« C型肝炎が完全に完治しました | トップページ | まもなく春蚕の上蔟になります。お蚕上げは大変な作業なのです。 »

2009年5月31日 (日)

JA碓氷安中総代会ひらかる、正組合員3453名に

9530_003_2 碓氷安中農協(JA)の第16期通常総代会が5月30日(土)午後から、JA本所3階の会議室で開かれ、10人に一人の総代人、本人出席187名、書面出席人159名で開かれ、1号議案 平成20年度事業報告ならびに剰余金処分案などから、2号議案 21年度事業計画、その他9号議案まで審議され、可決承認されました。組合員の数は、前年度から加入73名、脱退182名で109名減少して、3,453名となりました。准組合員は2,165名(2名増)。当期末剰余金は、1億2,447万9,239円となりましたが、Aコープ店、楽々苑(焼肉店)などの賃貸料など事9530_004_2 業外収益が1億937万円となっており、販売、購買、金融、共済事業など本来の事業収益は年々減少しています。昨年は議長団に選出された、私も総代として出席して質問しました。中身は「Aコープ店内の直売コーナーへ出荷するためには、部会に加入するのが条件だが、条件が厳しすぎるのではないか。部会の3分の2の会員が同意することなどの条件を緩和して、誰でも希望通り野菜など出荷できるようにすべきではないか?もう一件は、松井田町五料にある『農産物直売所』のような直売施設を市内にもう一箇所くらい作ることを検討すべきではないか?」と生産農家が少しでも売上高を伸ばせるような対策を求めました。今年度は役員の改選もあり、これまで理事監事合わせて29名だったのが、理事14名、監事4名と大幅に減員されました。ちなみに、21年度から、常勤役員は組合長理事に中島博明(57)氏、安中市原市に、営農経済担当常務に上原孝治(62)氏、松井田町上増田に決まりました。写真:上:総代会会場、下:須藤英利組合長の挨拶

|

« C型肝炎が完全に完治しました | トップページ | まもなく春蚕の上蔟になります。お蚕上げは大変な作業なのです。 »

日本の農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/45186191

この記事へのトラックバック一覧です: JA碓氷安中総代会ひらかる、正組合員3453名に:

« C型肝炎が完全に完治しました | トップページ | まもなく春蚕の上蔟になります。お蚕上げは大変な作業なのです。 »