« PET検査の結果。リウマチと多発性筋痛症の間? | トップページ | 「野鳥写真家・伊藤学さん講演会」で市政報告しました。今年初めて人前であいさつ。 »

2010年2月12日 (金)

11種類の薬、こんなに飲んだり使ったりして害は?

2010204_006 群馬大学病院から指示されたとおりに、碓氷病院で薬の服用で回復を目指すことになりました。そこで、処方されたのは11種類の薬です。①プレドニン20mg/日、炎症を抑えるステロイド剤(2倍に増やしました)②パリエット10mg(胃酸の分泌を抑える)③テルネリン3mg(筋弛緩剤)④ソレトン240mg(痛み止め)⑤ムコスタ300mg(胃粘膜保護)⑥イトリゾール20mg(真菌の感染を抑える)⑦ベネット2・5mg(骨粗しょう症予防薬)⑧アザルフィジン1g(関節リウマチ薬)⑨ノイロトロピン8単位⑩イソジンガーグル(うがい薬)⑪ロキソニンパップ(筋肉痛に貼るシップ役)、うがい薬や貼り薬はともかくとして「こんなに飲んで大丈夫?」と思います。特に骨粗しょう症予防薬などは起床時に180mℓの水とともに服用し、水以外の飲み物と一緒に飲まない、その後30分間は横にならないでください。飲食も禁。という厳しい指示がある薬です。そして、イトリゾールは食事の10分前の服用。という指示で、大変なのです。それでもステロイド剤を増やしてからは、痛みが和らいできたのは確かですから、効果があるのですね。しばらく続けてみましょう写真:2月4日、群大病院からの帰り道、中宿あたりの道路から妙義山の夕日を見て、車内から取りました。

|

« PET検査の結果。リウマチと多発性筋痛症の間? | トップページ | 「野鳥写真家・伊藤学さん講演会」で市政報告しました。今年初めて人前であいさつ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私も同じ症状で苦しんでいます。今は、指先のむくみ・痛み・こわばりが苦痛です。足のむくみは、だいぶ解消されました。痛みは体のあちこちに移動しています。

今度、ゆっくりお話を聞かせてくださいヽ(´▽`)/

投稿: (有)アーネスト順子 | 2010年2月21日 (日) 09時39分

順子さま 原因がわからずに痛みを我慢するのは大変な苦痛です。個人差があると思いますが、早くに特定されて治療に専念できることを祈ります。今度、ゆっくりお話したいです。

投稿: 金井久男 | 2010年2月21日 (日) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/47547638

この記事へのトラックバック一覧です: 11種類の薬、こんなに飲んだり使ったりして害は?:

« PET検査の結果。リウマチと多発性筋痛症の間? | トップページ | 「野鳥写真家・伊藤学さん講演会」で市政報告しました。今年初めて人前であいさつ。 »