« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

ナターシャのコンサート

今日、ナターシャ グジーのコンサートを聴いてきました。彼女は22年前に起きたソ連の原発事故、チェルノブイリから3.5キロに住んでいた女性です。彼女も家族も3日間だけの立ち退きという言う命令で22年も故郷に帰ることなく、キエフで暮らしています。2000年に日本へ来て本格的に歌い始めた彼女、透き通った水晶のような歌声、と評されますが、彼女の歌そのもののメッセージ性というか、日本語の歌にしても「琴線に触れる響き、メッセージ」がびんびんと伝わってくるのです。バンドゥーラというウクライナの民族楽器(形は琵琶のよう、63弦のうち、左手でベースを右手でリードをギターのように奏でます、重さは8キロというから重くスチール弦のような響き)を弾きながら、8曲ほど歌いました。特に良かったのは、キエフの鳥の歌、ママ・マリアそれに日本の歌、秋桜、澄んだ歌声、28歳というが色白でモデルさんのような美形、流暢な日本語もユーモアもあり、各地で評判のよう、4月には「徹子の部屋」に出演、6月7日は「NHK/地球ラジオ」に出演の予定とか。アンコールで歌った「アメージンググレイス」では、後半感極まって声が詰まる場面もありましたが、好感の持てる「ウクライナの歌姫」でありました。(そのほか碓井俊樹というピアニストの伴奏で6曲歌う)。ナターシャの言葉、「反省をしないと人間は過ちをくりかえします」、彼女の成功を応援したいと思いました。この世界から核被害がなくなるように。Hiroshima_summer_081_2

2006年ヒロシマの原爆ドーム(上)001_3

ナターシャ グジーのアルバムから(下)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

松井田バラ園がオープン

松井田町松井田、松井田高校の東200メートルの「松井田バラ園」(深尾和義(61)さん、文子さんが経営)。約1000坪の敷地に200種類以上、約3000本のバラが咲き誇り、一面に甘い香りを漂わせています。入園料は取りません。バラのほかにサボテン類などもミニ温室にびっしりと植えられて訪れる人の目を楽しませています。深尾さんのバラは独自の技術で高いところからしだれ咲きするバラを仕立てて、園内は立体的に観賞できるように工夫されています。情報を知って、近隣町村はもとより、遠くは千葉、東京、富山などからも訪ねてくれる人もいて、深尾さんが接木したバラの苗を買い求めたり、栽培方法を熱心に聞いていく人がたくさん訪れます。6月の中ごろまで楽しめます。085_015

085_006 085_004

085_008

・食用にもなるというアーティチョークというめずらしい植物が花を咲かせようとしています。あと1~2週間かな?(下左)

・園内を散策して疲れたらお茶と手づくりクッキーでゆっくりおしゃべりもできます。(下右)

・このほかにもガラスケース入りのドライフラワーも制作、販売もしています。

連絡先は、393-3962(TEL,FAXとも)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

JA総代会の議長

安中と松井田町の農協が合併して15年、27日、第15回碓氷安中農協(JA)の総代会が開かれ、役員からお願いされ、秋間の奥原賢一氏とともに議長を務めてきました。現在の正組合員は3,562人(脱退166)、准組合員2,163人(脱退54)となっており、3年前に比べると、約400人、約10人づつ減少しています。事業の中味は、事業利益が農産物販売の減少、肥料、資材などの利用の減少、原油高騰などが影響して軒並み減益、わずかに増益になったのはアシストホール(葬祭事業)のみで、10億円の収益(前年度比▲4、400万円)を上げながら費用を差し引くとわずかに59万1千円の利益となりました。不用資産の売却益などで収益を上げて、当期剰余金は7,200万円余を計上し、組合員に1%の出資配当をすることが提案されました。総代会では、活発な質問が出されましたがそれぞれて原案どおり可決されました。私は退任の挨拶で「日本農業の異常さ1、食料自給率39%、先進国で最低。2、埼玉県の面積が耕作放棄地になっている。3、経営者の45%は70歳以上。これは政府の政策の誤りの結果、昨年秋、今春と酪農家が立ち上がって危機突破を訴えたように、みんなで声を上げ、政策の変換を要求しましょう。」と呼びかけました。06_024 (おいしくて安全な日本のお米をたくさん食べましょう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

診察に行ってきました。

どうにも我慢できなくなって20日に診察に行ってきました。医師の言うには「これまで胸の痛みは出ていませんね、たぶん副作用ではなく、血圧の上昇のせいでは?」ということで、とりあえず「筋弛緩薬」と頭痛には、これまでの痛み止めを2週間分処方してくれました。帰宅して飲み始めたら、確かに胸の痛み、圧迫感はなくなりましたが時々の頭痛は相変わらずです。先日聞いた女性の患者さんのケースでは、元通りになるのに3ヶ月もかかった。と聞きました。忍耐ですかね? このごろ朝晩やたらとホトトギスの鳴く声が耳に届きます。季節を知っている野鳥のように思い切り大空で羽ばたきたい気持ちです。

5085_010 5085_001_2 後閑のポピー園(左)

   松井田町土塩のポピー畑(右)     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

C型肝炎の治療が終えたけど

昨年の6月からはじめたC型肝炎の治療が、ようやく終了しました。一週間に一度「インターフェロン」という抗がん剤を注射、レベトール、ペガシス、という飲み薬を併用して一年間が過ぎました。医師の話では、8週目あたりでウィルスがマイナス(消えた)になっているし肝機能も正常に戻ったから、治療の効果が現れています。この分なら完治することでしょう。と言ってくれていますが、半年間検査を続けなくてはいけないようです。5月7日に最後の注射をして薬も飲まなくてすむようになりました。一年間インターフェロンの副作用(発熱、頭痛、めまい、高血圧、筋肉痛、うつ症状など)に悩まされてきましたが、終わったことでほっとしたのもつかの間。 「副作用は治療が終わってもしばらく残りますよ」と言われ、今その残りの副作用に苦しんでいます。頭痛に加えて、胸から腹にかけての筋肉が周期的に締め付けるように圧迫するようになりました。息をするときも痛みが出ますし食欲がありません。これが最後の副作用かな、と我慢したいと思いますが、苦しいので今日は診察を受けに入ってきます。このところ天候も不順だし、気分が良くありません。08511_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

手打ちそばでもてなし

3月にホームステイに来たインドネシアの留学生をとおあしマラソンを観に来るように招待しました。ところが電車に乗るのに慣れてなくて、大宮から電車を間違えてしまい、とんでもないほうへ行ってしまったようで、西松井田駅に着いたのが13時、「アイアムソリー」と残念がっていました。前回「金井さんのそばが食べたい」と言っていたので早速手打ちそばをしてあげました。彼女たちはインドネシア語で解説しながら持ってきたビデオカメラで、私の作業を一部始終、収めていました。「今度、友達4人連れてきていいですか?」と言うので「どうぞ、田植えにヘルプが必要ですから!」と言うと笑っていました。彼女たちは9月には研修が終わって本国へ帰るようです。毎日レポートの提出で忙しいと言ってました。帰れば、有望な公務員としてインドネシアの政治経済の発展のために働くに違いありません。08_11 08_13

アニさん(左)イメルダさん(右)と           はしがうまく使えないイメルダさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第34回とおあしマラソン

第34回の安政とおあし・侍マラソンが11日、安中文化センターから松井田町峠町(熊野権現神社)約30キロのコースで開催され、約1600名のランナーが、思い思いの仮装に身を包み、小雨が降り続く中を峠と坂本・くつろぎの郷の2つのゴールを目指して走りました。私は開会式に出た後いつもどおり、新堀、補陀寺前の給水所でボランティアをしながらランナーを激励しました。最近は手づくりの武将姿が姿を消し、手軽に買える『コスチューム』で参加する人が増えた感じです、毎回テレビの影響で『大河ドラマの主人公』『アニメの主人公』などが目立ちましたが今回はお笑い芸人の『エドはるみ』のコスチュームが多く見られました。雨の中しかも気温が低いので『水』の消費も少ないようで、後半に温かい麦茶を出したところたいへん喜ばれていました。 イベントは観るよりもやはり参加するほうが楽しいようです、私もぜひ次回には参加したいと思っていますが・・・・。08_2 08_4

全員がスタートするまで約5分かかります。大会も国際色豊かに、フランス人のグループ

08511_002_2 08_6

カナダからのALTのグループ (左端がダイアナさん、右端が松井田町で教えているミンディさん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

憲法集会と緑化フェア

 5月3日は「憲法記念日」です。連休の呼び名も29日が「昭和の日」5月4日は「みどりの日」に変わりましたが、3日だけはそのままです。平和憲法もそのまま堅持させたいもの。この日、群馬音楽センターで24回、憲法記念日集会が開かれ松井田町から5人で出かけました。講演は「改憲の動きと格差社会」としてジャーナリストの斉藤貴男が1時間半お話しました。内容は「アメリカは60年前から、日本をアジアや世界戦略のために手足となってはたらかせるために、着々と手なずけてきた。イラク戦争にも参加させ、ようやく仕上げに近づいてきた。後は「憲法9条」を「自衛隊から自衛軍へ」書き換え、世界のどこでも気に食わない政権ができたら「治安維持」「邦人保護」を言い訳に、武力支配させるようにしたい。 そうさせないためにも、日本国憲法を守ることは大事です。と語りました。 要するに日本という国が敗戦後から本当の民主主義が育たないように、「自民党」与党を使って、アメリカと財界に都合の良い社会を造0853_016らせているだけのこと。 アメリカは世論が強く反発するから「アメリカ人をこれ以上戦死させられない、同盟国の青年を戦地に送ろう」としているだけ。財界は「自分たちの利益や特権をまもるため、世界中に自衛隊を送って会社の警備をさせたいだけ」、つまるところ「自主憲法を!」「押し付け憲法はだめ!」なんていっている学者や政治家は、主人公を間違って認識しているのではないでしょうか? いやいや頭脳明晰なかたがたが間違えるはずありませんよね。ちゃんと尻尾を振ってついていってますからね。

 会場を出ると元高崎市役所のあった場所、今は「もてなし広場」となっていますがここを中心に「全国緑化フェア」が行われています。前橋、大田などとともに全国の都道府県に競わせて「広い花壇」を出品させています。確かに、花は誰にとっても愛されるもの、心が和みますが、そのためにたくさんの税金がつぎ込まれています。今朝に新聞投書には「もともとあった花壇を壊してまで新たなものを造るより、カッパピアのような、緑に囲まれた空遊園地あとにでも設置すれば無駄がないのでは?」という意見もありましたね。0853_026_2

4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

ほとんどが耐震強度不足

 3月議会が終了したあと議員全員協議会が開かれ「市有施設の耐震診断」の結果が報告されましたが45の調査施設のうち三分の二の31が「補強が必要」のCランク以下。「大規模な改修が必要」な施設、数値が0・3以下(震度6で倒壊の恐れあり)の施設が15もあり、特に松井田町内の各学校体育館の強度不足が深刻です。国は震度6弱を前提として耐震化率90%を目指すとしていますが、市建設部は、莫大な費用がかかるため「今年中に検討委員会」を立ち上げて10年計画を立てたい、と述べています。 数値の低い順で①北中体育館0・11 ②東中体育館0・12 ③九十九小体育館0・12 ④南中体育館0・21 ⑤臼井小体育館0・33 となっています。こういうところに「教育特定財源」を設けて、改修費用に充てるべきです。

005_2 安中市立九十九小学校体育館 昭和56年度竣工、D3ランク(Dランクは・耐震性非常に低く、大規模な改修が必要)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福祉・医療にも特定財源を!

5月1日から、ガソリン税が元に戻されガソリンがこれまで以上に値上げされました。「道路特定財源」を維持しなければ、困るから、という理由で与党、自民・公明が衆議院で強行再議決した結果です。高速道路や関門海峡、東京湾に新たな無駄な道路を作るために,今後10年間で6兆円?もの予算をつぎ込むことが目的です。この仕組みができたのは1950年代初めまだ全国の道路舗装率が3%でしかなかった時代に決められ、70年代からは「暫定税率」という名目で、揮発油税を2倍に引き上げました。それから30年も「暫定」で5年ごとに再議決を繰り返し、今日の様な「道路族議員」「大手ゼネコン」それらに群がる官僚たち?がやりたいほう題してきました。「道路ができないと病院にも行けないから」などと言い訳しながら、地方の病院をどんどんつぶしています。福祉や医療、教育にも「特定財源」を設けるべきではないですか? 

今日も新聞の投書欄には「後期高齢者医療制度の廃止を!」と載っていました。安中市では、8,738件の新たな保険証が発行されました。「意味がわからない」「保険証が届かない」などと120件もの問い合わせがあり、そのうち「何でこんなひどい制度を作った、誰が決めたんだ!」「年金からなぜ勝手に保険料を天引きするのですか?」など20件の苦情があったそうです。日本共産党議員団では昨年来、研究して「こんなひどいうばすて山医療制度は撤回を!」と繰り返し主張し署名運動もしてきましたが、中には「私にも良くわからない、市民はなおさらでは?」などと「説明不足」を指摘する人たちがいますが、良くわからないで賛成してしまった皆さんにも責任があるのでは? それでも岡田義弘市長は「この制度には問題がある、改善させないと」などと敬老会の挨拶などに言い出しました。

片や特定財源でムダな道路のために予算を先取りし、年寄りには「もう用がないから医者にかからずに早く、死んでくれ」というこの国の政治、自民党はもうとっくに末期的症状なのに、公明党が「延命装置」の役割を果たしている。というのが偽らざる現実ではないでしょうか?福田内閣の支持率が20%を割ったのも国民の怒りで当然の結果でしょう。

084_028 九十九地区敬老会に招待された皆さん、茂木とし子(92)さん、横田敏雄(96)さん、小板橋かく(89)さん、「高齢者は地域の宝です!」安心して長生きしてください。と願わずにいられません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »