« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月17日 (木)

セカンドオピニオン。見立てがあまりにも違うので驚きでした。

955_1 955_007 腱板断裂と診断されてすでに3週間ほど立ち、痛み止めの注射を週2~4本程度打って経過を見ていましたが次第に腰痛がひどくなり、足の屈伸にも痛み951_001 が伴うようになって、けさは3:00から眠れずに「ラジオ深夜便」のお世話になりました。トイレも夜、朝ベッドから起き上がるのも苦痛951_005 でした。そこで、セカンドオピニオンを求めて他の病院の整形外科を訪ねました。この病院の医師は「何もしないで、腱板断裂で両肩が同時に切れることはない。治療を続けてきてまだ肩が上がらないほど痛いのはほかに原因があるんではないか?」といいます。そこで急きょ、左肩のMRCを撮影、再度問診を受けました。すると、「腱板は切れていません。」というのです。「えっ!」と驚きでした。「むしろ背骨の下部の間接が炎症を起こしています。何かで強く打ったことはありませんか?」といい、血液検査の結果炎症を表す数値(CRP)が0.0~0.3が正常なのに8.37もあるというのです。その場では思いあたることもなく、首を傾げるのみでした。この炎症が原因か、そのほかに血液の病気などが原因か、全ての検査結果が出ていないのでなんともいえませんが、又月曜日に来診して下さい」とのことでした。「このまま、痛みを我慢するしかないのですか?」と聞くと「痛み止めの座薬を出しますから、それで様子を見てください。」というだけで注射もしてくれませんでした。診察を終えてから、思い出したのは10月3日の台風一過の日、魚釣りをしたさい、足を滑らせて、石垣を3段ほどしりもちをついて落ちたことがあったことでした。それしか思い当たる節がないので月曜日には、それを告げ適当な治療をしてもらいたいと思い帰宅しました。しかし、血液の病気ならば、どうしたらよいか、わからなくなりました。帰宅後すぐに座薬を入れ、ベッドで休みましたが、今度は腰の痛みも大分薄らいで楽に起きられるようになりました。それにしても、医師によって見立てがこんなにも違ってくるのか驚きでした。腰の炎症から肩に痛みが出てきた?かも知れないと、いくらか原因が判明したので気持ちも楽になったのは確かです。写真:1、五料茶屋本陣のボタン、2、入山、佐藤和子さん宅の白フジ、3,4我が家の愛猫チョロ(♂)6歳。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

腱板断裂の治療は時間がかかりそうです。

9421_004 昨日、再診に行ってきました。碓氷病院の設楽先生(整形外科医、東京から通っているらしく、ほかにも下仁田厚生病院なども勤務しているそうです)に、かかりました。先生によると「今は安静にして、痛みがなくなるのを待っている時期、その後痛みがなくなれば、今度は腕を前後左右に動かしてみて、どの部分の腱板が切れているか、どの腱板をつなげばよいのかを判断します。」という説明でした。以前は、切れている腱板を内視鏡などで見ながら縫合手術を行ったが、今は切れていてもなんとも感じないままに生活している人もあることが解ってきたために、すぐには手術をせず、様子を見てからに変わったそうです。そして、「ある程度、腕を動かしても痛みがなくなってからリハビリを始めます。」とのこと、一体元のようになるにはどのくらいかかるのですか?ときくと「数ヶ月はかかると覚悟しておいてください」という返事、困ったなあ、といまさら思ってもいたし方ありません。説明は全て説得力があり、先生の指示に従うしかありません。この日は、肩の上の部分にだけ一本づつの注射で返されました。でも、前回に比べれば痛みは減少していますので、あせらずに直していこうと思っています。昨日は、午後から議会に出席、14時10分から14時49分まで、制限時間一分を残して、一般質問を行って帰りました。質問者は8名でしたが詳しい内容は後日報告いたします。健康の大切さを感じます。写真:碓氷病院の中庭にある、「病めるもの いやさるべし」の石碑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

皇帝ダリアのように両手両足をぐ~んと伸ばして動きたい気持ちです。

91129_013 痛み止め注射をしたあと2日間くらいは、肩の痛みは和らいだので「ほっ」としていたら、3日目になって、又痛みがぶり返し始めました。二の腕の芯に走る電気のような痛みは取れたのですが、こんどは足腰にむくみのような症状が出て正座をしたり、足を折ったりするのがきつくなりました。夜は、両脇にクッションを置き、両腕をその上に乗せて眠っています。それでも、2~3回は目が覚めて、しばしうずくまります。おかげで、ラジオ深夜便の歌「昭和浪漫第二章(大川栄策)」を覚えてしまいました。素直に感じるいい歌です。そういえば私も、昭和25年から64年1月まで39年間昭和の時代に生きてきたんだなあと、改めて来し方を振り返ってしまいました。8日には、一般質問が通告してありますので、朝、痛み止めを打ってもらって議場に向かおうと思っています。写真:寒風が吹く中でも空高く、咲き誇る皇帝ダリアのように、ぐんと両手両足を伸ばして、動き回りたい気持ちでいっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

腱板断裂(損傷)のその後、痛みが減りました。

91129_011 一日、最初に診察を受けた医師に再度診察を受けましたが前回の医師の「断裂ですね」という言葉と違って「切れてはいないようです。手術はしないで、注射で治しましょう、週一回5回くらい通ってください」とのことでした。

91129_016 猛烈な痛みが続いていたために「手術」でしか治せないものと、覚悟していたのがわずかに気が楽になったものの、ほんとに治るのかしら、と疑心が湧きました。しかしとりあえず痛みをとりましょうと、注射の用意です。「ヒアルロン酸、注射ですか?」と聞くと「いえ、ヒアルロン酸は慢性的な症状にします。

91129_024 91129_026 急激な痛みをとるには、ステロイド注射が効果的ですから」といって関節の中と上に両肩に二本づつ打ってくれました。「薬も飲みながらしばらく様子を見ましょう。」ということで帰宅しましたが、夕方まで、横になって休みましたが腕の芯からうずくような痛みがなくなりました。しかし肩の上げ下げに伴う痛みは変わりませんでした。でも芯からの痛みが取れただけゆっくり休めました。これで何回か注射をすれば元通りになるのかな、と念じながら、今日は総務常任委員会に臨みました。付託案件は3議案、高崎広域圏農業共催事業が、群馬県全体で実施することになった件2件、と、一般会計補正予算(5)、防災無線に全国一斉緊急速報が流れるシステム、保育所運営費、観光振興事業などに2,424万3千円追加されて、予算総額240億4,959万5千円とする議案などが審議されましたが、いずれも原案通り可決されました。写真1:強風にあおられて幹を傷められながら、けなげに咲いた皇帝ダリアです。2:高さは4メートルほどもあるでしょうか。3,4:山茶花は冬の花、こちらも寒風に耐えて咲き誇っています。こんな風に肩の痛みもすっきりとなってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »