« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

デマンドバスの視察(1)東御市の交通システム

9218_017_2 東御市は、長野県、かつての東部町と北御牧村が千曲川をはさんで6年ほど前に合併した町で、人口は約32,000、面積は112平方kmの丘陵地帯に位置しています。全国でも、年間を通じて雨量が少ないことから「巨峰」というブドウの産地になっています。この町が合併前に、民間バス、市営バス、スクール専用バスなどなどが混在していたものを、新交通システムに再編成し、路線バスは朝夕だけ、昼間はワゴン車による「デマンドバス」(需要とか要望に応じて走るバス)の運行にするシステムにしました。市民は希望して家族ごとに登録しておき9218_005_2 「自宅から病院まで、10時ごろのバスをお願いします」と電話で予約します。すると商工会にあるオペレーター室から、「わかりました、9時40分ごろ玄関まで伺います」と返事があり、9人乗りのバスがよそのお宅を回りながら迎えに来ます。一律200円で川向こうの御牧村まで他の路線に乗り換えていくことができるので、大変好評で、70~80代の高齢者に多く利用されているようです。市ではそれまでバス会社に出していた補助金のほど同額をこの新システムに費やしているようですが、「空気を運んでいる。乗りたくても乗れない」といった評判が9218_012_2 今度は、自宅まで来てくれるので安心して利用できる、と喜ばれているようです。さて,松井田町は合併以前から細野、九十九、西横野、といった公共交通がほとんどなく、高齢者が生活に事欠いています。タクシー券が発行されてはいますが、町の中心部から遠ければ遠いだけ出費はかさんでしまいます。その他五料の高墓、梨の木なども同様に信越線、国道18号から離れれば、不便な地域です、安中市全体の、公共交通に対する予算総額は、路線バス補助金、乗り合いタクシーー(約7,500万円)、タクシ―利用券(6,200万円)、スクールバス運行9218_024_2 (約2,000万円)など、ほぼ1億6,000万円にもなろうとしています。しかも、どのバスも昼間の乗車率はきわめて低いのが現状です。安中市もいま、このデマンドシステムを検討中で近く、試行に入る予定です。私たちも積極的に提言していくつもりです。

※上から1、「とうみレッツ号」と名づけられたワゴン車、5台走っています。2、商工会で説明を受けました。3、オペレーターは午前3人、午後1人で対応、4、バスに搭載されたパソコン。オペレーターと繋がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

インドネシア留学生、ワヒュディン君は35歳のパパさんでした。

9222_018_2 21日から23日まで昨年に続いてインドネシアから勉強に来ている留学生をホームステイさせました。小柄で若作りの彼の名前はwahyudin(ワヒュデイン)、この名前がすべて、家族ネームはないのだそうです。インドネシアには200の言語があり、それだけ部族の違いがあるのでしょう、標準の言語は2,3あるようですが違う部族同士で話をしても全く通じないことがあるそうです。なにしろ1500以上もある島々で人々はそれぞれの文化を継承しながら生きているの 9221_002_2 ですから。ワヒュデイン君は、ジャワ島に住み、国家公務員として働いているそうで、9歳と5歳の子供さんがいて、奥さんは中学校の先生をしているそうです。役所の勤務時間は7:30から15:30まで、後は家庭で農家を手伝っているそうです。彼はイスラム教徒ですから一日に5回のお祈りを欠かしません、朝5時30におきて体を清め(といっても腕くらいまでに水をかけたみたいだが)お祈りをしていました。風呂場へ行くのを見ていた私の妻は、入浴するのか、と思って「とても寒いからやめろ」と言えと、私を起こしましたが「心配ないよ、お祈りするだけだ9222_008_2 から」と説明したら安心しました。朝、日中、午後、夕方、そして夜にお祈りをするのだそうです。聞くところによると、女性は13歳ころから、男性は15歳ころから、女性は月経が始まり、男子は夢精が始まりのようです。多分に禁欲のための儀式になっているのかな、とこれは私の想像ですが。   土曜の午後に県立博物館で、群馬の自然や動植物について説明しながら見て歩きました、やはり昨年同様、原人の展示の部分で、君も私たちと同じモンゴロイドなんだよ、という会話になりました。帰りに行田のゆきわりそうによって、ジョニーさんに会って馬を見せてもらいました。

日曜は国際交流会員の高木さん、栗原さんに同行してもらって「五料茶屋本陣」「碓氷湖」「めがね橋」「尾根山森林公園」などを案内して帰り、夕食は手打ちのそばをご馳走しました。今年の9月に本国へ帰るようですが、インドネシアの公務員、現在のサラリーの平均は20,000円/月だそうですが、帰ればぐっと賃上げになるそうです。

常夏の国からのお客様、寒い日本で初めて雪を見たそうですが、風邪など引かずにしっかり勉強して本国の役に立ってもらいたいものです。写真上、居間で友人、兄弟と、中・自然史博物館、山田ロエナさん親子と、ガラス張りの床の上に立って、下・めがね橋のうえ、トンネルの出口で栗原さんと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

オンデマンドバスシステム(長野県東御市、飯綱町)を視察してきました。

9218_001_2 17日、18日とデマンドバスについて勉強しに行ってきました。「大金を出して空気を運んでいる」「町へ出たくても足がない」といった声が聞こえてきます。昭和30~40年代、かつてどこでもあったバス路線がほとんど廃止されてしまいました。車社会が公共交通を廃れさせていきました。弱者対策でバスを走らせてはいますが、前述のとおり、乗りたいが乗れない、バス会社に補助金だけ払って空気を運んでいるのが現実です。それを、今のカーナビやパソコンをう9218_022_2 まく使ってタクシーとバスの中間的な機能をもった「デマンド(需要)バス」システムが注目されています。長野県の6市町村で普及し始めていると聞いて、日本共産党安中市議団で視察してきました。東御市はNTTのシステム(パソコンの地図機能、活用)、飯綱町はパイオニアナビコム(パソコンでなくカーナビ利用)のシステムでした。どちらも一長一短のようです。しかしどちらも以前のバス路線で空気を運んでいたころに比べて格段の利用者が増えて「便利になった」と喜ばれているようです。次回から両者のシステムをご紹介します。幸い好天に恵まれましたが風が冷たい信州の町でした。写真は新幹線から撮った浅間山です(17日)、下は田中駅(東御市)の前に駐車しているデマンドバス

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年2月16日 (月)

前橋市議選挙、日本共産党5氏全員当選!!

9216_007_2 15日投票、開票が行われた前橋市議選挙は40人が当選。中でも5人の日本共産党の候補者が全員当選しました。私が毎日応援に行っていた近藤よしえさんは、次点とわずか0・179票差(次点の人が同姓、あるいは同名の候補者がいたため)できわどい勝利、それでも激戦を勝ち抜いて当選できて本当に良かった。当選者紹介、中道なみこ議員団長(58)6期目当選、2,322票、39位、(前回2,662)、笠原とらかず(70)5期目当選、2,553票、29位、(前回2,737)、長谷川かおる(58)3期目当選、2,522票、31位(前回3,030)、小林久子(52)大胡町議2期、市議3期目、2,472票、34位、(前回1,054大胡区)、近藤よしえ(52)宮城村議2期、市議2期目、2,306俵、40位、(前回1,075宮城区)、全員の得票12,175票、(前回10,558)9216_001_2

写真は今回、近藤候補が整備・保存を公約に掲げた「二子山古墳」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

