« 虚空蔵菩薩祭典が本丸跡で開かれました。 | トップページ | 人権連市協の新年地域交流会ひらかる。あいさつと歌を紹介しました。 »

2009年1月20日 (火)

どちらが本当の安中市?すみやすさランキングから。

08_6 新年の挨拶の中で岡田義弘安中市長は「群馬大学の調査では、群馬県内の市町村の中で、住みよい、と評価された順位は、安中市が一躍2位になった。1位は前橋市、地道な努力が報われた・・・」と述べています。  ところが日経新聞の2008年第6回全国市区の行政サービス調査による「住みやすさランキング」では、全国、783市、東京23区を対象、有効回答数750市区のうちで前回(06年、第5回・合併前)が478位だったのが、今回は662位となり群馬県では最下位にランクされています。県内順位①太田43、②前橋100、③伊勢崎236,④高崎、304,⑤渋川315、⑥位富岡327、⑦館林480、⑧藤岡488,⑨桐生558、⑩沼田651、⑪みどり659、⑫安中662となっているのです。いったいどちらが本当の安中市なのでしょうか?ちなみに、全国1位は滋賀県、世界一はカナダのバンクーバー、東京都の一位は武蔵野市などとなっているようです。  <調査方法>全国783市と23区(合計802市区)の行政改革担当セクションに08年9月1日現在で調査用紙を郵送し、08年10月中旬までに750市区から回答を得た(有効回答率93.1%)、評価は各自治体からの回答をもとに取材した上で結果をまとめた。項目は①透明度②効率化・活性度評価③市民参加(協働)度④利便度の4要素など計91項目だということです。皆さんはどうお考えですか?すみやすい、と感じる度合いは個人によって多少差異があるかもしれませんが・・・? 安中市は自然環境は良いですね。でも市街地を見るとちょっと驚きます。みんなが住みよい町とはどんな町?でしょうか。

|

« 虚空蔵菩薩祭典が本丸跡で開かれました。 | トップページ | 人権連市協の新年地域交流会ひらかる。あいさつと歌を紹介しました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/43798098

この記事へのトラックバック一覧です: どちらが本当の安中市?すみやすさランキングから。:

« 虚空蔵菩薩祭典が本丸跡で開かれました。 | トップページ | 人権連市協の新年地域交流会ひらかる。あいさつと歌を紹介しました。 »