« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

新たなALTを迎えて、日本語教室もスタートします。

2010830_006_2 3人の新しいALTが赴任しました。Colleen(コリーン)は家族が香港から移住してきたカナ2010830_001 ダ人、中国語、韓国語、フランス語などが話せます。Jennifer(ジェニファー)は、英国系カナダ人、Claire(クレア)も英国系、以前2010830_004 関西大学に留学の経験があり、日本語も「冗談」を交えて話せます。3人とも日本語の教育を受けたことがある女性たちで、日本の文化や習慣にとても興味があるようです。MIA(松井田町国際交流協会)として、彼女らの支援ができればよいと思っています。とりあえず来週からそれぞれマンツーマンで日本語の勉強を見てやることになりました。今日はそのための打ち合わせでMIAの役員が集まりました。写真1、中段左からコリーン(安中2中)、一人おいてジェニファー(松井田の東西南北中)、クレア(安中1中)、日本語の先生は、小井戸さん、高木さん、久我さんに見てもらうことになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

夏の田畑。やっと穂が出たヒトメボレ、でも害虫が。

2010822_003 これまでで一番暑い夏、になるかもしれません。毎日真夏日、昨日の館林は38.8℃で全国一番。適度な雨があって野山は草の 2010822_008 天下です。我が家の田んぼも、やっとヒトメボレの穂が出始めました。ところが田のなかに入ってみると稲の葉がまるめられてツ2010822_007 トになっているのが目立ちます。これは普通「葉まくり虫」といいますが本当の名は「稲ツトムシ」幼虫が葉を食べてさなぎにな2010822_012 り「イチモンジセセリ」というかわいい蝶になるのです。でも幼虫の食害によって稲の収穫に大きな減収をもたらします。苗の時期2010822_013 に農薬を散布しなかったので大発生したようです。しかたないので一度だけ消毒しました。治まってくれれば良いのですが、残暑2010822_017 がある分だけ今年の稲作は豊作が見込まれています。家は近辺で一番遅く植え付けしたので残暑はありがたいです。さて畑はというと、ジャガイモ、スイカ、トウモロコシ、キュウリが終わりましたが、今元気なのはナス、とゴーヤ、特にゴーヤはたった一本だけしか植えないのに、その実りのすごさ!土が合っているのでしょうか?とても食べきれず近所におすそ分けしています。畑の片隅にはいつごろからか解りませんが鳥が運んできた「洋種ヤマゴボウ」の木が実を付け始め、小鳥がついばんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

日本国憲法のすばらしさを広めましょう。国民投票法を考える講演会

017 「憲法を変えて戦争に行こう!」という世の中にしないために「国民投票法」について考え020 る、講演会が21日、安中勤労者会館で開かれました。主催は「碓氷安中九条の会」です。講師は、元高校教師、針谷正紀さん(教育ネットワークぐんま事務局長、高崎健康福祉2010821_005 大学非常勤講師、群馬県卓球ベテラン会理事長)で、約2時間、お話を聞きました。針谷さんは自ら卓球の県大会を主催している、元社会2010821_008 科教師です。針谷さんは、国民投票法がすでに平成19年5月18日に公布されていること。自民党が結党以来、日本国憲法の改正を目標にしていること、そのなかで3年前、「憲法改正を宣言して」登場した、安倍晋三元首相の代に、強行採決をして成立させた法律であるが、その後の国会の状況は関連する多くの法律はまったく成立していないために、3年後の今年、平成22年5月18日、法律は施行されたものの、実行に移すことは容易ではないこと。しかし注意することは、読売新聞をはじめマスコミをほとんど右傾化させてきた「憲法改正勢力」は、虎視眈々と改正を狙い、政権交代した後もいまの民主党の中でも「楽観できない動きを注意深く見守り」 今こそ「われわれが日本国憲法の良さ、優れている点を広く国民の間に知らしめること、隣の人に憲法を語りましょう」と訴えました。 憲法というのは、極端に言えば「私たちは守らなくてもいい、99条にあるように、この憲法は天皇を始め、国会議員、公務員に守らせるもの」なんです。そのためにも憲法9条、13条、25条、99条などが決定的に大事なんです。と明快に、日本国憲法の捉え方を示してくれました。 日本のマスコミの世界は「官房機密費」によって、権力の思うままに操られているのでしょうか?そういわれれば、選挙報道や政治討論会などでも「本音や核心部分を鋭く突く、日本共産党の政治家などを、できるだけ排除しているように思えてなりませんが」テレビや5大紙などは要注意ですね。しかし、5年前に日本の9人の著名人、井上ひさし、大江健三郎、らが呼びかけて全国に広がった「9条の会」の活動は国民をはげましています。そうは簡単に日本の平和を崩させません! 写真1、2、05年7月30日、有明コロシアムで開かれた1万人の「9条の会講演会」、安中からバスで参加しました。3,4は当日の様子、金井久男議員は司会を担当しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

盆。日本の風物詩、あれこれ。

2010814_002 盆は日本の年中行事のなかでも最大のものでしょうか。各地でさまざまな行事が取り組まれます。亡くなった先祖や身近な人の2010814_006 魂に触れることができる日として広く日本人の心のよりどころの行事です。今は、昔と比べれば格段に慣習も簡略になっています2010814_014 が、それでも大筋ではしきたりが続けられています。私も、父がやったようにはとてもできませんが、茅(ちがや)で縄をない、竹2010814_019 を飾り、墓参り、迎え盆、送り盆などひととおりにはやっています。妻はもち米を炊いてぼた餅を作ります。夜ともなれば盆踊り、2010814_023 今はふるさと祭り、金魚すくいやかき氷などに子どもたちが夢中になるのは今も同じです。そして最後は磯部の花火大会、今年は親戚の家の3階ベランダでビールをいただきながら遠花火を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

