« 皇帝ダリアのように両手両足をぐ~んと伸ばして動きたい気持ちです。 | トップページ | セカンドオピニオン。見立てがあまりにも違うので驚きでした。 »

2009年12月 9日 (水)

腱板断裂の治療は時間がかかりそうです。

9421_004 昨日、再診に行ってきました。碓氷病院の設楽先生(整形外科医、東京から通っているらしく、ほかにも下仁田厚生病院なども勤務しているそうです)に、かかりました。先生によると「今は安静にして、痛みがなくなるのを待っている時期、その後痛みがなくなれば、今度は腕を前後左右に動かしてみて、どの部分の腱板が切れているか、どの腱板をつなげばよいのかを判断します。」という説明でした。以前は、切れている腱板を内視鏡などで見ながら縫合手術を行ったが、今は切れていてもなんとも感じないままに生活している人もあることが解ってきたために、すぐには手術をせず、様子を見てからに変わったそうです。そして、「ある程度、腕を動かしても痛みがなくなってからリハビリを始めます。」とのこと、一体元のようになるにはどのくらいかかるのですか?ときくと「数ヶ月はかかると覚悟しておいてください」という返事、困ったなあ、といまさら思ってもいたし方ありません。説明は全て説得力があり、先生の指示に従うしかありません。この日は、肩の上の部分にだけ一本づつの注射で返されました。でも、前回に比べれば痛みは減少していますので、あせらずに直していこうと思っています。昨日は、午後から議会に出席、14時10分から14時49分まで、制限時間一分を残して、一般質問を行って帰りました。質問者は8名でしたが詳しい内容は後日報告いたします。健康の大切さを感じます。写真:碓氷病院の中庭にある、「病めるもの いやさるべし」の石碑

|

« 皇帝ダリアのように両手両足をぐ~んと伸ばして動きたい気持ちです。 | トップページ | セカンドオピニオン。見立てがあまりにも違うので驚きでした。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/46979842

この記事へのトラックバック一覧です: 腱板断裂の治療は時間がかかりそうです。:

« 皇帝ダリアのように両手両足をぐ~んと伸ばして動きたい気持ちです。 | トップページ | セカンドオピニオン。見立てがあまりにも違うので驚きでした。 »