« 満蒙開拓青少年義勇軍の体験記を語る、小俣喜一郎さん | トップページ | 総選挙が終わりました。次は7日からの第3回定例会です。 »

2009年8月14日 (金)

原水爆禁止世界大会2009年長崎に参加してきました。

098789_017_2 7日から9日まで長崎市で開かれた原水爆禁止世界大会2009に、安中では3人、小俣喜一郎さん (80)、橋爪文夫さん(58・松井田高校)と私で参加してきました。3日間とも快晴が続き暑い長崎でした。098789_115_2 開会総会 は7000人の規模で、海外からは28カ国、83名の参加でした。今年の大会は、4月チェコのプラハでオ バマ米大統領が行った演説「アメリカは核兵器を使ったことのある唯一の国として、行動す る責任がある」と述べ、核兵器のない世界のために行098789_040_4 動する。と言ったことに、ほとんどの参加者が 発言の中で触れ、核廃絶が現実のものとして見えてきた、ことに感 動し、活気のある大会になりました。 広島の平和祈念式典で市長の平和宣言を始め、長崎でも同じように期待が語られました。それと反対に、日本政府がアメリカ政府に対して「核の傘をなくすなら、日本は核武装するかもしれない・・」098789_055_2 などと被爆国の政府にあるまじき言動をしていることに怒りがこみ上げてきます。こんな政府は一刻も早く退陣させましょう。この大会の中で、たくさんの方とめぐり合いました。ベトナム平和委員会のブイ・ヴァン・ギさん、7年前平和行進で我が家に泊まったことがある豊田一子さん、098789_078_2 元保谷市長で赤城村出身の都丸哲也さん(87)、アメリカ退役軍人「ざんげの旅」グループのルイスさん、その他、平和市長会議に参加していたスリランカの市長さん(名刺をもらえなかった)、などでした。私は、平和記念式典で開会前に被爆者の皆さんが歌った「浦上(うらかみ)」という歌に感動しました。098789_101_3 浦上とは、64年前原爆が投下された町の名前で、真上で被爆しながらも、浦上天主堂という歴史のある教会が残されています。098789_103_2 写真3、豊田一子さんを中に、4、左端がベトナムのブイさん、5、平和記念像の前で都丸さんと、6、ざんげの旅のルイスさん、7、被爆者の皆さんのコーラスグル-プ96から36歳)

|

« 満蒙開拓青少年義勇軍の体験記を語る、小俣喜一郎さん | トップページ | 総選挙が終わりました。次は7日からの第3回定例会です。 »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/45922247

この記事へのトラックバック一覧です: 原水爆禁止世界大会2009年長崎に参加してきました。:

« 満蒙開拓青少年義勇軍の体験記を語る、小俣喜一郎さん | トップページ | 総選挙が終わりました。次は7日からの第3回定例会です。 »