« 養蚕の危機にどう対処?一般質問で岡田義弘市長に要請! | トップページ | 今年の田植え あと一日で完了です。 »

2009年6月17日 (水)

横川スマートインター、そんなに急いでどこへ行く? 一般質問。

9617_003 2つ目の質問項目は『横川スマートインターチェンジ構想』、元々国土交通省などが緊急経済対策で景気回復を求める一環で出9617_001 てきたものですが、ほんとに地域に利益がありさほど負担がなければ進めたいところでしょうが、話が出てきたのは08年12月、9617_007 群馬県から、横川でできたらどうでしょうか、と言うことから始まったもの、それがこの6月定例会で1,635万円の調査費がつけられました。交通量に関する調査が終わったらすぐに「投資にたいする費用対経済効果』が計算されて、秋には『実施計画書』を出すのだといいます。しかもこの調査費用は、高速道路会社とか国ではありません。自治体の持ち出しです。もし、調査してみて効果がないとの結果が出ても、この費用は誰も負担しないそうです。おかしな話です。この地域は山と谷に囲まれた地形に出来たサービスエリアです。ここから国道18号まで、ETCの利用者だけ自由に乗り降りが出来るようにし、高速道路の利用を増やそうと言うのが目的です。エリアから18号まで、普通車からバスまで通過できる道路を整備することになると、莫大な費用がかかります。いったいいくらかかるのやら。国会でも、あまりにもこの『スマートインター』の整備にお金がかかるので、これではスマートではなくメタボインターではないか?と言う批判が出たということです。しかも、費用対効果などは作りようでどうにでもできる、わずか2,3ヶ月の調査で「決まりました、すぐ実施計画申請を出せ!」では納得できません。将来の負担も含めて、検討し、十分地域住民も交えた説明もして判断すべきだ!と岡田義弘市長に要請しました。市長は『慎重にも慎重を期して対応してまいりたい』と答弁しました。写真:上:下り線のサービスエリア、中:上り線のエリア、下:上り線おぎのやさんの売店に置かれた古い電車の一部

|

« 養蚕の危機にどう対処?一般質問で岡田義弘市長に要請! | トップページ | 今年の田植え あと一日で完了です。 »

市議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/45372423

この記事へのトラックバック一覧です: 横川スマートインター、そんなに急いでどこへ行く? 一般質問。:

« 養蚕の危機にどう対処?一般質問で岡田義弘市長に要請! | トップページ | 今年の田植え あと一日で完了です。 »