« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月26日 (土)

いよいよ参議院選挙、市田忠義書記局長高崎駅東口で語る。

2010625_011 2010625_007 6月24日、参議院選挙が公示されました。25日には、日本共産党書記局長市田忠義さんが高崎駅東口で、日本共産党への支持を訴えました。比例代表区候補者 大門実紀史さん(現)と群馬選挙区の店橋せつ子さん2010625_014 (新)があいさつしました。市田さんは「消費税増税10%にするなんてとんでもない。貧しい人に重い消費税は上げてはいけない。まして法人税減税に9兆円も必要となれば、消費税4%分が消えてしまい、とても福祉、医療などには回りません。日本の大企業法人は、世界に比べて低い税と社会保障費で優遇されています。(法人税40%といいながら実際はソニーは12%、住友化学は16%、パナソニックは17.6%しか法人税を払っていない)、不労所得の株式の売買など配当所得などには、法律では20%課税となっていても10%に負けてやっている。こういうところをまともに払ってもらうだけで民主党の「事業仕分け分」などすぐに出てくる。負担能力のあるものに減税してやっていては庶民はたまりません。この10年で勤労者所得は10%下がったのに、大企業の内部留保資金は約2倍に増えている。設備投資もないから景気も良くならない。溜め込んだ埋蔵金を勤労者の所得に還元すべき、そうすれば消費が増え景気も良くなる。「消費税上げろ、法人税下げろ」は財界の要望なんです。普天間基地の問題で「沖縄の県民は同意はしない。基地は無条件で撤去し、アメリカ本土のどこかへ移転するしかないだろう」と、アメリカ国防省にいって意見を伝えたのは日本共産党の志位委員長だけ。嘉手納市長は、「志位さんがアメリカにはっきり言ってくれた事が一番ありがたい」と述べています。」など「財界でもアメリカでも、はっきり物が言える日本共産党を応援してくだい。」と訴えていました。聴衆は約500人ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

今年の田植えは、人任せでした。

2010621_001 2010621_009 今年は体調がまだ思わしくないのと、議会とが重なって、思うように農作業が進みませんでしたので、代掻きだけは何とか自分でこなしましたが、田植えは自信がなかったので義兄にお願いしました。3日間かけて約302010621_006 アールの田んぼの代掻きを済ませて、田植えは21日、一日で済ませることができました。3年ほど前に買った義兄の乗用型の田2010621_015 植え機ですが、4条植えですので私が歩行型2条田植え機とは、格段の差があります。周辺ではもうほとんどの農家が田植えが終2010621_017 了していますので、私の田が最後でした。でも隣の家と私の従兄弟の家とが同じ日に終えることができました。後は、夏の天候が順調なことを祈るだけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

大山亜紀子さんリサイタル。すばらしい歌声に魅了されました。

2010613_008 安中市文化協会松井田支部(かつては松井田町文化協会)(清水正之支部長)の結成20周年記念の事業でソプラノ歌手の大山亜紀子さんのリサイタルが松井田文化会館で行わ2010613_004 れました。大山さんは以前、松井田町のコーラスグループを指導していたことがあり、その縁で、松井田町新春コンサートなどで、幾度かこのステージで歌ったことがありましたが、私は4,5年ほど前に2度目に聞いたとき、それまでのイメージがまったく変わりました。格段に上達していたからです。その後は、目覚しい成長を遂げ、東京の舞台などで活躍され、昨年は東京文化会館で「蝶々夫人」の役も立派にこなしたようです。この日は約400名の観客の前で、「砂山」など日本歌曲を7曲、その他イタリア歌曲4曲、ベッリーニ作曲オペラ「ノルマ」のアリア、『清らかな女神よ』とマスカーニ作曲オペラ「イリス」のアリア『私は悲しく恐ろしい夢を見た』などを歌い上げました。アリアを歌う場面では、この日初めてのシルクのドレスに身を包み、堂々と歌い、盛んな拍手、ブラボーの声援を送られていました。8月15日には、テレビ『題名のない音楽会』に出演されるそうです。ピアノは高木由雅(たかきゆか)さん、福岡県出身。写真花束を送られあいさつする大山さん。冒頭であいさつした清水支部長さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

デジタル案内板でお客さんを呼び込みましょう。磯部駅で式典が開かれました。

2010605_010_2 2010605_018 総務省ユビキタス事業の中の「地域情報通信技術利用推進事業」で3,800万円の補助金を受けて始める事業です。大型のデジタル案内板(磯部駅、安中駅、横川駅と富岡製2010605_020 糸場に設置)をゆびでタッチするとそれぞれの地域周辺の施設が、観光、宿泊、体験、食事、買い物などの案内が画面に出てきます。散歩のコース案内や季節のお祭り、イベントの紹介なども見ることができ、次はどんなコースで歩いてみようか?などと楽しめるようになっています。又、オサイフケータイつき携帯電話で、案内情報が取り込めて案内を見ながらる歩くこともできます。これを進めたのは「安中市地域活性化協議会(武井宏安中商工会長)」で、これから同じパネルを高崎や東京に設置して、見た人たちが安中、富岡へ観光に来てくれるようになるといいのですが。と記念式典のあいさつで述べました。その後、磯部駅と富岡製糸場を結ぶシャトルバスの運行開始に当たって、出発式典が行われ岡野光利富岡市長や岡田義弘安中市長など約100名の関係者でお祝いが行われました。これを機会に両市の入り込み客が増えてくれれば良いと思います。写真:1、磯部駅待合室におかれたタッチパネルの除幕式、2、シャトルバスの出発式テープカット、3、温泉会館で行われた記念式典であいさつする武井会長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

