九十九小学校運動会、18日は暑かったよね。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/49603113

この記事へのトラックバック一覧です: 夢二記念館を訪ねました。60歳の誕生日:

« レイテ沖海戦を語る、内田宇吉さんの話を聴きました。 | トップページ | 九十九小学校運動会、18日は暑かったよね。 »