あ、いたっ!ハチに刺された!一作年はマムシ騒動。

2010811_001 今朝は涼しそうだったので朝から隣家との間の草退治、ほぼ終えたので三宝柑の枝おろしを始めたとたん、「チクリ!」左目の2010811_008 脇を、あしなが蜂に刺されてしまいました。シャワーを浴びてすぐに碓氷病院へ飛んで行き治療をしてもらいました。幸い、一箇所2010730_002 だけ、しびれもわずか。アレルギー予防の注射をして、薬は今飲んでいるので大丈夫です。と「痛み止め」などの薬は出しません2010730_005_2 でした。考えてみると、一昨年の昨日は、妻が「マムシ」に咬ま2010730_009 れた日、3日間の入院した日です。看護師さんのいうには「今どきは、草取りや墓掃除でハチに刺されて、来る患者さんが多いんですよ」とのことでした。自家野菜は毎日豊作で食べ切れなくて、友人におすそ分けしています。今年のスイカは珍しく、7個もできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

原爆忌65周年、記念式典に初めて国連事務総長も出席(今年はTVで)

Hiroshima_summer_022 アメリカ軍によってヒロシマの市民の上に「原爆」が投下されて65回目の記念日がやってきました。一瞬にして14万人が、その後2010731_003 の後遺症で6万人が、たったひとつの原子爆弾のために命を落としました。慰霊碑に納められた犠牲者の名簿は27万に達しまし た。そしてまだまだ原爆症に苦しめられている2010731_002_2 人たちが悲痛な思いで訴えているのが、「核兵器の廃絶」です、そのために8月6日の平和祈念式典が開かれています。今年2010731_010 は被爆65周年、テレビの前で黙祷しましたが、初めて潘基文(パンギブン)国連事務総長が参加し、「被爆者が生きている間に核兵器廃絶の日を迎えよう」2010731_013 と、あいさつしました(NHKは中継しませんでした)、その前に平和宣言を読み上げた秋葉忠利広島市長は「日本が核の傘から脱却し、核廃絶の先頭に立つよう」求めましたが菅直人総理大臣は「引き続き核抑止力が大事だ」などと述べ、被爆者の顰蹙を買っています。 菅さんも、野党のときに言っていたことと総理になってからの言い分がまったく変わってしまったようです。自民党がやってきたことを変革してくれると思って「民主党」に期待した国民は「なんだやっぱり自民党と同じじゃないか」と失望しています。この総理も長くは続けられないでしょう。 さて、碓氷安中原水協(中嶋昇太郎理事長)では、12回目の原爆写真パネル展を松井田支所ロビー、安中総合体育館ロビーで開催しています。是非ご覧ください。8月15日までです。写真1, 4年前にネルソン夫妻を連れてヒロシマを訪ねた記念、2,3は安中体育館、4,5は松井田支所ロビーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

土地改良で農業経営も大幅に改善しました。小日向地区で祝賀会。

2010725_009 松井田町では古くからの穀倉地帯、おコメのたくさん取れる地域で、15年にわたる「基盤整備事業」が完成し、7月25日、記念碑2010803_007 の除幕と祝賀会が催され、出席しました。「県営田園空間環境整備事業」といって、土地改良、道路整備、住民センター、農村公2010803_006 園、次、三男宅地確保、宅地開発、排水処理事業などと複合的に用地確保をはじめ、環境整備が図られました。関係者が1602010803_010 人、耕地面積が約37ヘクタール、総事業費は約11億円をかけて、見違えるように快適な地域になりました。序幕式典、には県、市 行政関係者をはじめ地元の関係者が大勢集まってお祝いをしました。

2010803_011_2 2010803_012

2010803_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

うすいの里の納涼祭。にぎやかに。

2010730_002 特別養護老人ホーム「うすいの里」(猿谷佑康理事長)で恒例の納涼祭が30日行われました。毎年夕立に見舞われるのです2010730_008 が、この日は幸い雨にはあわず、玄関前の広場で夜までにぎやかに開かれました。「上州峠太鼓の演奏」「フラダンス」「ホーム2010730_014 職員たちの舞踊」「地区婦人会の踊り」などなどが次々に披露され、入所者やデイサービス利用者の家族の皆さんの憩いのひと時2010730_015 となりました。昨年から峠太鼓に加わっているカナダからのALT,アンディ(andrian)も日本での最後の演奏に汗を流していました。彼女は8月5日に日本を起ち、3ヶ月間インドへ渡り、ボランティアで英語の教師をすると言ってました。これまでのALTのほとんどは任務を終わった後も必ずといってよいほどボランティアをしたり、もう一度大学に戻って勉強をする子が多いようです。日本人のように、夢中になって就職活動をすることはないようで、民族性なのか?、日本人に夢がないのか?解りませんが日本の若者も、もっと世界に向けて夢を持って欲しいものです。写真:2、先頭で太鼓を打つアンディ、3、最後のツーショット、4、職員による舞踊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »