« 松井田町国際交流のつどい09、楽しいふれあいが出来ました。 | トップページ | 総務常任委員会視察記(1) 南相馬市小高町 »

2009年10月31日 (土)

日本の養蚕の灯を消さないで!農林水産省へ要請に行きました。

91019_003                  明日からは霜月、あと60日あまりで今年も終わりになります。年々、時日のたつのが早く感じられます。10月の活動をひとつ落としていました。9612_011 19日(月)、日本共産党群馬県地方議員団で2010年度予算と施策にたいする要望を各省庁へ届ける活動を行いました。参加したのは約20名、八ッ場ダムから保育行政まで、各省庁の担当官(お9612_007 もに課長、課長補佐)、参議員第2議員会館1階の第2会議室が中心でした。私は、国土交通省を中心にした要請を聞いた後、一人で「紙智子参9916_009 議院議員」の部屋で、農林水産省生産局生産流通振興課特産農産物対策室長、春日健二さん、同課長補佐、梅原信拡さんの9916_004 二人に、「日本の養蚕の灯をこのまま消してしまうのか、それとも次年度に何か対策はあるのか?」と聞きました。春日室長は「現在の大日本蚕糸会が行っている、提携システムについて来年度早い段階で検証を行い。それに伴って再度予算を要求していきます。決して伝統産業の灯を消すことはしません」と答えました。私は、碓氷安中、とりわけ碓氷製糸の厳しい実情を話した後「春日さん、あなたは、実際の蚕を見たことがありますか?」と聞いてみました。蚕も見たことない役人が、養蚕の厳しさをわかるはずないと思いましたので、すると「私は実家が福島県ですが通学途中では、よく農家が飼っている蚕を見たことがあります」と答えました。もう一件は、二軒在家に会った元貯木場(営林署所有)が、最近になって売却されたことを確認のために林野庁に聞きました。きてくれたのは林野庁国有林野部業務課国有林野管理室土地利活用班担当課長補佐の山根則彦さん、同じく企画官田原正純さんの二人でした。私は「かつて松井田町には1億円ほど(面積は10000㎡)で、購入の要請に来たことがあったから、あまりにも安い価格で売却しては国民の財産ですから、疑問をもたれる市民もいます」と経過をたずねました。山根さんは「この土地は、5回ほど入札を行いましたが落札せず、今年の2月、最後の入札業者と協議の上、約4000万円ほどで売り渡しました。景気の落ち込みなどで購入業者も高い値をつけてくれなかったようです。」などと説明されました。久しぶりに行った国会周辺も有楽町周辺の景色も様変わり、地下鉄も銀座線に乗ってしまい、ちょっと遠回りしたようです。写真1:こちら側が国土交通省、向かいで発言しているのは伊藤祐司元県議、3:小麦の自給率も最低です。4:安中市が譲り受けた民家(田村邸)で若い人により、養蚕が始まりました。5:蚕具にも懐かしさが漂います。

|

« 松井田町国際交流のつどい09、楽しいふれあいが出来ました。 | トップページ | 総務常任委員会視察記(1) 南相馬市小高町 »

日本の農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/46634269

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の養蚕の灯を消さないで!農林水産省へ要請に行きました。:

« 松井田町国際交流のつどい09、楽しいふれあいが出来ました。 | トップページ | 総務常任委員会視察記(1) 南相馬市小高町 »