増田川ダムの公開討論会 102名集まり大成功でした。

928_007_2 増田川ダムを考える会(伊藤国夫会長)が呼びかけて実現した「安中市の増田川ダム参画事業を考える公開討論会」が安中市長、市上下水道部が参加して盛大に行われました。会場の磯部温泉会館には全員で102名が参加、伊藤会長は「私たちは6年間、上下水道部の皆さんや増田川ダム建設事務所と、何度も勉強会をしてきました。現地調査も行いました。結果は、増田川ダムに依存しなくとも安中市の水はまかなうことができる。という考えに至りました。群馬県は治水の面で百年に一度の水害に備える、という考えでダムを計画しているようですが、百928_015_2 年に一度といわれる今のこの不況から市民生活を守るために税金を使ってほしい」とあいさつしました。その後、小板橋俊一水道部長のあいさつ、金井保工務課長から「市の水道事業の内容」が説明されました。次に考える会の佐藤允治事務局長が「市の人口、需要、財政などから見たダム建設」について説明、「市の水需要は莫大な予算を使う増田川ダム開発に水源を求めなくとも、既存の水源と新幹線トンネル湧水からの水源で充分まかなうことができる。」と結論付けました。遅れて到着した岡田義弘市長は「工場誘致などにとって水は928_022_2 重要なもの。節度を持った計画を作っていきたい」とあいさつしました。休憩を挟んで会場からの市民の質問、意見を呼びかけましたが12名の市民からさまざまな意見が出されました。参加者は「こういう市民と行政の間で直接意見交換ができるのは良いことだ。」「考える会の説明で増田川ダムをつくらなくても水が間に合うことがよくわかった。税金はもっと暮らしのために使ってもらいたいもんだ」とはなしていました。」考える会の作成した資料がほしい方は、ご連絡下さい。写真上から、あいさつする伊藤会長、中、小板橋部長、下、グラフで説明する佐藤事務局長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

前橋市議選挙は終盤戦です。

9210_008 8日日曜日に告示された前橋市議選挙、早くも終盤戦です。昔はもっと余裕がありましたが今は、「期日前投票」という制度ができて、投票日前でも告示日以後、朝8:30から午後8:00まで市役所へ行けば投票できるようになりました。今はこの制度を使って投票日に都合が良い悪いは別として20~30%の有権者が投票していますから、選挙運動も告示までの活動が大きな比重を占めるようになりました。今日も、近藤好枝さんの事務所へ出かけ、応援してきました。近藤さんの持ち前は「いつも笑顔でパワフル母さん!」です。なんとしても勝利してほしいです。85歳の内田宇吉さんも運転手でがんばっています。負けられません。安中の仲間と休憩の合間にパチリ。

9210_007_2

9210_004_2 9210_005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

前橋市議選挙の応援で毎日、通っています。失業者が普段の2・5倍になっています。

917_009_2 明日、2月8日告示、15日投票で前橋市議選挙が始まります。先週から毎日前橋通いです。定数40で立候補予定者が55人とか予想されています。応援しているのは、日本共産党の女性候補者、近藤よしえさん、12年前に宮城村で村会議員になった人。三人の子持ちです。合併で市議になりましたが前回4年前の選挙ではおしくも落選、今度は全市一区での大選挙区選挙となります。日本共産党の候補者は原色が4名、中道なみこ(議員団長)、長谷川薫、笠原寅吉、小林久子、それと近藤さんです。宮城村と利根西を地盤にして現職の一角をねらいます。私は、江田町の事務所を中心に、元総社地域を担当し、毎日ビラ配りや街頭宣伝に出かけています。今日は、午後から下石倉、地区へビラ入れ、元総社の、県道安中前橋線南地区でハンドマイクで宣伝しました。明日は安中で増田川ダムの討論会があるために行けませんが月曜からまた行く予定です。何とか当選してくれるといいのですが。  さて、先月末に三人の安中議員団でハローワークを訪ね、失業者の状況を調査しました。所長がたまたま会議で応対できませんでしたが、聞くところによると、求人の登録は普段の2・5倍にもなっているそうです。中でも外国人労働者の数が目立っているそうです。そういえば30日、碓氷製糸にうかがった日に、一人のペルー人女性が「仕事はありませんか?」と飛び込んできていました。派遣社員が切られていますが、その前に日本語を充分話せない外国人が解雇されているようです。厳しい現実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »