« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

マイケルムーア監督の「シッコ」をみました。 「sicko」(Michaele Moore)

2010130_002_3 暇があるので、かねてから観たかったマイケルムーア監督の「シッコ」というDVDを借りて観ました。彼は「ボーリング・フォア・コロンバイン」とか「華氏911」などというドキュメンタリー映画で、銃が野放しになっているアメリカ社会やイラク戦争を始めたブッシュ大統領(彼はブッシュが当選したと認めない)をユーモア を交えて、しかも痛烈に批判して有名です。シッコはアメリカ社会の医療2010130_003_3 制度について取り上げ、「国民皆保険制度」が成立しないのは、アメリカの民間保険会社や薬剤会社たちに買収された国会議2010130_005 員たちの責任だと、痛烈に喝破し皮肉っています。5人に一人は無保険者、だから足の切り傷を自分で縫合してい る若者が最初に出てきます。病院に行けない人々、中指2010130_011_3 一本縫合手術するのに540万円。 そして若い女性が交通事故で救急車で運ばれた際、事前に許可を取らなかったからと、保険会社は経費を払わない。 保険会2010130_015_3 に雇われた医師の役割は「患者の弱みを探り出して、いかに保険料を払わないで済ませる か」ということで、一定以上保険料を節約したかでボーナスがもらえる仕組みだという。だから、保険会社に保険料を 納めてい2010130_017_2 れば安心とはいえない、軽度な既往症を申告していなかったというだけで、保険金の返却を求められたりす るのだ。クリントン政権のときにヒラリー議員が「公営皆保険制度」を実現することを公約して話題に2010130_019_3 なったが、保険業界、薬剤企業などから、ほか の多くの国会議員と同じように 多額な献金攻撃をうけて(?)胡散霧消してしまった。そして医療制度改革などという法案2010130_021_3 なども、それらの企業の もうけのために税金をつぎ込めるように仕組まれているのだそうだ。アメリカの大企業は国が、皆保険制度を保障するのは「社会主義制度だ!」2010130_020_2 という「殺し文句をたてにして」マスコミなどを動員して国民をミスリ ードしてしまう、けして「俺たちの儲けが奪われるのはいやだ」などとは表に出さないで、ロシア、キューバ2010130_024_2 はもちろんフランス、カナダの医療制度まで、うそで塗り固めてしまう。ムーア監督はそこで、実際にフランスやカナダ、イギリスに渡って、いかに「それらの国の医療制度がでたらめかを実証しようと、意地悪な質問をして いきます」ところが、どの国も基本的に国民はおろか外国人の医療費さえただで(無料)診療している、しかも働く医師たちも誇りを持っている姿を映し出します。そして、「自分が住んでいるこのアメリカという国は一体何なのか?」と自問します。どこの国でも公立学校や消防や図書館などが無料で利用できるのと同じに「医療 を無料で受けられる」互助制度が確立している。けれどアメリカでは巨大企業の経営者たちだけが「アメリカは自由の国だ、公的な医療制度は必要がない!」といっているのだ。と指摘、最後に「フランスでは新米ママのために国が洗濯する費用まで面倒見てくれている。「僕もアメリカ政府に出かけていって洗濯をしてもらおう」とかごを抱えて国会議事堂に向かって歩き出すところで終わっています。皆さんも一度観てほしいと思います。日本の政府もどこかアメリカの制度を真似しようなどという流れが始まってはいませんか。写真:2、指の手術費、3、救急車の支払いを拒否された女性、4、成績がよいとボーナスが出ます。5、ヒラリーさん最初は元気だったが、6、ヒラリーさんの献金が2番目に多くなった、7、議員にわたった献金額がわかる、8、大きな病院から入院費が払えないからと路上に放り出された女性。9、フランスの政府は国民の怒りを怖がっている(デモ)が、アメリカは国民が政府を怖がっている。10、洗濯物を抱えて議事堂へ向かうムーア監督。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

薬の効果がでないというのは病名診断が違うから?早くすっきりしたいものです。

2010112_019 昨日は碓氷病院の診察の日でした。坂本医師に大学病院での検査の報告などをしましたが、全身の痛みが回復しないので薬を増やしてみたらどうなのですか、と聞きました。すでにもう4週間ステロイド剤を飲2010112_021 み続けていますから、量を増やせば効果が出るのではありませんか?と聞いたわけです。同級生が正月に見舞いに来てくれたとき「俺もリウマチと診断されたが、一日5ミリグラムのステロイドを飲み始めたら、うそのように痛みがなくなって仕事できるようになったよ」と聞いたので、参考に話しました。すると「多発性筋痛症」なら、10ミリグラムの投与で回復するはずなんですがね。という返事、ということは病名診断が誤っている、ということなのでしょうか。いづれにしろ、大学病院の検査結果を待って、薬の変更を考えましょう、との答えでした。その後整形外科で受診し、リハビリをしてもらって帰りましたが、なんとなく体がだるいので熱もでて、下痢症状まででてしまい、一日ベッドで安静にしていました。今朝は、下半身の関節と肩の痛みが重なって現れてきて、動くのもひと苦労の状態です。早くはっきりした病名が決まり治療に専念したいものです。写真:上、入院中の採血です。下、2週間分の薬、昨日は薬局で求めたら9,100円もかかりました。どちらも痛いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