市政報告会に110名が参加。またも鳩山内閣政権投げ出しの後。

2010604_001 またまた総理大臣が任期途中で政権投げ出し、ということになりました。昨年の鳩山政権誕生の時期は、70%もの支持率があったのに今や20%を切る所まで落ち込んだからで2010604_005 す。理由は、公約違反の数々、普天間基地移設問題で「アメリカとの同意を先に沖縄の住民を後回し」に「県内移設」を押し付けた、ことなど完全に「沖2010604_007 縄」の県民を裏切ったこと、政治と金の問題、などと自ら退任を決断したようですが、「国民が聞く耳を持たなくなった!」とは?  2010604_009 国民からしたら「鳩山総理が国民の聞く耳を持てなくなった」から見放したのではないでしょうか? 報告会の冒頭で、そんなことを話しました。さて、当日は110名ほどの皆さんが参加してくれて盛り上げることができました。私の報告は、「1064.doc」をダウンロード の内容でした。(8分)、桜井ひろ江議員が12分、山口覚議員が10分、それぞれの活動と来春に向けた決意を語りました。参議院群馬選挙区予定候補のたなはしせつ子さんは、国政を変えるためにアメリカにも財界にも堂々とものが言える日本共産党の躍進を訴えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

野鳥のさえずり、ガビ鳥が増えてきて、にぎやかな初夏です。

2010531_001 近年、「ガビ鳥」という鳥が増えてきていませんか。 この2010531_003 近辺でも特に鳴き声を頻繁に聞くようになりました。私が子どものころには、あまり聞いたことがありませんでしたから、気候変動の2010531_004 影響もあるのでしょうか。ホトトギスは、この近辺では毎年決まって5月20日、か21日には初鳴きが聞こえます。「トッキョキョカキョ2010531_005 ク」「テッペンカケタカ」などという聞きなしがあり、地方によって、いろんな聞こえ方があるようです。うぐいすの「ホーホケキョ」だけは、全国共通のようです。 ※このブログは書き直しました。イカルだと思っていたのが「ガビ鳥」という中国からペットとして輸入された鳥が自然に放たれて急速に繁殖しているのだそうです。まちがいを訂正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

大道寺駿河守政繁公の末裔が松井田城と墓地を訪問。親子と会談しました。

2010528_005 松井田城は、後北条氏の西の守り、として関東平野の最西端、碓氷峠のふもとに広がる約75ヘクタール、難攻不落を誇った戦2010528_002 国時代最晩年の山城として有名です。1590年秀吉の小田原攻めに合わせて、西からの連合軍、武田、上杉、前田、真田軍など0917_009 に包囲され4月20日に落城したと記録にのこります。連合軍3~4万に対して3~4千の軍勢で一ヶ月持ちこたえたと09113_010 の記録にあるように、堅固な城だったようです。城主だったのが、大道寺駿河守政繁で、川越城と兼務だったと言われています。410年前に川越で切腹させられたということですが、墓は新堀の補陀寺にあります。このたび、名古屋から大道寺駿河守政繁の末裔だと言う親子が松井田町を訪ねてこられ、面談しました。落城後、子孫の一人が三重県の山奥に隠遁、名を替えて3代ほどすごした後、岐阜県へ移ったそうです。その後、松井田町へこられた方の先々代が1期、衆議院議員を務めたことがあったそうです。三重県の山中で暮らしていた時代に、先祖の文書などを残されていたため、いつかは大道寺駿河守政繁の城跡を訪ねたいと願っていたそうで、お二人は、宿の方の案内で城址へ登り、墓参りもされて、長年の思いがようやく実現したと喜んでおられました。私の祖先も城の家臣録、に載っている「寄騎 金井佐渡守」といわれ、3000石の扶持だったそうです。そのためか、今でも城址の本丸跡で他の4戸の「無量寺檀家」とともに正月13日に、「虚空蔵菩薩」の祭典を続けているのです。いずれにしても縁のある方と、思いがけずに会えてお話ができたことを、うれしく感じました。写真:宿舎の「まついだ森の家」で、中がお母さん、右が娘さん、2:補陀寺にある墓所、3:城址に建てられた大道寺駿河守政繁の石碑(場所が違っています、ここは安中城の出城でした)4:虚空蔵菩薩を祭る祠(09,1撮影)、本丸あとの物見やぐら跡(本来この場所に石碑はあるべき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »