« 田んぼの蛙と食糧自給率は関係あるんだよ! | トップページ | ひざの痛みは半月板損傷だって。 »

2008年7月21日 (月)

ロシアの歌手、ジバエードフのコンサートに行ってきました。

Photo_2 ウラジミール・ジバエードフ(バリトン)、ウラジミール・ブードニコフ(ピアノ)コンサート<松井田文化会館小ホール> 北原白秋生誕123年記念とあり、ロシア人がどんな風に日本の童謡を歌うのか興味がありましたが、有川良子さん(司会・妻)の支援でなかなかに歌っていました。ただ「ちゃっきり節』は練習不足という感じ、それに微妙な発音の違いは否めませんでした。ただし大きな体躯から出される声は豊かでこころよいバリトンでした。さすがにハバロフスク・ミュージカル・コメディ劇場で主役の歌手を演じていた俳優の力量が垣間見えていました。Photo_4 歌ったのは、待ちぼうけ、砂山、城ヶ島の雨、ペチカ、落葉松など白秋。ロシアの歌から「黒い瞳」など8曲、ブードニコフのソロ『白鳥たちの踊り』(チャイコフスキー)『悲歌』(ラフマニノフ)ほか一曲、もたいへんすばらしいものでした。昨年は杉並公会堂でソロコンサートを開いたとのことでした。ジバエードフは、公演旅行の際にたまたまチェルノブイリ原発事故に遭遇し入院治療し、一時は歌手生活を断念することまで考えたそうですが再起してがんばっているとのことでした。最後は『さとうきび畑』(寺島尚彦)を日本語とロシア語で歌いました。アンコーPhoto_5 ルは会場からの声で『トロイカ』でした。尚冒頭で北原白秋の『肉声で詩を朗読するテープ』が披露されました。このコンサートは23日には『前橋文学館』で8月2日には『高崎総合福祉会館(たまごホール)』で開催されます。入場料2000円お聴きになりたい方はどうぞ。※一部に高崎城山団地のコーラスグループ「城山エコーズ」の4人の友情出演、「この道」のコーラス(日下孝美ピアノ)もありました。

|

« 田んぼの蛙と食糧自給率は関係あるんだよ! | トップページ | ひざの痛みは半月板損傷だって。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/41922410

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの歌手、ジバエードフのコンサートに行ってきました。:

« 田んぼの蛙と食糧自給率は関係あるんだよ! | トップページ | ひざの痛みは半月板損傷だって。 »