« 補陀寺(Hodaji temple market)の市を覗いて見ました。 | トップページ | セカンドオピニオン(second opinion)を聴くために井上病院を受診しました。 »

2010年4月20日 (火)

市民は迷彩服での訓練はごめんです!自衛隊の戦術教育(Militaly training)が市内で行われる?

098789_110 今日、議会全員協議会が開かれ、自衛隊幹部学校生による「地図を見ながらの偵察訓練」を安中市内9箇所で行われることが報告されました。これまで山形県新庄市で実施されてきた「地図を参考に、地域を偵察する」訓練が経費の節約等の理由で今後、群馬県安中市、および富岡市内で実施されることが決められたとのことです。具体的には、5月17日から20日までが偵察訓練、その後6月13日から17日までが戦術教育が行われるようです。総勢は、幹部学校生80人、それに教官が30人。マイクロバス8台に分乗してそれぞれの地区で徒歩で、訓練するようです。詳しい内容は説明されませんでした。  安中市後閑地域で5箇所、原市1箇所、九十九1箇所、新堀1箇所、五料1箇所、その他富岡氏下高田1箇所、妙義ふるさと美術館1箇所が訓練地域です。金井久男議員はどんな訓練をするのか質問、「迷彩服を着た自衛隊員が地域で歩き回るのを見る市民感情は好ましいとは思えない。断ることができないのか?」と総務部長に尋ねましたが、部長は「安中市はかつて山火事の際に自衛隊には世話になった、これからもいつ,世話になるかわからないので協力する。」との答弁でした。一行は磯部温泉ホテルなどに宿泊し、行動するようです。磯部温泉は観光地でもあり、一般のお客さんも宿泊しています。そんなところで100人を超える迷彩服を着た自衛隊員がうろうろしていたら、雰囲気は一変してしまいます。何のためにこんな訓練をするというのでしょうか?市民の監視がこれから必要になることでしょう。戦争は絶対にしてはいけない。戦争の準備も同じです。日本には平和を守る義務があるのです。

|

« 補陀寺(Hodaji temple market)の市を覗いて見ました。 | トップページ | セカンドオピニオン(second opinion)を聴くために井上病院を受診しました。 »

市議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/48140409

この記事へのトラックバック一覧です: 市民は迷彩服での訓練はごめんです!自衛隊の戦術教育(Militaly training)が市内で行われる?:

« 補陀寺(Hodaji temple market)の市を覗いて見ました。 | トップページ | セカンドオピニオン(second opinion)を聴くために井上病院を受診しました。 »