« MIAのBBQ大会、そうめん流しが大好評でした。 | トップページ | 満蒙開拓青少年義勇軍の体験を語る、小俣喜一郎さん(80)の話を聞きませんか! »

2009年7月21日 (火)

碓氷湖祭りでアプトの道を歩きました。旧信越本線の跡はノスタルジックでした。

09720_002 群馬県と松井田町が共催ではじめた「湖水まつり」、20年近くなりますか、最初は霧積ダムのサイトで始められました。車を峠09720_006_2 の湯で置き、アプトの道を約15分、トンネルを二つくぐりながら歩くと碓氷湖に到着します。峠の湯の裏側でちょうど「トロッコ列車」09720_008_2 が到着し、横川駅(鉄道文化むら)乗った乗客たちがいっぱい降りてきました。旧信越本線は、明治26年(1893)、開通し、勾配09720_014 が1000分の66.7と言う日本一急な線路を持つ路線でした。昭和30年代までは、機関車の床下に大きな歯車をつけ、レールの間に09720_018 敷かれたラックをかみ合わせて上っていたのです、これをアプト式(ドイツ製)と言い、「アプトの道」の由来です。トンネルも26本09720_022_2 ほど残り、すべての入り口の石積み模様が違います。両脇の石垣の石積みの様子も見事です。トンネルの中は第3橋梁(通称め09720_023 がね橋)まで、内部に照明がつき安心して歩けます。碓氷湖ダムは群馬県が多目的ダムとして設置したもので、そのごの改良、景観整備工事で湖水を一周できるようにしています。時々、土曜ワイド劇場などのサスペンス映画のロケで使われています。春の新緑や秋の紅葉には、たくさんのお客様が訪れています。軽く汗を流し、峠の温泉でゆったりするのもいいですね。

|

« MIAのBBQ大会、そうめん流しが大好評でした。 | トップページ | 満蒙開拓青少年義勇軍の体験を語る、小俣喜一郎さん(80)の話を聞きませんか! »

地域イベント」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。喜一郎の長男です。この話ネットで初めて知りました。うちのじいさん頑張ってるんですね、遠く宮城の地より。

投稿: 小俣由喜雄 | 2013年4月 5日 (金) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/45694394

この記事へのトラックバック一覧です: 碓氷湖祭りでアプトの道を歩きました。旧信越本線の跡はノスタルジックでした。:

« MIAのBBQ大会、そうめん流しが大好評でした。 | トップページ | 満蒙開拓青少年義勇軍の体験を語る、小俣喜一郎さん(80)の話を聞きませんか! »