« 人権講演会と映画「新あつい壁」を観てきました。 | トップページ | 一般質問は8人で。養蚕振興と非正規職員対策のNO.2をやりました。 »

2008年12月13日 (土)

補正予算は可決、財政調整基金条例改正案は継続審議に。安中市議会

081210_003_2 市議会は4日から開会でした。初日、本会議で「企業立地促進法」「工場立地法」の法律の特例措置が19年に改正されたことで、それまで工場を建てる場合、敷地の25%以上を緑地、あるいは運動場など環境施設にしなけらばならない規制が、それぞれ10%以上、15%以上と緩和されることになるという条例案に「国を挙げて地球温暖化のために、省エネを叫びながら、CO2の大半を排出している企業の規制を緩めるのはいかがなものか?世界への公約に逆行するものではないか?と質問しました。審議は経済建設委員会で行われます。8日に002_2 開かれた総務常任委員会では、横川の「鉄道文化むら」のミニ機関車「アプトくん」の修繕費が6月議会で2,700万円議決し、さらに今回800万円追加になるというが、10年間も維持管理がされて来なかったことは怠慢ではないのか?今後レールの補修も必要になるはず、安全管理をきちんと行うように!と意見をしました。また、50年近く磯部温泉地域、碓氷川河畔で運営されてきた「いそべ簗」を、わずかな赤字で休止にするということは、市民にとって理解しがたい。これがなくては、温泉街の風物詩が何もなくなり、温泉自体が廃れてしまうのではないか?と存続を求めました。岡田義弘市長は、「民間に委託して継続できるかどうか検討している」と答えました。  ※写真 鉄道文化むら、毎年20万人のお客さんが訪れます。下:9日の朝、めずらしい朝焼けが見られました。皆さんのところではどうでしたか?二階のベランダから写しました。

|

« 人権講演会と映画「新あつい壁」を観てきました。 | トップページ | 一般質問は8人で。養蚕振興と非正規職員対策のNO.2をやりました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/43410798

この記事へのトラックバック一覧です: 補正予算は可決、財政調整基金条例改正案は継続審議に。安中市議会:

« 人権講演会と映画「新あつい壁」を観てきました。 | トップページ | 一般質問は8人で。養蚕振興と非正規職員対策のNO.2をやりました。 »