« 市街地活性化で滋賀県を訪ねました。(その1)秀吉と町衆の400年のまち長浜市 | トップページ | 満蒙開拓青少年義勇軍の体験記を語る、小俣喜一郎さん »

2009年8月 6日 (木)

今日はヒロシマの日、8月6日です。黙祷しました。

Hiroshima_summer_008_2 世界で初めて、人類の上に原爆が落とされた日です。8:15分、ヒロシマではいつものように原爆被災者の慰霊のための、平和記念式典が行われました。私も車の中で黙祷をしました。Hiroshima_summer_081 1945年7月末、米国の大統領、トルーマンは、日記にこう記しています。「歴史が始まって以来、最も恐ろしい爆弾を開発した。ユーフラテス川流域に文明が栄えた日による破壊を、目の当たりにすることになるかもしれない」「野獣には野獣なりに」と日本人を野獣と呼び、「アメリカの25万人の若者の命は、日本のいくつかの町と同じ価値がある」と述べ、原爆の投下を命令したのです。そして彼は一生後悔しなかったそうです。 2009年4月、オバマ現大統領は「世界で始めて核兵器を使用した国として、責任がある。核兵器は廃絶されなければならない」「武器を捨てることを呼びかけるより、武器を取ることを呼びかけるほうが人々の感情をかきたてる。だからこそ私たちは団結し、平和と進歩を求める声を上げなければならない」64年目の夏、私は明日から「ナガサキ原爆の日」、「原水爆禁止2009世界大会・ナガサキ」に参加してきます。3日ほど留守になりますがよろしく。写真上:3年前のヒロシマ大会の総会の様子、下、原爆ドーム周辺

|

« 市街地活性化で滋賀県を訪ねました。(その1)秀吉と町衆の400年のまち長浜市 | トップページ | 満蒙開拓青少年義勇軍の体験記を語る、小俣喜一郎さん »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/45855747

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はヒロシマの日、8月6日です。黙祷しました。:

« 市街地活性化で滋賀県を訪ねました。(その1)秀吉と町衆の400年のまち長浜市 | トップページ | 満蒙開拓青少年義勇軍の体験記を語る、小俣喜一郎さん »