« 26の瞳が卒業、九十九小学校。 | トップページ | 先祖のお雛様に会ってきました。人形展最後の日でした。 »

2010年3月28日 (日)

周永虎(チュヨンホ)さんの話を聴きました。松井田町で小学校を出た在日朝鮮人の方です。

2010328_015_2 2010328_019 周さんのお父さんは朝鮮から1932年ごろ13歳で九州へ渡りました。15歳で、先に日本で働いていた兄さんを頼ってきたのです。日本は1910年力づくで朝鮮を植民地にし土地を取り上げたり、創氏改名などで朝鮮の名2010328_021 前を無理やり日本の名前に変えさせたりしていました。生きるために、やむを得ず日本に渡り、大阪、川越、そして1944年ころ、 2010328_001 群馬県松井田町の一角に部落を作って住み、永虎さんが生まれ、松井田町の山に「弾薬庫」を掘る仕事に従事していました。2010328_007 終戦で仕事はなくなり、永虎さんは、当時「清吉」という日本名で、当時の松井田小学校へ通ったそうです。仕事がなくなった大人たちはどぶろく(密造酒)を作って売り、食物を手に入れていたこともあったそうです。周さんは、朝鮮人に対する日本人の差別問題について、関東大震災のころ(大正12年、1923)虐殺が行われ7000人もの朝鮮人が、流言飛語(朝鮮人が井戸に毒を投げ入れた・・・)によって命を奪われた、悲しい事件もあった。今、拉致問題に端を発した朝鮮批判がエスカレートして、都内の朝鮮学校など周辺に右翼の街宣車が毎日のように、「お前たちは朝鮮へ帰れ!なぜ、ここにいるのだ!」などと攻撃している。「私たちの祖先は日本軍の強制などによって、明成王妃(ミンビ)を虐殺され、土地を奪われ植民地とされてたことを反省している。現政府の閣僚でさえも、日韓併合条約は合法だった、と言っている、しかし国際法上では違法である。武力で他国の土地を収奪して、何で合法なのか?高校授業料無賞化も大阪府知事などは、認めないと言っている、しかし、今でも私たちは日本に多額の税金を払っているが朝鮮小学校、中学校へは何の援助もない。今度も高校無償化は除外だと言っている。拉致問題で私たちは『数十万人とも言われて同胞が強制連行された私たちの祖先にとって拉致は、ひどい犯罪だと身をもって感じていたが、北朝鮮が同じ拉致したことを認めたとき大きなショックを受け、本国にも総連にも抗議をした。しかし、今、拉致問題はまったく進展しない、制裁ばかりを言っているが、政府に利用されている、本当に解決する気持ちがない、政府がもっと冷静にならないと解決しないのではないか。』などと今の心境を語りました。講演会場から「日本が朝鮮に対してどのように過去を償えばよいと思いますか?」と質問があり、それに対して周さんは「800万人とも言えるユダヤ人などへの迫害を行った、ドイツの例を話しますが、ドイツはナチスドイツが侵した罪を①ナチスが行った犯罪に対する謝罪と補償、②ナチス戦犯への永久追及,③ナチ時代に何が行われたかを子どもたちに徹底して教育している。それに対して日本は戦後、中国や朝鮮などに対して、どんな反省と償いをしているのでしょうか?日本人の頭の中には近代100年の歴史の認識が抜け去っているのではないか?心からの謝罪がされていないのではないか?」などと語り、「差別意識をどうやってなくしたらいいか、同情だけではだめです。お互いに、歴史の事実に謙虚に学ぶことが必要、劣等民族と見ると差別し、偉そうな民族にはぺこぺこするのではいけない、どんな民族に対してでも言うべきことを言い、対等に接することが大事。」としてこれからも交流していきましょうと結びました。非戦の会主催のこの講演会には25名ほどが集まり、熱心に聞き入っていましたが最後に、松井田町小学校5年生のときの担任教師、早津隆先生も駆けつけ、紹介されました。今年は日韓併合100年の年です。写真:3、早津先生と周さん、4、周さんの祖先は700年代に唐の国から朝鮮に送られた人が始祖とされ、以後現代まで一族の系図『族譜』というものがきちんと本になって残されているのです。これには驚きですが、なぜ韓国、朝鮮の人々が親や先祖を尊ぶのかわかる気がしました。まして、尊い名前を変えるなどと言った『創氏改名』などに抵抗した意味がわかりました。5、中段が永虎さん、上がお父さんの代、下が子どもさんの代だそうです。

|

« 26の瞳が卒業、九十九小学校。 | トップページ | 先祖のお雛様に会ってきました。人形展最後の日でした。 »

教育・文化・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/47936106

この記事へのトラックバック一覧です: 周永虎(チュヨンホ)さんの話を聴きました。松井田町で小学校を出た在日朝鮮人の方です。:

« 26の瞳が卒業、九十九小学校。 | トップページ | 先祖のお雛様に会ってきました。人形展最後の日でした。 »