« 温泉療法で信州の湯を訪ねました。鹿教の湯(Spa Kakenoyu) | トップページ | 薬がいっぱい、とは言っても飲まないと不安。値段も上がった? »

2010年4月 8日 (木)

温泉療法(2)別所温泉へ足を延ばしました。無言館、寺めぐり、風穴。

201040456_035 鹿教の湯に別れを告げて塩田平に出ました。1時間ほどで「無言館」に着き、見学しました。画家を目指した学生などが戦争によ201040456_040 って命を奪われ、「平和な世の生まれたかった、と」無念の遺作が強く訴えているようです。私は2度目、妻は3度目でした201040456_052 が、幾度見ても心が痛みます、館のすぐ下に新たな建物ができていました。そこから別所温泉へ行き、案内所で旅館を予約した201040456_051 後、常楽寺、北向観音、安楽寺など重要文化財、国宝の三重塔などを見学、安楽寺の途中に戦前、治安維持法にただ一人反対201040456_069 した衆議院議員、労農党代議士「山本宣治」と地元長野出身の日本共産党代議士(作家)「高倉暉」さんなどの石碑を見つけま201040456_073 した。温泉は鹿教と同じ線質ですが3回ほど入浴し温まりました。翌日、地図で見つけた「風穴」を見に山に入り15分ほど走り、「別所山荘」という食堂のすぐ先で、歩いて5分ほどの高台で風穴を見てきました。風穴とは、蚕の種を夏までここに保存して掃き立てを7月、8月と遅らせて年に3,4回養蚕ができるように考え出された昔の「天然冷蔵庫」です。群馬県下仁田町、中之条町にもあり、ユネスコ世界遺産、絹遺産群の一つになっています。風穴を降りていくとスーッと涼しくなり、下の部分にはまだ雪が解けずに残っていました。写真1:無言館の下に出来た新館、中にいっぱい本があり読書もできます。6:風穴、石垣の部分に細い穴が開いていて風が通るようになっています。

|

« 温泉療法で信州の湯を訪ねました。鹿教の湯(Spa Kakenoyu) | トップページ | 薬がいっぱい、とは言っても飲まないと不安。値段も上がった? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/48030597

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉療法(2)別所温泉へ足を延ばしました。無言館、寺めぐり、風穴。:

« 温泉療法で信州の湯を訪ねました。鹿教の湯(Spa Kakenoyu) | トップページ | 薬がいっぱい、とは言っても飲まないと不安。値段も上がった? »