今度はPET検査を受けることになりました。群大病院です。

2010121_009 21日、群馬大学付属病院腎臓リウマチ科を再診しました。娘がたまたま休みで車に乗せて連れて行ってくれました。午後2時の2010121_007 予約だったのですが窓口にはすでに20人も患者が待っていました。中には、もう2時間も待っている人もいて、せまい待合は息2010121_005 苦しいようです。幸い30分ほどで呼ばれ、桜井、梅本という二人の医師に診察を受けました。桜井先生はリウマチの専門だといい、私のケースはリウマチの因子はまったく見られないが、いまのところ症状から見てリウマチか、筋痛症として薬で様子を見ている。リウマチの薬は3ヶ月くらい続けないと効果が現れない、のだそうで、とりあえずこのまま薬を飲み続けて経過を見ること。ただし、他の病気の疑いもあるので、次回はPET検査をします。(PETとは、陽電子放出断層装置、というもので細胞の活動状況を画像でみることができ、ガン、脳、心臓などの病気の診断に有用、なのだそうで群馬県内では、6箇所の病院にしか施設がないようです)疑いというのは「血管炎」という初めて聞く病名ですがそれを受けるために2月2日に、再度、受診することになりました。足腰の筋肉と関節周囲の痛みは相変わらずではれぼったい感覚が消えません。医師の言うには、ステロイド楽をもっと増やして治療すればよくなるというのですが、薬は碓氷病院で処方されているので、坂本医師と相談してみるつもりです。肩腱板については桜井医師もリウマチとは関係ない、と断言しましたから、肩は肩で別に治す必要があるようです。人間の体は複雑にできているようです。写真1:ホテルのロビーのような総合待合室、エスカレーターを上がって右側がリウマチ科、2:患者の目を和ませる熱帯魚の水槽、3:廊下の天井にレールが張り巡らされており箱に入ったカルテや採血のサンプルなどもそれそれの部屋に運ばれていきます。看護師が廊下を歩かなくもすむようになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

地球の反対側でも異常気象のようです。ニュージーランドからのメール。

Photo もう7~8年前になりますが、碓氷安中ユネスコ協会が招いた英会話教師のナオミ ウエストさんから、しばらくぶりにメールが届き2 ました。昨年の松井田町国際交流協会のイベントに写真を送ってくれたのでお礼のメールを送っていたのです。ナオミさんは、母3 が香港出身の中国人なので、外見はまったく日本人と変わりません。2年ほど英会話教師として安中、松井田町の公民館などで子どもたちから大人まで英会話を教えてくれていました。イベントにたまたま来日していたご両親を連れて参加してくれたり、ニュージーランドへ帰るときにお別れ会をしてあげたり、で親しくしていました。彼女が住んでいるのはウエリントンという、ニュージーランドでは中央部で南極にも近い国の主都で、いまは夏の盛りという時期なのですが夜は湯たんぽを抱いて寝ているほど寒いのだそうです。世界的に異常気象が現れているようです。ナオミさんの写真を紹介しましょう。1.職場の同僚と、左端がナオミさん、2.兄弟です。3.香港のろう人形館でのブルースリーとのツウーショット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

明日群馬大学病院の再診です。痛みが変わりませんが。

  2010117_005 退院してからもう一週間になりますが、薬を飲み続けているだけであまり痛みが変わりません。両肩の痛みは、軽くなり力を入れなければ軽く腕をまわす2010117_012 運動もできるようになりました。が、手首、足首、などの痛みは増してきているように感じます。自宅の階段の上り下りにも下肢2010117_006 が重く、こわばってしまい一段ごとに降りるようです。今日は大寒で、寒さは幾分緩んできたように見受けられますが、風はまだ冷たいようです。暖かくなれば体も楽になるのかな、と思ってみましたがそうでもないようです。明日は、群馬大学病院で、再度診察を受けますが、一体どんな診断が下るのか?皆目見当が着きません。早く自由に歩けるようになりたいものです。写真:1、.新井のろうばい園、2.松井田院不動寺(町で一番古いお寺といわれています・真言宗)3,.同寺山門

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

またまたわからなくなりました。群大病院での診察。

2010112_008_2 碓氷病院は昨日12日に退院をしました。主治医の坂本先生の紹介で群馬大学病院の腎臓リウマチ科を受診しました。義兄の2010113_011 車の運転で8時10分に出て着いたのは9時30分、それから受付をしてリウマチ科で、待つこと2時間余、ようやく診察を受けるこ2010113_014 とになりました(松本先生)が、松本医師もひととおり、碓氷病院のカルテや治療経過を見て『これは難しいですね?』というだ2010113_015 け、僕の考えでは「リウマチ性多発筋痛症」と断定できない、ほかの医師とも相談して結論を出すしかありません。とりあえず今2010113_016 処方されている薬を飲みながら様子を見てください。今日は採血、採尿、手首、腰、膝のレントゲン撮影、をして来週の木曜日に再度受診してください。ということで帰ってきました。(会計が済んだのは14:30)、待合室で74歳のおばさんから「おじさんも私と同じに手首が痛いのかい?私もリウマチといわれてきているんだけど、手足の痛みで布団から起きるのが辛いんだよね。」などと『おじさん仲間』にされてしまいました。いずれにしろ、いまだにどんな病気なのか、断定が出来ないという、不安を引きずって薬だけを飲んでいていいのだろうか?と情けなくなります。でも松本医師が、どんな診断を下してくれるのか来週にはわかるでしょう。自分としては、ステロイド薬をもう3週間も飲み続けているのに、一行に痛みが改善しないのは、やはり、リウマチ系の病気ではなくてもっと別な原因があるのではないかと、疑ってしまうのです。今朝も浅間下ろしの風花が舞う天気で、季節も一年で一番寒い時期と重なって辛い日々が続いています。早く暖かい日和がほしいです。写真:退院時久しぶりに帰ってきた息子と姉夫婦がお見舞いに来てくれました。群馬大学病院は広くて患者が多くて駐車場が遠くて大変でした。3、待合室、4、採液室5、受付薬の番号は1300を超していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

リウマチ性多発筋痛症というのが一番近いようです。

201018_004 201018_002_2 正月も早10日が過ぎようとしています。昨日の夕方、外泊のために帰宅しています。たまたま隣組で葬儀があり、家内が私の代わりに参加しています。今夜がお通夜。何も201018_021_2 出来ない自分が情けないけれど仕方ありません。今日が土曜日なので病院へお見舞いに来てくれた方が2人ほど自宅へ来てくれました。迷惑をかけて申し訳ありません。 さて主治医からは「正確には病名を特定できませんが、しいてつけるとすれば『リウマチ性多発筋痛症』というのが、一番近いようですね。」といって、ステロイド剤を投与し始めてもう2週間が過ぎました。寒さのせいか、あまり効果が実感できません。そこで、来週13日に、群馬大学病院を紹介してもらい、受診することにしました。どんな病気にせよ、病名か治療法がはっきりしないのは先行き不安ですので、あらためてセカンドオピニオンを聴いてこようと思います。それにしても、寒さが身にしみる季節、実感です。 Photo_2 それはさておきグッドニュース、台湾の呉(ウー)さんからメールが届きました。私が、呉さんのアドレスを間違えていたようです。昨年10月末に角館で行き会った際に撮ったツーショットを送ってくれました。私のブログをみて、お見舞いのメールをくれたものです。写真:1、看護師の必需品回診のつど、引いて回ります。2,2階の談話コーナー。3、釜飯なども出されます。4、角館のホテルで知り合った呉(ウー)さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

年末年始は初めて病院で過ごしました。遅ればせて謹賀新年。

91225_008_2 皆様、あけましておめでとうございます。2010年の新春を変わりなくお迎えのことと思います。私は、暮れから全身に痛みが襲91225_007_2 い、歩くのもままならない状況に追い込まれてしまい、22日、ついに公立碓氷病院に入院、加療療養の身となってしまいました。91225_013_2 最初の診察から一週間はあらゆる検査をしていただいたのですが原因が特定できずに、痛みを抱えながらベッドの中でこらえて91225_011 いました。25日になって初めて「ステロイド剤10mg/日」を処方されて様子を見ることになりました。主治医によれば「強いてつけ91225_026_2 るとすれば、リウマチ性の病気ですがそれも断定できません、検査データにはでていませんから。ただ、症状的にそうかな?と疑えるだけです」という見解、CT,MRI,心電図、エコー、眼圧、胃の内視鏡などほとんどの検査をしましたが、悪い病気(癌など)ではありませんがもう少し様子を見ましょう。ということで2週間が過ぎてしまいました。今日は、整形外科医から明日からリハビリを始め、肩の具合をみます。といわれ、ようやく肩(腱板断裂)の治療?ができそうです。足腰のほうは、ステロイド剤が効いてきたのかやや軽くなり、日に、1000歩程度歩き始めています。あと一週間様子を見てから、群大病院などを紹介してもらって原因を突き止めたいと思っています。こんな体ですので、今年、新年の行事は全てキャンセルし、治療に専念させていただきます。今夜は、外泊の許可が下りたので入浴をして、このブログを書いています。長い間空けてしまってごめんなさい。 皆様も健康一番で! 写真:1、病院2階の廊下風景、2、私の表札、婦長が気を利かせてくれました。3、病室から見える風景(表玄関の上)4、健康食です(たい焼きも附いてます)5、我が家の正月おせち手料理です、やっぱり我が家の食事が一番!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »